離婚について語るあいのり・桃さん

“レスでの離婚”を発表 あいのり・桃さん「誰かの力になれたなら」

今月離婚した、「あいのり」で人気となったブロガーの桃さん(33)。前編ではセックスレスになるまでのきっかけや経緯をお話してくれました。後編では、離婚発表したブログに込めた思い、離婚発表後の今の心境について聞きました。

ファンのみなさんに疑問の残らない発表を

 彼を好きになって、付き合って、結婚して……という経緯をブログにずっと載せていたので、「憧れの夫婦です!」と言ってくださる方もいました。なので、離婚を発表するのは心苦しかったです。だからこそ、ファンのみなさんが「なんで?」と疑問が残るような発表にはしたくなかった。「お互いの今後の人生を考えて」という曖昧な言葉じゃなくて、きちんと説明しようとは決めていました。

離婚について語るあいのり・桃さん

 私は昨年、目の整形をしているのですが、それもブログで発表しました。その時に、私のブログを見て「整形して、自分に自信が持てた。整形して良かった」という声をいただきました。自分の経験をブログに書くことで、誰かを勇気づけたり、背中を押すことができるんだな、と思ったんです。今回もブログに赤裸々に書いたことで、同じように悩んでいる方々に、少しでもパートナーと向き合うきっかけを与えられたらなぁと思いました。
実際その様な報告をうけ、とても嬉しく思っています。

 私の場合、離婚の大きなハードルは私自身でした。私の両親は高校時代に付き合って、それからそのまま結婚しているんです。今でも2人でよくデートに行くくらい仲良し。そういう夫婦が憧れだったので、その理想像を裏切るようで、なかなか踏ん切りがつきませんでした。でも、人生は一度きりなので、色んな形があってもいいんじゃないかって今は思っています。

離婚について語るあいのり・桃さん

リアルな感情をしたためて

 彼と最後の晩餐をして、そのまま私はハワイの短期留学に向かい、その間に彼が家を出て行くという約束でした。
ブログの文面を考えたのは、彼とお別れをしてからすぐ。飛行機に乗る前に書き始めました。できるだけリアルな感情を残しておきたかったので。書いては直し、書いては直し……結局2日くらいかかりました。「肝心な行為はできなかった」など結構、生々しいことも書いてしまったので、彼にも確認してもらいました。彼は嫌がることなく受け入れてくれました。本当に優しいですよね。

 発表後の反応の大きさに驚きました。こんなに優しい反応してもらえるんだって、とてもうれしかったです。共感してくださる方、同じ悩みを抱えていらっしゃる方がたくさんいるんだなと驚きました。

離婚について語るあいのり・桃さん

結婚生活、やりきった感ある

 今悩んでいる方には、「相手としっかり向き合ってみて」とお伝えしたいです。もやもやしたまま人生を送るのはもったいない。私も納得できるまで、何度も話し合いをしたし、時間をかけました。もっと早く離婚しておけば良かった、という思いは全くありません。9年という長い期間を彼と過ごせて良かった。やりきった感はあります。2年後、お互いにまだ独身だったら、でき婚しよっかって冗談で言えるくらいです。冗談ですよ(笑)。

離婚について語るあいのり・桃さん

 実は一人暮らしは3カ月しかしたことがなくて、実質、初めての一人暮らしです。今、部屋めっちゃきれいなんですよ。自分だけで生活しているので、ちゃんとしなきゃ! きれいに使わなきゃ! という気持ちがわいてきたんだと思います。これまで部屋を散らかしても許してもらえていたんで、甘えていたんだなあ。

 今は新たな出会いに期待しているところです。彼を超える人ですか?もちろん、まだ出会えていません。彼と比べてしまうので、全く逆のタイプの人がいいんだろうな。まだ数週間しか経っていないので、全然前向きなことを言えずすみません。でも、もやもやを吹っ切って、再スタートの気持ちでいこうと思っています。


桃(もも)さんプロフィール
1985年東京出身。大学卒業後に人気テレビ番組「あいのり」(フジ系)に参加し、8カ国の旅を経て帰国。2009年にブログを開始し、常にランキング上位の人気ブロガーに。コスメや洋服などの商品のプロデュースも手がける。

telling,の妹媒体?「かがみよかがみ」編集長。telling,に立ち上げからかかわる初期メン。2009年朝日新聞入社。「全ての人を満足させようと思ったら、一人も熱狂させられない」という感じで生きていこうと思っています。
写真家。1982年東京生まれ。東京造形大学卒業後、新聞社などでのアシスタントを経て2009年よりフリーランス。 コマーシャルフォトグラファーとしての仕事のかたわら、都市を主題とした写真作品の制作を続けている。

Pick Up

ピックアップ
不妊治療を始める前に知っておきたい「特別養子縁組制度」 産むとは、育てるとは
産婦人科医・高尾美穂さん×アクロスジャパン・小川多鶴さん
不妊治療を始める前に知っておきたい「特別養子縁組制度」 産むとは、育てる
家族のかたち 妊活 子育て
【パントビスコ】私35歳、8歳年下との結婚ってどう思いますか?
テリやきテリ世の甘辛LINE相談室
【パントビスコ】私35歳、8歳年下との結婚ってどう思いますか?
ヒント 恋愛