上野樹里「監察医 朝顔」15話「僕がお父さんのこと覚えてるから大丈夫」認知症の父への桑原くん(風間俊介)のことばに泣く。家族の時間編スタート

上野樹里主演のドラマ「監察医 朝顔」。2019年に放送された続編的新作で月9史上初の2クール連続放送されます。2月22日からは最終章「家族の時間編」に突入。平(時任三郎)と一家4人水入らずの年末年始を過ごしていた折、朝顔のもとにヨーロッパで自殺した男性の承諾解剖の依頼が入ります。「その人の気持ちがわかる」という父の言葉が妙にひっかかってしまい……。

「お父さんちょっと分かるよ、その人の気持ち」

正月早々、承諾解剖の依頼が入る(正月から大変!)。
ご遺体は外国で首吊り自殺をした猿渡正夫という男性。
「調べなくていいから……」という母(美保純)を制し、娘の優香(菅野莉央)が再解剖を依頼した。
娘はどうしても父が自殺だったとは思いたくないようだ。

その夜、朝顔(上野樹里)は平(時任三郎)に「明日、再解剖になるかも」と、この家族について話す。

「その自殺された方にも事情があるんじゃないかな。家族にも知られたくないような。お父さんちょっと分かるよ、その人の気持ち」
「分かるって、軽々しく言わないでよ」

らしくないことを言う父。まさか自殺を考えたことがある? 朝顔は顔を曇らせる。

翌日の昼間は万木家に桑原の家族も集まって、正月の食事会。
みんなで旅行に行こうよ、などの雑談をニコニコと聞きながら平はテーブルの下で「桑原家といつか旅行の約束」と書き留める。
未来に楽しみがある父を見て朝顔はホッとした表情を浮かべた。

その夜、昨日引き受けた猿渡の再解剖が行われた。
朝顔が体内から意外なものを発見する。
ビニールに包まれたメモ。そこには「もう調べないで下さい」と書かれていた。1回目の解剖の際に入れられたようだ。

遺族にはメモのことは伝えず、死因のみを伝える。娘の優香はどうしても納得ができない。
「絶対に父が自殺するはずないんです。来月には母と旅行する計画も立てていたんです。そんな人が自殺する訳ないんです」

娘によると家族仲はうまくいっていたらしい。
しかしこの家族、過去にはいろいろあったようだ。昔は父に愛人がいたとか、娘は父と血が繋がっていない、とか。
何を苦にして亡くなったのか。本当の自殺理由は本人にしか分からない。

お父さんと暮らしたいから

同じ頃、平は昔の仕事仲間と飲んでいた。
「指導員で良いから戻って来てくださいよ」という誘いを「老い先短い老兵」という言葉で断る平。
冗談交じり、というふうではあったが弱気な言葉を吐く。
「最近はどうやって死ぬかばっかり考えてるよ。迷惑かけないでこっそり一人で死にたい。なんてこと言っちゃいけないよな」

認知症の症状として、自分の認知機能の低下から抑うつや不安感を抱くということがあるらしい。平の状態に当てはまる。

アルツハイマー型認知症の専門家、アルツクリニック東京の新井平伊院長はこう言っている。
“本人はささいなことが思い出せず落ち込んだり、周囲に迷惑をかけないよう引っ込み思案になったり、一つひとつの症状にとても苦しみます。”
「なかまぁる」2020.09.15「アルツハイマー型認知症を専門医がわかりやすく徹底解説します」より)

帰り道。迎えにきた桑原に平が言う。

「悪いな桑原くん。君のご両親はお元気なのに。いろいろ迷惑かけてごめん」
「もうそういうのやめませんか。朝顔と僕と、もちろんつぐみも僕たちがお父さんと暮らしたいからお父さんに戻って来てもらったんです。ちょっとぐらい忘れっぽくたって良いじゃないですが。むしろ今までがしっかりしすぎてたんですよ。もし、もしお父さんが僕のこと忘れても僕がお父さんのこと覚えてるから大丈夫です」

くー! 婿殿からこれ以上の言葉がありましょうか(ホント理想の夫過ぎる)。迷惑をかけたくないと思っている相手からの頼もしくて優しい言葉。
この言葉で平の不安も一気に和らいだように見えた。 

後日。
朝顔は気になっていたことを平に尋ねる。
自殺した男性の気持ちがなんとなく分かる、と言っていたこと。

「お父さんがもし生きていたくないって思ってるんだったらそんな悲しいことないから。お父さん変なこと考えてないよね?」
「もう嫌だって思うことは何度かあったけど人生長いしね。でも決めたんだ。あとどれくらい残ってるか分からないけど自分に残された時間を朝顔たちと楽しく生きるんだって」

前向きな言葉だ。しかし一方で「朝顔が思っているより短いと思うんだ、お父さんの時間」なんてことも言う。
確かに認知症の症状は一気に進んだように見えるが……。

最終章に付けられたタイトルは「家族の時間編」。

次回はこちら:上野樹里「監察医 朝顔」16話「僕の町にもまだ見つからない人がいます」東日本大震災から10年

■「監察医 朝顔」全話レビュー
1:上野樹里「監察医 朝顔」1話。2019年の傑作の続編。どうか普通の幸せが続いてくれ、どうか
2:上野樹里「監察医 朝顔」2話。大じいじ(柄本明)が持っていた歯は?家族に言えない秘密が
3:上野樹里「監察医 朝顔」3話「じぃちゃん朝顔に黙っていたことがある」事実を受容するということ
4:上野樹里「監察医 朝顔」4話。桑原くん、浮気なんかしてないですよね?
5:上野樹里「監察医 朝顔」5話「その銃を捨てなさい!銃を捨てろ!!」またも衝撃の風間俊介
6:上野樹里「監察医 朝顔」6話。容疑者になった桑原。何もかもが不利、無実は証明できる?
7:上野樹里「監察医 朝顔」難事件解決、おかえり桑原くん、第1章完結
8:上野樹里「監察医 朝顔」桑原(風間俊介)にも入れなかった万木家の領域。新章・孤独編
9:上野樹里「監察医 朝顔」9話。天国に繋がる電話、祖父(柄本明)から預かった歯。終わらない震災
SP:上野樹里「監察医 朝顔」新春スペシャル「教えてください、お願いします」と祈る理由、朝顔新人時代
10:上野樹里「監察医 朝顔」10話 妊娠中、夫が感染症で死んでしまったら……妊婦のショック、恐怖
11:上野樹里「監察医 朝顔」11話 桑原くん良かった……どこに行くのつぐみちゃん!
12:上野樹里「監察医 朝顔」12話。理想の夫、桑原くん「辛い時、大変な時にそばにいるために結婚したんだよ」
13:上野樹里「監察医 朝顔」13話「あなたはまだ間に合う。あなたは生きているからまだ間に合う」
14:上野樹里「監察医 朝顔」14話。お父さん、おかえり!孤独編完結

フリーイラストレーター。ドラマ・バラエティなどテレビ番組のイラストレビューの他、和文化に関する記事制作・編集も行う。趣味はお笑いライブに行くこと(年間100本ほど)。金沢市出身、東京在住。
ドラマレビュー

Pick Up

ピックアップ