婚活をナナメから見る

婚活パーティ、サイトを経て…意外な決め手で結婚に至った37歳C男の場合

「結婚、どうしよう!」と焦る前に、婚活について俯瞰して考えてみよう、というこのシリーズ。これまで、2人の女性の実体験を紹介してきましたが、迷ったり立ち止まったりするのは女性だけではないはず。じゃあ男性は、どんな気持ちで婚活をしてるんだろう? そんな思いで、編集部はC男(38)に話を聞きました。メディア企業に勤務、2年に及んだ婚活を終え、この春3歳年下の女性と結婚したそう! その決め手は、意外なところにありました。

●婚活をナナメから見る 04

婚活2年、意外な決め手で結婚に至ったC男の場合

 ヒタヒタと迫る40代、減りゆく頭髪……。でも、結婚したい。36歳にして1年ほど付き合った女性と別れたC男は、「婚活」を週末のライフワークとすることを決めた。

 早速、東京都内の会場で開かれるイベント会社主催の「婚活パーティ」に参加した。「パーティ」とは言うものの、実際はパーテーションで区切られた小さなテーブルを挟んで、13分程度の「面接」を20回ほど繰り返すハードワークだ。

 初対面の相手に取材する機会も多い仕事柄、それなりにトーク力には自負はあったものの、いかんせん短時間で自己アピールをし、相手と打ち解けるのは相当なエネルギーを要する。たまに、会話が弾んで打ち解けることはあるものの、はたして3分前に出会ったこの見知らぬ女性は、「自分が結婚したい相手」なのか……。

まるでスポーツ競技、婚活パーティは時間との戦い?

 似たような自己アピールを20回近く続けたパーティ終盤は、集中力も散漫になり、「流れ作業」化。「ビビッと来た」なんて劇的展開はなく、何の手応えもないままタイムアップ。最後に好みの相手の番号を用紙に書き込むも、「あれ? 誰が誰だったけ……??」。

 そんな調子ではマッチングが成立するはずもなく、数回参加したパーティは、いずれも敗戦に終わった。見るからに要領の良さそうな営業マン風の男性が「カップル成立」して意気揚々と帰っていくのを傍目に、「俺って、婚活向いてないのかも……」と、心にダメージが蓄積する。

自らに課す戦力外通告、戦いの場は婚活サイトへ―

 そもそも、婚活パーティの参加資格自体、「35歳まで」「30歳まで」などと条件がつけられていることもざらで、30代も後半対象となると開催数も減り、「医者・弁護士限定」「年収1000万円以上の高収入男性限定」などと、えげつない条件も付加されていく。どうも、自分は「戦力外」年齢に突入しつつあるらしい……。潮時を感じ取ったC男は、「婚活サイト」という新たな戦場へとシフトすることにした。

 「婚活サイト」。今や様々な形式があるが、C男が選んだのは大手インターネット企業が運営する有料サイト。月間数千円の会費を払えば、様々な女性の情報にアクセスでき、各会員が気に入った相手とメッセージをやりとりすることで、交際へと発展させることができる、というものだ。

 時間の限定されたスポーツ競技のような婚活パーティに比べ、婚活サイトはまさに「無限の可能性」。好みの相手の年齢、身長、体重、結婚歴の有無、子どもの有無、学歴、年収、喫煙者か否か……など、さまざまな条件で検索をかけることで、好みの相手を絞り込み、メッセージを送ることができる。

婚活サイトでは「シビアな現実」に直面

 顔写真を載せる、載せないは任意だが、顔がわからない相手にアプローチするのはやはりハードルが高く、必然、写真付き、しかも自分好みの容姿の女性に吸い寄せられていく。「テクノロジーの進歩は素晴らしい、なんて便利なシステムなんだ!」。感動したC男だったが、喜びもつかの間。カップル成立のためには当然、「相手も自分を選んでくれること」というハードルがある。

 36歳の「おじさん」であり、特段イケメンでもないC男が直面した現実はシビアだった。臆面もなく「若くて美人」、というタイプにメッセージを送っても、九分九厘、返信がかえってこないか、数度のメッセージのやりとりでキャッチボールが途絶えてしまう。こちらが「若くて美人」と思ったタイプはカップル成立も早いのか、次に見たらもう退会していた、ということもざら。と思えば、自分より年上の40代女性や、同年代でもバツイチ、子持ちの女性からは、どんどんメッセージが来る。

 同年代以下、未婚女性との結婚を望んでいたC男は、こうしたメッセージにいちいち対応していられないと判断し、すべて無視した。人にメッセージを無視されると微妙に傷つくくせに、自分も「対象外」と見なした女性のメッセージは残酷にスルーせざるを得ない。市場原理主義のような身もふたもない競争の世界に、やっぱり心がすり減る。

【関連記事】結婚の、そのあと。:「産まない選択」はあり? or なし?  

「何となく」先に進めない、決め手がわからない

 そんな中でも、C男は何度か「婚活サイト」で出会った女性と食事までこぎ着けた。相手はいずれも、30代半ば。事務職をしながらネイリストの勉強をしているという女性とは、海外旅行という共通の趣味の話題で盛り上がった。その場でのコミュニケーションに問題はなかった。だが、この人と結婚、いや、その前に恋人として交際する、という感覚にどうしてもならない。相手も同じ感覚だったのかどうかはわからないが、何となく、先に進める気が起きないまま、2度目の食事に行くことはなかった。

 この、「何となく」先に進めない感じは何なのだろう? なぜ「この人かも!」という確信めいたものや、強い興味が湧いてこないのだろう? モヤモヤを抱えたまま、当面はアプリでの婚活を続けてみよう、と思うC男なのだった――

衝撃のブッチ事件からの大逆転!?その2はこちら!

未婚、既婚、子どもの有無、転職や独立の経験者。恋好き、旅好き、おいしいもの好き(缶チューハイ含む)。さまざまなstoryを持つ「telling,」編集部メンバー。
婚活をナナメから