取材に応じた「ホスト界の帝王」ROLANDさん

telling,編集部

「ホストにしては」で語りきれないローランドさんの魅力とは

名言がポンポン飛び出したローランドさんインタビュー。取材後、興奮状態のまま歌舞伎町界隈のカフェに飛び込み、震える手でキーボードをたたき始めました。なぜ、ローランドさんの言葉はこんなに魅力的なのか?私たちに刺さるのか?その理由を考えてみました。

現代ホスト界の帝王・ローランドさんの存在を、とあるテレビ番組で知りました。次から次へと飛び出す名言の数々に、完全に魅了されました。

ちょっとだけ、抜粋。(まだまだあります!)
・下手なテレビを見るより鏡を見ているほうが楽しい
・説明のできる好きは好きじゃない
・いい女の条件って知ってる? 俺がいい女だと思うかどうか
・1時間あったら東アジアの女ぐらい全員幸せにできる

オラオラしてるだけ、って思う人もいるかもしれないですが、どれもこれも主義主張が一貫しているのです。あふれるほどの自信。そして、お客さんへの愛。このくらい自信があれば、相手に分け与えることができるんだな、と思いました。その愛のかたちを言語化できる語彙力の豊富さにも舌を巻きます。

「語彙力は商品の数。商品を仕入れるのは当然の努力でしょ? 例えば『美しい』という言葉一つでも、『きれいだね』『容姿端麗』『きょうは麗しいね』……たくさん言い方がある。どれが、お客さんにとって一番響くかはその時々で違うと思うんです。だから、1日3つは新しい語彙を仕入れるようにしています」(ローランドさん)

そのために、本も読むし(村上春樹さんが好きだそうです!)、映画(タイタニックお気に入りだそうです!)も見る。うまい切り返しや比喩表現を学ぶために、バラエティ番組のチェックも欠かさない。自身を「向上心のあるナルシスト」と評していましたが、その通りだと思いました。

求められるハードルが低すぎる

一方で、意外なほどに謙虚だったのが印象的でした。

「『ホストにしては』しっかりしてる、と言われているだけで、高卒だし、別に賢いわけじゃないと思っています。『語彙力がありすぎるホスト』というのもレッサーパンダが二足歩行した……に近い褒められ方だと思っています。求められるハードルが低すぎる。
こんな低いハードルなら、どうして先人のホストたちは努力してこなかったのかな? とすら思う。俺たちは長々とおしゃべりする時間がない分、短い時間で心を動かせる人になる必要がある。磨くべきスキルだと思っています」

インタビューに応える「ホスト界の帝王」ROLANDさん

「正統派じゃない」と言われ続け

話は変わって、私事で恐縮ですが、ただいま記者10年目。ずっと「新聞記者っぽくない」と言われてきました。一度も「特ダネ」をとったことがないし、「調査報道」もしたことがない。確かに、いわゆる「正統派」の記者ではない。そのかわり、赤髪にしてポールダンスの大会に出たり、M-1に出場したり、「新聞記者っぽくない」分野で活躍(?)してきました。

自分なりの表現で他の場所で認められても、「この業界でなければ、ただの人だよ」ということばに「私は正当派じゃないからダメなのか……?」とはがゆく感じていました。

笑顔を見せる「ホスト界の帝王」ROLANDさん

愛すべき「私らしさ」

だからこそ「ホストっぽくない語彙力」で、前人未到の地位を確立したローランドさんに惹かれたのかもしれません。いわゆる正統派の“ホスト”からどれだけはみ出すかが、ローランドさんの価値や希少性を高めているように思えたからです。

「お母さんっぽくない」「公務員っぽくない」「主婦にしては」「30歳にしては」―――。「っぽさ」「らしさ」に自分を当てはめて安心したり、そこからはみ出して不安に感じたりする方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

でも、その“型”からはみ出した部分こそ、愛すべき「私らしさ」なのかもしれない。自分を好きになるヒントをもらえたような気がしました。

telling,の妹媒体?「かがみよかがみ」編集長。telling,に立ち上げからかかわる初期メン。2009年朝日新聞入社。「全ての人を満足させようと思ったら、一人も熱狂させられない」という感じで生きていこうと思っています。
写真家。1982年東京生まれ。東京造形大学卒業後、新聞社などでのアシスタントを経て2009年よりフリーランス。 コマーシャルフォトグラファーとしての仕事のかたわら、都市を主題とした写真作品の制作を続けている。
telling,Diary