武内由紀子さんと養子縁組した息子とのツーショット

産めなかったけど母になったよ!~よしもとタレント、養子縁組で母になる 04

【養子縁組コラム04】養子縁組家族が結集!なぜか涙が止まらない……

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のタレント・女優の武内由紀子さんは3月、昨年夏に迎えた息子との特別養子縁組が成立し、名実ともに親子になりました。20歳でデビュー、離婚と再婚、4年間の不妊治療を経て、「産めなくても母になりたい」と養子を迎えることを決意。迷い悩んだ日々のこと、養子縁組のこと、テリング世代の妹たちにむけてつづります。

●産めなかったけど母になったよ!~よしもとタレント、養子縁組で母になる 04

「telling,」読者のみなさん、こんにちは。この春、息子との間に特別養子縁組が成立し、名実ともに親子になりました!

バツイチ37歳で夫と出会い、40歳で入籍。4年間の不妊治療を経て、養子縁組で息子と出会うまで、出会ってからの日々のこと、telling,読者のみなさんにお伝えしていきたいと思います。今回は、子どもとの出会いを待つ間にあった出来事をお話しします。

養子縁組にも年齢の壁が

不妊治療にピリオドを打ったのは2年前の夏でした。当初目標の「45歳」まで、1年を残して、自分の中で「終了宣言」を出しました。

その後、夫婦で真剣に話し合い、養子を迎えると決めたことは、第1回、第2回でお話しした通り。さっそく、44歳の妻と37歳の夫が申し込める縁組仲介団体を探すことにしました。

ところが、養子を迎えるにも年齢制限があるのです。ほとんどの団体で養親の年齢上限を「43歳」としていました。一つ年をとるたびに不妊治療のハードルが上がるのに泣かされてきたけれど、ここにも年齢の壁があるなんて……。

首都圏に事務所があって、私の年齢で応募できる団体を、なんとか複数見つけてコンタクトしてみました。最初に申し込んだ団体では、まず電話面接があり、その時に他の団体も見てみることを薦められました。「どこも一緒やろ?」と思ったのですが、いくつか足を運んでみると、どうやらそうでもないのです。

ある団体の説明会では代表の方が話をしたのですが、ホームページに載っている説明の棒読みでした。「なぜ養子縁組の事業をするのか」という団体の「理念」みたいなものを、代表の口から聞きたかったのですが……。

複数の団体に足を運び、運営する方のお話をうかがったうえで、最終的に縁があったフローレンスで登録を終え、子どもとの出会いを待つばかりとなりました。

息子と対面した瞬間の写真。涙が止まらなかった

血のつながりはないのにどこか似ている

時が過ぎ、季節は春から夏になろうとするころ。フローレンスのアドバイザーをしていたアクロスジャパンの代表から「交流会」に誘われました。1年に一度、団体を通じて養子を迎えた家族や待機中の家族が集まる場です。「いろんな体験談を聞けるとええな~」と軽い気持ちで、夫婦で出かけていきました。
会場は都内のホテルのパーティールーム。部屋に入ると、登録後に一緒に養親研修を受けた3組の夫婦がいました。よく見ると、みんな赤ちゃんを連れています。中には生後6カ月くらいに育った子まで。

なんで?なんでうちだけまだ赤ちゃん、けえへんの…??

その時、つらかった不妊治療の思い出がフラッシュバックしました。不妊の相談にのった友だちや後輩が、「勇気をもらいました。私もがんばります!」と言って私より先に妊娠していった時の、どうしょうもない悲しさ、むなしさ。あの時の複雑な感情が一気に噴き出してきて、涙が止まらなくなりました。
実はその一週間後に息子が生まれ、第1回でお話しした「運命の電話」がかかってくるのですが、そんな未来を知らない私はそれから一週間、激しく落ち込みました。

でも、交流会には行ってよかったと思っています。

そこにいた親たちはみな、夫婦で悩み、考え抜いて、ある種の覚悟をして子どもを迎えています。なので「子どもがそこにいるだけで幸せ」というオーラでいっぱい。他人同士の家族が集まると、なんとなく競争意識とか、牽制しあう空気が生まれるものだと思っていましたが、この会場にはそうしたピリピリした空気感は一切なくて、どの家族もとっても幸せそうで、あったかい空気が流れていました。

それにどの親子も、血のつながりはないのにどこか似ているんです。
すごいことやな、って思いました。

それまでは、私自身、どこかで「養子はかわいそう」というイメージを抱いていたように思います。でも交流会に集まった家族を見て思ったのは、「この子たち、ほんま愛されてるなあ」ってこと。養子縁組でいちばん幸せになるのは子どもで、その幸せのおすそわけを、産みの親も、育ての親ももらうんですね。

交流会では気持ちが高ぶって涙が止まらなかったけれど、それから1週間後に出会った息子は、その時は想像できなかったほどのたくさんの幸せを、わが家に運んできてくれました。

次回はこちら:【養子縁組コラム05】養子の子育て、「特別」ではなく「普通」です!

タレント、女優。1993年に「大阪パフォーマンスドール」としてデビュー。現在は読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』や劇場『ルミネtheよしもと』などで活躍。2013年に7歳年下のパン職人の夫と結婚。
バーティカルメディア「ポトフ」統括編集長。朝日新聞では経済部やAERA、GLOBE編集部などを経て現職。2011年にGLOBEで「養子という選択」を特集して以来、養子縁組や里親の取材を続ける。著書に『産まなくても、育てられます』(講談社)
産まずに母になったよ!