Sponsored by ブイキューブ

IT企業勤務(34)

地元で輝ける場所を見つけたから、また東京でチャレンジしようと思えた。

IT企業勤務(34) 銀座のオフィスで働く彼女。昨年までは、徳島県三好市にあるサテライトオフィスで、完全リモートワークで働いていたそう。大学進学を機に上京し、そのまま就職していたにもかかわらず地元へUターンしたわけ、そして今ふたたび、東京で働き始めた理由を聞きました。

●縛られずに働く

「とにかく東京から離れたい」一心で地元に戻った

私の地元は徳島県の三好市。大自然が広がるのどかな町です。でも、高校時代はおしゃれなお店もなかったし、「早くここを出て都会に行きたい」と思っていました。念願かなって、大学で上京。そのまま就職して、とにかく必死で働きましたね。朝早く出勤して、終電で家に帰ってきて、仕事以外の時間は放心状態。会社の方針ともそりが合わず、次第に精神的に追い詰められてしまったんです。

とにかく東京から離れたい、いったんリセットしたい、という一心で地元に戻りました。戻ってはじめて、三好市が「こんなに素敵なところだったんだ」と気づいたんです。水も空気も美味しいし、なにより人同士の距離がとっても近い。お互いの家族の話で盛り上がったり、年上の方がみんな親戚のおじさん、おばさんかのように接してくれたり……。こんなに素敵な人たちがいるなら、ずっとここにいたいと思いました。

とはいえ、三好市は過疎化が進んでいます。若い人がいないし、働き口がない。私も市の臨時職員として勤めたあと、地元の仕事が見つからずに四国の他県で働いた時期もありました。そんなとき、市役所がサテライトオフィス誘致の取り組みをしていることを知ったんです。東京の企業は高い家賃を払わなくてもいいし、地方の雇用も増える。なんて良い取り組みなんだ!と思い、応募して採用されたのが、今働いている「あしたのチーム」です。

Web会議で東京と常時接続。距離は感じなかった

私はサテライトオフィスの立ち上げメンバーとして入ったので、社員2人だけで働き始めました。旧旅館を改装してつくられたオフィスは、とても趣のある場所でした。地元の人も、今まで暗く閉鎖されていた旅館にまた灯りがともったことを大変喜んでくださいました。環境も静かで、PC作業をするにはもってこいでした。
仕事中はWeb会議ツールをつけっぱなしで、常にお互いの様子がわかるようになっていました。Web会議自体もはじめてで、最初は不安もあったんですが、1週間ぐらいしたら慣れてきました。

担当する業務は、システムの初期設定や運用、資料作成、お客様からの電話対応など。一歩も外に出ない仕事を担当していました。外に出てお客様に直接フォローする営業との役割分担です。千葉の支社を担当していたんですが、常にWeb会議ツールで相手の顔を見ながら仕事をするので、距離はあまり感じなかったです。
でも、メンバー全員でのWeb会議では、誰が発言しているのかわからず話している温度感がつかめなくて戸惑うことがあって。話している人にズームができるカメラに変えるなど工夫して、仕事をしやすいように変えていきました。
たまに出張する機会もありました。はじめて対面で会ったときは、「やっと会えたね……!」みたいな、ちょっとテレビの中のスターに会ったときのような気持ちに(笑)。完全リモートワークだからこそ、の感動ですよね。

地元をもっと盛り上げたくて、NPOでの活動も

休みの日は地元をもっと盛り上げたいと思って、NPO法人に入り、「うだつマルシェ」という三好近隣の作り手が出店するマルシェを開催したりしています。こだわりある生産者さんと仲良くなれたり、Uターンしてからパン作りも始めたんです。おしゃれなパン屋さんがない。だったら自分で作っちゃえ!と(笑)。

三好での生活は、仕事とプライベートのメリハリがはっきりつけられるし、周りの人がみんな味方だし、精神的にすごく安定していました。

大好きな地元を離れても、成長して挑戦を続けたい

それでも東京に戻ってきたのは、サテライトオフィスに地元採用の後輩が増えてきて、彼女たちに「頑張れば成長できるよ」という姿を見せたいな、と思うようになったから。昨年4月のタイミングで異動の話をいただいて、正直すごく悩みました。でも、サテライトオフィスの可能性を広げるために、もっと自分ができることを増やしていきたいと思った時に、自分が率先して現場を経験して、その経験を地元に持って帰ってくるのもありだなって思うようになったんです。
ずっと地元にいてほしいと言っていた両親は猛反対しましたが、最終的には「自分のやりたいことをやっておいで」と言ってくれました。

東京に戻ってきて、とにかくなんでも便利なことにびっくりしています。逆に、サテライトオフィスでは手を伸ばせばなんでも届いたのに、オフィス内での移動の距離が長い(笑)。勤務地も部署もまったく変わったので戸惑うこともあるけれど、日々とても充実しています。現場の動きを目の当たりにして、この部分はサテライトで巻き取れるな、とサテライトオフィスを経験したからこそ考えられることもたくさんあります。地元で働けたからこそ、今こういう挑戦ができるんだと思っていて、会社には本当に感謝しています。

そうですね、将来はできればやっぱり地元に戻りたいです。結婚は、いまはまだ相手も見つけられていない状態ですけど、こっちで出会って、一緒に地元に帰れたら一番いいなあ、なんて思います。三好の人口も増えますしね(笑)。

多様な働き方を応援します

Sponsored link by ブイキューブ

縛られずに働く