編集部コラム

はじめまして、telling,(テリング)です。

はじめまして、編集長の中釜(なかがま)由起子です。

今日、新しい女性向けメディア「telling,(テリング)」をオープンしましたので、一言ごあいさつさせてください。

"telling," という名まえには、「あなただけに言うね。」という意味をこめました。

女の人には、決めないといけないことがたくさんあります。

いまの仕事を続けていいのか悪いのか、結婚はするのかしないのか、子どもは産むのか産まないのか…。学校も友だちも、親も先輩も、教えてくれなかったこと。

ネットで検索しても答えが出てこないこと、です。

私は、25歳で妊娠して結婚しました。入社して2年足らずで、周りにそうした女性も少なかったので、結婚も出産も、仕事との両立も、毎日が手探りでした。

今は、シングルマザーとして、2人の男の子を育てています。私にとって仕事は大切だけれど、子どもと過ごす時間も同じように大切です。どちらかが欠けても私じゃないと思っています。

人から「大変そう」と言われることもあるけれど、自分では今、けっこう幸せだな、と思うのです。どんな人もそう。「正解」ってないし、周りの期待どおりでなくても、世の中の「常識」とは違っていても、いいんじゃないかなと思うのです。

世の中には、日々をちゃんと生きて、いろんな選択に悩みながら、でも前を向いて一生懸命生きている女のひとがたくさんいます。これまであまり世に出てこなかった、そんな女性たちのことばにこそ、今のリアルや、これからを生きるヒントや、新しい何かがある気がします。

telling,を、

新しい時代の女性たちと、これからつくっていけたらと思っています。

telling, とは?

20~30代の女性の多様な生き方、価値観を伝え、これからの生き方をともに考えるメディアを目指しています。
neru lab(ネル・ラボ)として、広告映像・音楽制作を手がける。2017年に新江ノ島水族館で開催された「ナイトワンダーアクアリウム2017~満天の星降る水族館~」では、総合演出としてイベント全体のクリエイティブを担当。休止していた音楽ユニットkrackpotの活動を再開。表現研究ゼミTRANSWEETS(トランスウィーツ)を主宰するなど幅広く活動している。
telling,Diary