Creator

若林朋子

若林 朋子

(わかばやし・ともこ)
1971年富山市生まれ。同市在住。1993年北陸に拠点を置く新聞社へ入社、90年代はスポーツ、2000年代以降は教育・医療を担当、12年退社。現在はフリーランスの記者として、雑誌・書籍・広報誌。ネット媒体では朝日新聞「sippo」、朝日新聞出版「AERA dot.」、「Yahoo!個人」などに執筆。興味のある分野はアマチュアスポーツ、がん治療、児童福祉、介護、猫など。
父の死、病、離婚……。つらい経験もいつか自分の強みになる
Story
父の死、病、離婚……。つらい経験もいつか自分の強みになる
からだ 今の会社で自分らしく
2019/02/21
起業して富山と東京の二拠点生活「自分のペースで働けば、苦になりません」
Story
起業して富山と東京の二拠点生活「自分のペースで働けば、苦になりません」
はたらく 子ども
2019/01/27
「バツ2」の今が一番幸せ。やっと少し、自分を信じられるようになってきた
Story
「バツ2」の今が一番幸せ。やっと少し、自分を信じられるようになってきた
離婚してもいい あなたらしく
2019/01/10
【telling,傑作選】結婚すると途端に「同居人」になっていませんか?
経済(マネー)
【telling,傑作選】結婚すると途端に「同居人」になっていませんか?
家族のかたち 結婚
2019/01/06
【telling,傑作選】子どもを産んでも産まなくても、自分らしく生きる
妊娠・出産
【telling,傑作選】子どもを産んでも産まなくても、自分らしく生きる
家族のかたち 結婚
2019/01/04
結婚すると途端に「同居人」となってしまっていませんか?
恋愛・結婚
結婚すると途端に「同居人」となってしまっていませんか?
家族のかたち 結婚
2018/11/06
野球選手を支える球団広報「ドラフト指名を目指す姿に私が願うこと」
Story
野球選手を支える球団広報「ドラフト指名を目指す姿に私が願うこと」
はたらく U25
2018/11/02
トロリーバスの女性運転士「立山に移住し、働くきっかけは失恋でした」
Story
トロリーバスの女性運転士「立山に移住し、働くきっかけは失恋でした」
はたらく 等身大
2018/10/18
ホッケー日本代表「一度引退したからこそ分かる金メダルの価値」
Story
ホッケー日本代表「一度引退したからこそ分かる金メダルの価値」
はたらく 等身大
2018/09/15
「今日を精いっぱい生きるだけ」というセリフが、染みました。
Story
「今日を精いっぱい生きるだけ」というセリフが、染みました。
からだ あなただけに言うね
2018/09/07
日本の女性は、やせすぎている。産婦人科医が警鐘を鳴らす大問題
からだ・健康
日本の女性は、やせすぎている。産婦人科医が警鐘を鳴らす大問題
専門家 ヒント
2018/07/26
占いを始めたころは、他人の人生を通じて自分を見ていました。
Story
占いを始めたころは、他人の人生を通じて自分を見ていました。
「頑張らない」を頑張る 好き
2018/07/15