【telling,傑作選】「仲良しグループ」コンプレックスから抜け出せない