人の評価を気にしてばかりの私が「自分を生きる」雑誌の編集長になるまで