自分を変える、旅をしよう。2

初めての海外一人旅 自分の生き方、お金の使い方…すべてが変わった

旅に出会って人生が変わった人、旅を通して生き方を見直した人を紹介していく「自分を変える、旅をしよう」。今回は前回に引き続き、僕の講演を聞いて初の海外一人旅に出た川口しおりさん(27)のエピソードです。旅に出て、何が彼女の中で変わったんでしょうか?

●自分を変える、旅をしよう。2  川口しおりさん(27)後編

タイでの人々とのふれあいで気づかされたこと

リーマントラベラー東松(以下、――):はじめての旅で香港に行って、旅のとりこになった川口さんですが、香港の後すぐにタイにも行ったんですよね。

写真提供:川口しおりさん

川口しおりさん(以下、川口さん): はい、すっかり旅にハマってしまいました(笑)。2カ国目のタイでは、現地の人と仲良くなることができました。彼らが「日本には行ったことはないよ。お金を持ってないからね!」「誰かのためになれることが幸せなんだ」と言っていたのが、とても印象に残っています。お金に執着せず、誰かのために、何かのために。そんな思いで人との繋がりやふれあいを大事にする生き方が本当にステキだなと思いましたし、私もそんな生き方をしたい!と改めて気づかされた出来事でした。

――現地の人の生活を知ったりふれあうことで、気づくことはたくさんありますよね。旅の中で、特に印象に残ったエピソードはありますか?

写真提供:川口しおりさん

川口さん: タイに行った時、カオサンロードへバスで行こうと思いバスに乗ったものの、全然違うバスに乗っていて途中で降ろされてしまいました。どうしようかなと思ってまた違うバスを探していたら、「バスからあなたが降ろされてた時、困ってるみたいだったから助けなきゃと思ったよ!」と現地のバイク運転手が声をかけてきてくれて、目的地まで送ってくれたんです。そのうえ「料金は要らないよ」と言ってくれて、びっくり。現地の方のあたたかい人柄に感動しました。

たくさんの人とふれあって、自分をさらに表現していきたい

――素敵な出会いがありましたね。川口さんは、旅に行ってみて自分のどういうところが一番変わったと思いますか。

川口さん: 物ではなく「経験」にお金をかけるようになりました。それから、「自分がやってみたいと思ったことをやる」ようになりました。

――経験、まさに。僕も旅に出るようになってから物欲がなくなって、とにかく旅、経験に全貯金をつぎ込んでいます(笑)!川口さんが今後チャレンジしたいことってありますか?

写真提供:川口しおりさん

川口さん: 今はモデルのお仕事をするかたわら、空港のお土産屋さんと接客業のお仕事との掛け持ちをしています。これからは、旅や人とのふれあいを通じて自分を表現するような仕事をしていきたいなと思っています。昔はミュージシャンを目指していたこともあって、さらに表現力を磨くために今年の春からは演技レッスンにも通うことにしました。近い目標としては、1年後にヒッチハイクで日本一周。そして世界一周!それまでに今まで培ったものをカタチにして、発信していけたらなと思っています。

――日本一周に世界一周!まだまだ冒険は続きますね。

旅が彼女を変えた

●リーマントラベラーより
川口さんとは昨年5月、大阪で行なったトークイベントで出会いました。イベント後に質問する声の奥から、「何か変えたい!だけど、何をしたらいいのかわからない!モヤモヤ……」という、心の声が漏れ聞こえてきていました。

香港旅行の後、東京に演技のレッスンに来るというので、ランチに行きました。久々に再会した彼女は、背筋はピンと伸び、希望に満ちあふれた顔をして僕の前に現れました。旅が彼女を変えたのだ、と一瞬でわかりました。さらにその後、彼女はやりたいことを見つけ、夢に向かって一歩ずつ前進しているそうです。

香港がはじめての海外一人旅におすすめの理由

彼女に、初めての一人旅として「香港」をおすすめした理由は3つあります。

1つ目は、街がコンパクトで、移動がしやすいこと。初めての一人旅、それも言葉も通じない異国の地は、不安だらけです。中でも、移動はとても不安。切符の買い方や乗り物の乗り方、そして時間通り来るのかどうかさえわかりません。しかし、香港は街自体がコンパクトな上に、公共交通機関も発達しているので、移動に困ることはほとんどないのです。さらに、タクシーも高くはないので、最悪タクシーを利用したとしても、費用がかさむ心配もありません。

2つ目は、治安がとても良いこと。「シンフォニーオブライツ」という定番の光のショーを始め、ナイトマーケットやバーが立ち並ぶ繁華街など、夜の見どころが満載。でも、夜、女性が一人で街を歩いても大丈夫とよく言われるくらい、治安が良いんです。もちろん、最低限の注意は必要ですが、朝から晩まで非日常を楽しめます。

3つ目は、英語が通じるところが多いこと。旧イギリス領で、国際都市として発展しているんですよね。欧米人も多く住んでいるので、アジアだけどアジアっぽくない非日常の雰囲気を感じられるのも良いところです。

海外旅行に行ったことがない方からすると、「海外へ行くこと」自体のハードルが高くなってしまっていて、なかなか一歩踏み出せない人が多いのではないかと思います。ですが、海外へ行き慣れてしまった人でも、(僕もそうでしたが)最初の旅に“行くまで”は全く同じ気持ちでした。しかし、勇気を出して一回行ってしまうと、「意外となんとかなる!」、そして旅にハマることが多いんですよね。

日本では見たことのないものや聞いたこともないことにたくさん出合い、それを自分の中で消化しながら、新しい自分、そして本当の自分を見つけていくのです。

何かを変えたい!
そう思っている方こそ、勇気を出して、旅に出てみよう。
そして、新しい自分と出会う旅をしよう。

平日は激務の広告代理店で働く傍ら、週末で世界中を旅する「リーマントラベラー」。2016年、毎週末海外へ行き3か月で5大陸18か国を制覇し「働きながら世界一周」を達成。地球の歩き方から旅のプロに選ばれる。以降、TVや新聞、雑誌等のメディアにも多数出演。著書『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)、『休み方改革』(徳間書店)。YouTube公式チャンネルも大好評更新中。
リーマントラベラー