私の世界一周 04

世界一周したから、何が変わるわけでもないけれど

世界一周、いつかはやってみたい!と思う人もいるのではないでしょうか。ふわっと思っていても、なかなか実現にはいたらない、という人も多いはず。でも実はけっこう簡単にできちゃうんです。世界一周を2回経験した編集者による、実体験コラムをお届けします。

●わたしの世界一周 04

 世界一周というと、やはり「冒険」とか「思い切って行く」というイメージが強いため、なんとなく「なにか変わるのでは?」という期待を持ってしまいがち。たとえて言うなら、行く前と帰ってきたあとではレベルアップしてる、みたいな感じです。

何も変わらないけど、でも……

 結論から言うと、世界一周したからってレベルアップしません。まあもしかしたら、一人で見知らぬ土地に行って度胸がつくとか、ちょっとばかり英語力がアップするとか、そういうのも「レベルアップ」といえるのかもしれませんが……。私の場合は、「なんかすごい感じ!」「こいつめっちゃデキる!」みたいなレベルアップを求めていたので、それを考えると自分的には全然、何も変わらなかったなあ……という感想でした。

 でもやはり、気づいたことはいろいろあります。しかも、25歳のときに感じたことと、36歳の時に感じたことは全然違っていました。

25歳のとき…日本が、より好きになった

 当時はとにかく円安だったので、海外にある何もかもが高く感じられました(具体的に言うと1ユーロ158円、1ポンド235円、1ドル120円ぐらい)。一人だとなかなかレストランにも入れず、日本に帰ってきたときに「なんて美味しいご飯が安く食べられるんだ」と感激したことを覚えています。特にヨーロッパをメインに行ったので、ことさらそう感じたのかもしれませんが。

 そして、海外で暮らすのは私には無理だなあ……というのも漠然と思ったことです。それもあり、日本のいいところ、美しい場所により目を向けるようになりました。

36歳の時…もっともっと外に目を向けていこうと思った

 海外に暮らしている友人を訪ねることが多く、実際にその土地の人と話す機会もとても多かったです。UberやAirbnbを利用したのもありますが、11年前に行った時よりも「世界が近い」と感じられました。

 日本に帰ってきたときに感じたのは、どちらかというと「あーあ、帰ってきてしまった……」ということ。もちろんご飯や服など、好きなものはいっぱいあるんですが、なんとなく日本社会を覆っている「不自由さ」みたいなものを感じてしまいました。海外の方が、多様で自由なんではないか? と……。

まあこれは、そのときに自分が課題と思っていることや、ライフステージ、行く国でだいぶ変わると思います。お気づきかと思いますが私はあんまりアジア! アフリカ! 未開の地! みたいなのが好きではないので、そういうのもあるかとは思いますが……。

何かを「期待して」行っても変わらないけど、自分で「つかみ取ろう」と思って行ったら、きっと何かが変わる。旅に限らず、人生ってそういうものなのかな、なんて思ったりもします。

朝日新聞バーティカルメディアの編集者。撮影、分析などにも携わるなんでも屋。横浜DeNAベイスターズファン。旅行が大好物で、日本縦断2回、世界一周2回経験あり。特に好きな場所は横浜、沖縄、ハワイ、軽井沢。
わたしの世界一周

Pick Up

ピックアップ
不妊治療を始める前に知っておきたい「特別養子縁組制度」 産むとは、育てるとは
産婦人科医・高尾美穂さん×アクロスジャパン・小川多鶴さん
不妊治療を始める前に知っておきたい「特別養子縁組制度」 産むとは、育てる
家族のかたち 妊活 子育て
【パントビスコ】私35歳、8歳年下との結婚ってどう思いますか?
テリやきテリ世の甘辛LINE相談室
【パントビスコ】私35歳、8歳年下との結婚ってどう思いますか?
ヒント 恋愛