自分を変える、旅をしよう。

初めての海外一人旅 うつむきがちの私が背筋を伸ばして歩けるようになった

telling,読者のみなさま、リーマントラベラーの東松寛文です。今回から僕の連載は、「自分を変える、旅をしよう。」としてリニューアル!旅によって人生が変わった人や、旅を通した生き方をご紹介していきます。初回は僕のイベントに来てくれた女性が、一人旅を通して自信を手に入れたお話です。

●自分を変える、旅をしよう。 1 川口しおりさん(27)前編

「休みが変われば、働き方も変わる!」の言葉に惹かれて

リーマントラベラー東松(以下、――): 川口さんは僕のイベントに来てくれたんですよね。どういうきっかけでイベントを知ってくれたんでしょうか?

川口しおり(以下、川口)さん: 知人に「大阪で東松さんの講演があるからおいで」とイベントを紹介していただいたことがきっかけです。イベントの詳細を見たときに、「休み方が変われば、働き方も変わる!」という言葉に惹きつけられたのと、イベントページのトップ画(東松さんの大の字ジャンプ姿)のインパクトのある姿に、"おもしろそう!"と思い、仕事を早めに切り上げて参加することにしました。

――それまでは、どういう働き方をしていたんでしょう。

川口さん: 日々目の前の仕事をなんとなくこなして、なんとなく一日を終えていました。お給料が出ると欲しいものを買ったり……なんとなくお金を消費していました。

仕事へ行って、帰宅して、時間が合えば友達と遊んで、と毎日同じルーティンの中で生活が繰り返されていて……「このままでいいのかな?」と生き方にすごくモヤモヤしていて、自己啓発本を読んだりもしていたんです。

大阪でのリーマントラベラーイベント。川口さんは一番うしろ、左から3番目です。

――もやもやしていたタイミングで僕を知ってくれたんですね。

川口さん: はい。東松さんが講演の中で、「同じルーティンから抜け出すことで新しい発見や気づきがある。そして生き方の選択肢が増える」「旅に出ることで自分の好き嫌いが分かれば、"自分を知る"ことの手段にもなる」とお話しなさっていたのをすごく覚えています。「自分を知る」というキーワードにすごく惹かれ、「旅に出てみようかな?」という気持ちになりました。

――川口さんと僕には共通の知人がいたので、講演後飲みに行きましたよね。確か、梅田にあるキューバをモチーフにしたバーでした。僕はお酒じゃなくて、ソフトドリンクでしたけど(笑)。

川口さん: そうでした(笑)。東松さんも知人もキューバに行ったことがあって、良いところを話してくれて、「いいなぁ」なんて言いつつ、心の中では「海外に行ったことないし……一人旅やし……飛行機も一人で乗ったことないし……」とうじうじしていたんです。すると、知人が「だったら東松さんにおすすめを聞いて、まずはそこに行っちゃおう」と言い出して。そしたら東松さんは「女性が一人旅を始めるなら、絶対香港!」とオススメしてくれました。

写真提供:川口しおりさん

香港と聞いて、一瞬心はトキメキましたが、あと一歩が踏み出せない私。そんな私を見かねたのか、東松さんが「じゃあ今、航空券とっちゃおうよ」って。

――そうそう、そうでした。

川口さん: その一言に背中を押されて、「旅に出てみよう!」と決心しました。自分にはとても大きな決断でした。ちなみに、この時のモヒートが超美味しかったのと、お店で流れていた現地の音楽がとっても良かったんですよね。それでさらに行きたい気持ちも増したというか。パスポートすら持っていなかったのですが、翌日にはパスポートセンターへ向かっていました。

――いやぁ、すごい行動力でしたよね!僕も背中は押しましたけど、まさか、その場で決めちゃうなんて思ってもいなかった(笑)。初海外一人旅、初香港はどうでしたか?

写真提供:川口しおりさん

川口さん: 私自身初の海外ということもあり、香港でのあらゆる体験がとても新鮮で刺激的でした! でも、最初は不安だらけでした。香港国際空港に到着し、街までの電車の乗り場を探す。なんとか切符を買って、電車に乗る。地図を見ながらホテルを探し、チェックイン……日本では当たり前にできていたことが、できるまでにかなり時間がかかりました。道を聞くことすら怖く感じてしまって。

ただ、「電車に乗れた!」「ホテルでチェックインができた!」と、一つ一つのことができるたびに、それが不思議と“小さな自信”に繋がっていって。すると、「次はこんなことをしてみようかな?」って、いろんなことにどんどん挑戦してみたくなるんです!それが純粋に楽しかったです。最終日には、積極的に人に道を聞いたり、現地のお店で値切り交渉までしている自分がいました。

――わかります!僕も最初の旅を思い出すと、いまだにドキドキします。

写真提供:川口しおりさん

川口さん: 本当にドキドキでしたけど(笑)、現地での“小さな成功体験”によって、最初は緊張していた初めての一人旅が「楽しい!」と感じられるものになりました。
それに、“人とふれあうことのありがたみ”も、旅の中で強く感じたんです。改札から出られず私を助けてくれた駅のおじさん、「女一人旅?あなたとってもクールね!」「パスポート紛失には気をつけてね!」と言ってくれたショップの店員さん、道を教えてくれた現地の人たち……。「もっとたくさんの人とふれあいたい!」香港の旅が、そう思わせてくれたことも、旅にハマったきっかけです!

―――
はじめての海外で旅の魅力に触れたしおりさん。後編では、彼女に起こった「変化」についてお伝えします!

続きの記事<初めての海外一人旅 自分の生き方、お金の使い方…すべてが変わった>はこちら

平日は激務の広告代理店で働く傍ら、週末で世界中を旅する「リーマントラベラー」。2016年、毎週末海外へ行き3か月で5大陸18か国を制覇し「働きながら世界一周」を達成。地球の歩き方から旅のプロに選ばれる。以降、TVや新聞、雑誌等のメディアにも多数出演。著書『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)、『休み方改革』(徳間書店)。YouTube公式チャンネルも大好評更新中。
リーマントラベラー