働きながら世界一周!? リーマントラベラーが教える旅達人への道

これってどうなの!?「ぼっち旅」の疑問にリーマントラベラーが答えます!

週末弾丸トラベルを繰り返し、サラリーマンでありながら世界一周を達成したリーマントラベラー・東松寛文さん。彼の旅には賢く・めいっぱい楽しむためのヒントがいっぱい!今回は番外編として、NYぼっち旅をしてきた真船佳奈さんからの疑問に、旅の達人流に回答します!

telling,読者のみなさま、リーマントラベラー・東松寛文です。今年もよろしくお願いいたします!今回は、光栄なことに真船佳奈さんから「一人旅の達人」として疑問に答えてほしい、というリクエストをいただきましたので、張り切って答えさせていただきます。

Q1:トランジット中、快適に過ごすためにはどうしたらいい?
荷物を全部キャリーケースに入れて預けておくのは長時間のトランジットで困る場面が増えそうで、結局結構な荷物を持ってトランジットに挑みます。
そうすると、でかくて重い荷物を持ち歩き、守りながら移動せねばならずさらには一人だとトイレに行っている間に場所をとられてしまう(でも荷物を置いておくと取られそうで怖い)というジレンマに悩んでいます。
これだけは持って行け!という物や、荷物や場所を取られないためにするよき方法があったら知りたいです。

A1:トランジット中の荷物は厳選して選ぶべし!
トランジット中の荷物は「トランジット中に使うもの」と「機内で使うもの」だけにして、必要最低限にします。旅先での街歩きの時に使う小さめのカバン(僕の場合は小さめのリュック)に入れて持ち運ぶことが多いですね。

・ パスポート
・ ボールペン(入国カードを書く時用)
・ スマホの充電ケーブル(これが地味に一番大事!)
・ スマホ用の充電器
・スマホ用のイヤホン
・ガイドブック
・ 歯ブラシや化粧品
・ アイマスク

左が機内に持ち込む用のカバン、右が飛行機の席に座るときにも持ち込むカバン。

これだけあれば、大丈夫だと思います。暇つぶし用には、映画や本などのコンテンツをスマホにダウンロードしておきましょう。座っている時にカバンが持っていかれる不安がある方は、ウォレットチェーンなどを活用して、着ている服とカバンを繋いでおけば、寝てしまっても安心です。
空港での場所取りですが、海外でカバンを置いて場所取りをするのはありえないですね(笑)トイレに行く時は、今座っている席は諦めて、用を足してから新たに探しましょう。

Q2:東松さんのカバンの中身が知りたいです!
蒸気アイマスクすごく役に立ちましたありがとうございますという感じだったので、他にもおすすめグッズがあったら教えて欲しいです。

A2:「3種の神器」で、到着後すぐに動き回れる!
行きの機内では「体力回復・温存」を最優先するので、三種の神器を準備しておきます。一つ目は真船さんも使ってくださったホットアイマスク。アイマスクよりも安らぎを得られるのでオススメですね。二つ目はノンカフェインの栄養ドリンク。現地に着いたらすぐに全力で行動できるように、とりあえず栄養をブチ込みましょう。間違えても、カフェイン入りのものは飲まないように!そして3つ目は、着圧スパッツ。やはり長時間のフライトは、足が相当むくみますので、そのケアも欠かせません。ホットアイマスクとノンカフェインの栄養ドリンクは、羽田空港であれば出国審査後の売店でも買えるので便利ですね!

三種の神器は欠かせません!

あとは、一人旅が多いので、自撮り用にミニ三脚を持っていくことは多いです。それに最低限の着替えを持っていくくらいですね。着替えも、足りなくなったら現地で買います!その方が、満足度が上がったりもするので。とにかく、荷物は最低限にして、機動力重視でいくことが多いです。と言いつつ、現地での買い物も旅の醍醐味だったりするので、行きはカバンをスカスカにしておいて、帰りはパンパンにして帰ります!

Q3:東松さんのおすすめ旅アプリやサービス、ありますか?
今回、NYの地下鉄がすごく複雑で、いろんなアプリを使うも非常に苦戦。結局グーグルマップに戻りました。東松さんが旅先で使う地図アプリや乗換アプリ、翻訳アプリやお役立ちアプリなどあったら知りたいです。
また、今回airbnbを使用して非常に快適だったので、旅に関するよきサービスなどがあれば、ぜひ教えてください。

A3:Google Mapを使い倒すべし!
僕も色々試しましたが、旅先は非日常だからこそ、不安も大きい。だからこそ、使い慣れたサービスを使うのが一番安心です。ということで、僕も「Google Map」を使っています。旅に行くことが決まって、下調べをして「行きたいな」と思ったりおすすめされたりしたところは、、あらかじめGoogle Mapのお気に入りに保存しておきます。そのお気に入りに保存した場所を眺めながら、旅のルートを決めますね。
ちなみに、僕が海外で使うアプリは、Google MapとUberやLyftなどのタクシー配車アプリサービスくらいです。あと旅の後になりますが、「been」というアプリは、今まで行った国を登録すれば、世界地図の中で行った国を塗って表示してくれるので、それもよく使いますね。

一度行った旅先のGoogle Mapは、お気に入りで埋め尽くされます。

こうやって疑問に答えてみると、自分の頭も整理されますね!次回は、「身を守るために心がけているルール」と「結局一人旅とは?」についてお答えします!

続きの記事<「ぼっち旅」って結局なんなんだ?旅の達人流の回答は……>はこちら

平日は激務の広告代理店で働く傍ら、週末で世界中を旅する「リーマントラベラー」。2016年、毎週末海外へ行き3か月で5大陸18か国を制覇し「働きながら世界一周」を達成。地球の歩き方から旅のプロに選ばれる。以降、TVや新聞、雑誌等のメディアにも多数出演。著書『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)、『休み方改革』(徳間書店)。YouTube公式チャンネルも大好評更新中。
リーマントラベラー

Pick Up

ピックアップ