「梨泰院クラス」7話。パク・セロイ、会長に宣戦布告、土下座して罪を償え

世界最大の動画配信サービス、Netflixで大人気の韓国ドラマ「梨泰院クラス」を全話レビュー。気になるけれどまだ見ていない人はこれを機にチェックしてみては?居酒屋タンバムを訪れた宿敵、長家グループのチャン・デビ会長。パク・セロイの最終目標が見えてきた7話を振り返ります。

ゴールはあんただ

「君に会いたかった」
「僕も同じです」
と久しぶりにあった恋人のような会話をするチャン・デヒ会長とパク・セロイ。
「実際に食べてみて思った。長家を相手にするのは無理だ」
豚モヤシ炒めと豆腐チゲを食べたチャン・デビ会長が語る。
「幸いだと思え。君を敵だと思わないことを、パク部長に免じてだ。おとなしく生きろ」
「無理です。ゆっくりでも僕は一歩ずつ進んでいてゴールはあんただ」
パク・セロイは、会長に宣戦布告する。
「あんたが唯一できるのは土下座して罪を償うこと。僕がそうさせます」
大声で威勢のいいことを言ったパク・セロイに対して、チャン・デヒは余裕の顔で
「知ってるか? 虎は吠えない。かみつくだけだ」
と決め台詞を吐く。

その後で、虎の映像を確認してぼやいているパク・セロイが、かわいい。

物語のゴールが示された。
チャン・デヒ会長が、パク・セロイに対して土下座して罪を償うことだ。

パク・セロイの2つの作戦

いままでは、居酒屋タンバムを大きくして、長家に対抗するという戦略しか示されてなかった。
が、パク・セロイは、このあたりから違った攻撃態勢に入る。
ひとつは、長家から会長を追い出す作戦である。
「ケンカは先制パンチが大事だ。しかも背中を狙う」と言って、仕掛けるのは株の買い占めによる乗っ取りだ。
カン専務派と会長派の対立があり、パク・セロイはカン専務とつながって会長を長家から追い出そうと企む。

長家のトップを狙うカン専務/Netflixオリジナルシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

ちなみにカン専務は「あなたの店に会長を来させるのがミッションよ。会長が気にする存在になったらあなたに懸けるわ」と言っており、会長がタンバムに来たから、この作戦は動きはじめる。が、会長が来た直接のきっかけは株式の巨大買い上げが気になったからだ。タンバムが気になってやって来たわけじゃない。ここにちょっとしたねじれが生じている。

もうひとつは、会長の長男チャン・グンウォンの罪を暴くことだ。チャン・グンウォンの罪を示す証拠を握りつぶしたパク・ソンヨル元刑事のもとを訪れ、「事実の解明と自首」するように彼を説得しようとした。「グンウォンは刑務所に入り、会長派の株主を奪える」ということだ。

お金と経営的な戦術で会長を追い出して、会長の権威をはぎ取る。
さらに隠蔽した罪を地道な説得で暴く。
本来の目的を考えれば、この2つは正攻法だ。
「外食業界のトップに立ち長家を潰すこと」が目標だとパク・セロイは言うが、「外食業界のトップに立つ」流れと「長家を潰す」流れが、第7話からズレはじめた。
株式買い占めの原資も、お父さんの保険金を天才ファンドマネージャーのイ・ホジンが増やしたのであって、タンバムで儲けたわけじゃない。
刑事の説得も、タンバムとは直接関係ない。しっかり話をしただけだ。
パク・セロイが、なりふり構わぬ攻勢に出た。

チャン・デヒ会長も、なりふり構わぬ攻勢に出る。建物を買い上げ、居酒屋タンバムからパク・セロイたちを追い出そうとする作戦である。

次回第8話、セロイとイソが大喧嘩、あの名言が出てくる回だ。

■梨泰院クラス全話レビュー
1:「梨泰院クラス」会長は本当に悪でパク・セロイは本当に正義なのか? 全話徹底レビュースタート
2:「梨泰院クラス」2話。忖度で生み出される格差に抗うパク・セロイ
3:「梨泰院クラス」3話。忖度社会に抗うための第3の方法
4:「梨泰院クラス」4話。パク・セロイとオ・スアとチョ・イソの恋のトライアングルバトル勃発
5:「梨泰院クラス」5話。パク・セロイとオ・スアのキスにチョ・イソディフェンス発動
6:「梨泰院クラス」6話。最大の疑問。パク・セロイはなぜオ・スアをタンバムに呼ばなかったのか

「梨泰院クラス」
演出:キム・ソンユン
原作脚本:クァンジン
キャスト:パク・ソジュン パク・セロイ役、キム・ダミ チョ・イソ役、ユ・ジェミョン チャン・デヒ役、アン・ボヒョン チャン・グンウォン役、クォン・ナラ オ・スア役、キム・ヘウン カン・ミョンジョン役、イ・デビッド イ・ホジン役、ソン・ヒョンジュ パク・ソンヨル役、ユン・ギョンホ オ・ビョンホン役
オープニング曲:ハ・ヒョヌ「Stone」
エンディング曲:Gaho「Start」

ゲーム作家。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「はぁって言うゲーム」「記憶交換ノ儀式」等。デジタルハリウッド大学教授。池袋コミュニティ・カレッジ「表現道場」の道場主。
ドラマレビュー