スタバが好き、お金も好き。投資家×お金ワカラナイ女子のQ&A  16

ブラックフライデーのセールがすごいことに…11月は買い物のチャンス!

お金は貯めたいけれど、節約も貯金も苦手でお金がないナシコさん。40代までに投資と節約をバランスよく進めた億万長者のジョージ先生に、お金&時間との付き合い方を相談します。今回は、”ブラックフライデーのセール”について考えます。 生徒のナシコさん:31歳、独身、女性、中小企業に勤める。現在、お金に困っているわけではないけど、結婚しないかもしれないため、将来マンションを購入することを考えている。 ジョージ先生: 元公務員。不動産投資で資産形成し、40代でアーリーリタイア。現在は日本の自宅と海外の別荘を行き来し、悠々自適の生活を送る。

●スタバが好き、お金も好き。投資家×お金ワカラナイ女子のQ&A  16

生徒:11月の第4週の金曜日は、ブラックフライデーがありますよね。イオンでは去年は日用雑貨など80%オフで売っている商品もあったから、今年は何を買うか先に決めて、お得に買い物しなくちゃ!

先生:ブラックフライデーですか。もともとはアメリカの感謝祭として始まったものですが、ずいぶんと日本にも浸透してきましたね。大規模なセールを実施する店舗が増え、小売店の売り上げが増えて黒字化することから、ブラックフライデーなんていうみたいですけど。

株取引をしている私からしたら、ウォール街の株価暴落が起きたブラックサースデー(暗黒の木曜日)を思い浮かべちゃうわけですが(笑)。商品の割引につられて買い物をする人が増えて、いいんじゃないですか。

セールで買うのは本当に「得」と言える?

生徒:先生は何か買わないんですか?

先生:私はとくに欲しい物がないので買いません。買う時は、本当に必要かどうかを見極めて、必要だと思ったら一番得する方法で買います。セールだから商品を探すという買い方はしません。

生徒:やっぱりお金の貯まる人は違いますね~。そうだ! もうすぐ友達に子どもが生まれるから、トイザらスにいっておもちゃかオムツを買ってこうようかな。

あと、貝印のキッチン用品もチェックしないと! 去年は最大80%offになっていて、包丁が欲しいなと思ってたんですけど、見た時にはもう売り切れてて…。今年は何を買うか、早めに決めておかないと。

ポイント最大36倍⁉ 狙い目は楽天市場のブラックフライデー

生徒:GAPもH&Mもイオンもブラックフライデーをやるみたいだし、とっても楽しみ。なかでも注目は楽天かな。2017年はポイント最大36倍だったんですよね~。セールで商品は安くなるし、ポイントは貯められるし、これはお得でしょ!

先生:たしかにお得感満載ですね~。でも、気をつけないと「安いから」といって、あれこれ買い物して無駄遣いをすることになりますよ。

生徒:大丈夫! そうならないように、去年割引になっていた商品を元に、あらかじめ欲しい物をリストアップしておきましたから。

先生:さすがですね~。今年は、私が口を出すことは何もなさそうですね。

ユニクロの誕生感謝際も見逃せない

生徒:ユニクロでは例年、5月と11月に「誕生感謝祭」などと銘打ったセールがありますよね。今年こそウルトラライトダウンを買おうかな。

先生:ウルトラライトダウンは、私も持ってますよ。

生徒:え? 先生もユニクロを使うんですか? 

先生:使いますよ。軽くてかさ張らないので寒い飛行機内などで重宝するので、外国に出かける際に標準装備にしてますよ。それに肌着などの着心地もいいし。

生徒:へえ~。お金持ちの人って、みんな上から下までお金をかけているかと思っていました。

先生:そういう人もいるでしょうね。ただ、私にとっては値段よりも着心地や機能性が良いことが重要なんです。たまたまそれが安かったり高かったりするわけで、安いから高いからと値段で買っているわけではありません。洋服が肌に触れた時に心地よさを感じられる。それが一番大事なことです。

生徒:なるほどね~。洋服1枚とっても値段に見合った価値がある商品かどうかで判断するということなんですね。

先生:そうそう。だから、わざわざセールで探してまで買おうと思わないんですよ。そもそも本当にいい商品だったら、そんなに値段は変わりませんから。逆に、多少お金がかかっても、長く愛用できる物を購入するわけです。

(ジョージ先生のつぶやき)
日本でも、年々ブラックフライデーが盛り上がりを見せてきました。安いからという理由だけで、財布のひもを緩めていると、お金は出て行く一方です。値段につられるのではなく、本当に必要な物を見極めて購入してくださいね~。

●今回のまとめ

  • 洋服、日用雑貨、生活家電などの商品は11月がお買い得
  • あらかじめ欲しい物をピックアップしておくことで衝動買いを防ぐことができる
  • 本当に良いものであれば、多少値段が高くても購入する価値はある

続きの記事<宝くじで高額当選。『億男』みたいに3億円当たったら?>はこちら

監修:生方 正

明治大学サービス創新研究所客員研究員。ミリオネアとの偶然の出会いをキッカケに、お金と時間、行動について真剣に考え直すことに。オンライン学習講座Schooにて『文章アレルギーのあなたに贈るライティングテクニック』講座を開講中。
明治大学サービス創新研究所客員研究員。就職当時から節約生活を送り投資で財を築く。早期退職した現在は海外の別荘と日本を行き来する日々。著書に「高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法」
投資家×お金ワカラナイ女子のQ&A

Pick Up

ピックアップ