戸田恵梨香×永野芽郁『ハコヅメ』5話。イケメン消防士・武田(小関裕太)登場、川合の人生初デート

戸田恵梨香、永野芽郁のW主演ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』がスタート。​ワケあり元エース刑事・藤聖子(戸田恵梨香)×天然新人・川合麻依(永野芽郁)の最強ペアが事件に恋に奮闘します。相変わらず公務に追われる川合(永野芽郁)にも、藤(戸田恵梨香)のつてで合コンのチャンスが訪れます。でも、前途多難な警察官の恋は意外なところから始まる予感……。

2回の特別編を経て再開した『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』。
永野芽郁主演の朝ドラ「半分、青い。」にも出演していた小関裕太、大西礼芳も登場の第5話。 
川合(永野芽郁)のおぼこい初恋ストーリーに、認知症の悩みを抱える老夫婦のストーリーを絡ませてしまうのもドラマ『ハコヅメ』の凄いところ。

川合「私もイケメンの彼氏が欲しいです!」(バカデカ声)

藤(戸田恵梨香)に誘われて人生初の合コンに参加した川合(永野芽郁)。良い感じ……と思いきや招集がかかる。
警察官ならではの理由で川合の合コンはあっけなく失敗に終わってしまった。

マウンテンメスゴリラとおかっぱメスチンパンジー!

翌日。町山交番に72歳の男性、三宅(小野武彦)が駆け込んでくる。
妻から暴力をふるわれたと三宅は訴えるがどうも様子がおかしい。藤が認知症の症状に気づく。
さいわい、妻の幸子(朝加真由美)とはすぐに連絡がついた。手を繋いで帰宅する姿には普段のおしどり夫婦っぷりが滲み出ていた。

休む暇もなく火災の通報が入る。藤と川合は現場へ急行。
そこで出会ったのがイケメン消防士・武田(小関裕太)だ。突然、川合の恋が始まる!

藤「現場でいきなりお姫様抱っこされて!ときめきファイヤーBurn!」
川合「もうとんだ放火魔ですよぉ!」
川合の初恋にキャッキャとはしゃぐ藤先輩もかわいいったらない。

後輩の部屋でくつろぐ先輩たち。藤(戸田恵梨香)、桃木(臼田あさ美)、松島(大西礼芳)

デートより警察官としての自分

武田から人生初のデートに誘われた川合。
藤に選んでもらったワンピースを着て、ウキウキと準備をする川合のかわいらしいこと(合コンに面接みたいな服装で行ってたあの子がこんなに女らしくなっちゃって~!)。コーディネートした白のバッグは藤からの借り物(2話ラブホ潜入で藤が持っていたものと同じ)だ。

待ち合わせ場所に向かう途中、藤と川合は三宅夫妻に出会う。
「新婚旅行で行った温泉に行くんです」と言うが、やけに身軽で様子がおかしい。

デートの途中、嫌な予感に襲われた川合は「すみません」と武田に告げ、急いで三宅夫妻のもとに向かう。
「お願い、思い過ごしであって」と祈りながら。

川合の嫌な予感は当たっていた。介護に疲れた妻・幸子は心中を考えていたのだった。
「この人となら幸せになれるっていうよりこの人となら辛くても最後まで一緒にいられると思って結婚したんだから」
と話していた幸子。結婚の覚悟、夫婦愛が逆に「施設に預けちゃいけない」という呪縛になっていたのかもしれない。

さて川合の初恋はというと。偶然見てしまった武田のSNSがリア充すぎて「私みたいなおかっぱが高望みしすぎました」とあっさり諦めモード。
ほんとに恋愛要素のないドラマだなぁ。まぁ川合にもいつか王子様(職場にいるゴリラ?)が現れるのかもしれませんが(無さそ~~)。

戸田恵梨香×永野芽郁『ハコヅメ』脚本家・根本ノンジのこだわり。原作からの再構成が冴える 戸田恵梨香×永野芽郁『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』6話。ふたりはプリキュア? ピンチを乗り越えて強く近くなる
フリーイラストレーター。ドラマ・バラエティなどテレビ番組のイラストレビューの他、和文化に関する記事制作・編集も行う。趣味はお笑いライブに行くこと(年間100本ほど)。金沢市出身、東京在住。
ドラマレビュー