植草美幸流 婚活理論32

「彼氏あり/なしは関係ありません」 絶対に結婚したい人がクリスマス当日にすべきこと、これだけは!

以前、クリスマス前の1か月前からするべきことを説明しました。今回は、クリスマス直前からイブなども含む当日までの過ごし方について。それぞれの状況に応じた、婚活成功に向けての過ごし方をお伝えします。説くのは10月7日に新刊『結婚の技術』を上梓した東京・青山の結婚相談所マリーミー代表で恋愛・婚活アドバイザーの植草美幸さんです。
「デートが1回で終わり、次に進めない!」一体どうすれば? 婚活アドバイザーが伝授

彼氏がいる、デート相手がいる場合

クリスマスデートをする相手が決まっている場合は、TPOに合わせたファッションで、自分の魅力を最大限に見せることに全力を注ぎましょう。

デート先を相手が決める場合でも、事前に場所を確認するのがベスト。プロポーズは今も昔も夜景が見えるホテルのレストランが定番ですから、特にクリスマスにプロポーズや、それに準じた言葉が欲しいなら、あらかじめ根回しも必要です(後ほど説明します)。

クリスマスは、中華や和食より、フレンチやイタリアンなどの洋食コースが最適。男性はお店選びが苦手な傾向にあり、結婚相談所では婚活アドバイザーが定番のお店を選ぶことも。男性が決め切れないときは、女性側が「今年のクリスマスはちょっと特別にお祝いしたいな。この店はクリスマス限定メニューが出てるよ、美味しそう! シャンパンがついて7000円だって」などと相手と一緒にいるときに言い、予約してしまいましょう。

料理は5000~8000円のコースを予約しましょう。シャンパンやクリスマスケーキ付きをセレクトすると、見栄えがよいうえ、当日悩まずに済みます。まだハッキリしない間柄なら、1人5000円前後で様子をみましょう。

当日の服装は男性はジャケット、女性はドレスアップで。どちらも自分が3割増しに見える、特別な日を演出できるものがいいですね。男性はリクルートスーツのような恰好ではいけません。当日の相手の服装や雰囲気が不安なら、プロデュースしてもいいかも。美容室デートからレストランに行くのもいいですね。

女性のドレスは、レースやベルベッドなどディナー向きのワンピースや、今っぽいツイード素材のワンピースやスカートもオススメ。黒系のコートを着る場合なら、ファーやストールで顔周りを明るく見せましょう。外で待ち合せるなら、手袋やブーツにファーをあしらったアイテムを投入してもいいかも。ネイルや髪型にも注意を払い、最高の自分を演出してください。

お会計は、年齢・収入が同じくらいなら「平等に出すこと」が基本です。年齢差・収入差がある場合は7:3、6:4でも可。結婚を前提にしているなら、貸し借りのある関係になってはいけません。そのため女性側も少しでも出しておいた方がいい。今の時代は当たり前におごられようとする女性は少数派。若い男性は、そういう女性は年配者と付き合ってきたタイプに見えることもあるそうなので、注意が必要です。

女性から男性へのプレゼントの予算は1~3万円くらい。Louis Vuittonなど名の知れたブランドの小物が無難です。相手の好みやおしゃれ度にもよりますが、マフラー、キーケース、手袋、名刺入れ、カシミアセーターなどが定番。プレゼントは相手に対する自分の真剣度のアピールにもなります。

そして迎えるクリスマスデート。相手からプロポーズされたり、準じた言葉を言われたりすれば問題はありませんが、そうなるとは限りません。強く希望するなら、あなた主導のシナリオも持っておきましょう。その場で言ってもいいですが、難しければメッセージカードをプレゼントと一緒に渡す。その場合は短文でストレートに将来を見据えた印象を与えるのが大事。「○○君と出会えて幸せ! 来年も一緒に過ごしたいな」といった、自分の意思が伝わる言葉で。クリスマスに伝えるからこそ、結婚への大きな後押しになります。

※今年の場合、クリスマスデートのタイミングは、23日の夜、イブ(24日)の夜・昼・朝、クリスマス当日(25日)の夜・昼・朝がありえます。

彼氏がいない場合はオープンマインドで相手を探す!

続いて12月20日時点で23日夜~25日に彼氏や本命との予定が決まっていないとき。クリスマスイブは土曜ですから、その場合は20日に「今週末、ご飯行かない?」と3人以上にLINEや電話をして誘いましょう。本命の恋人がいるなら、その期間に別の人とのデートの予定をいれません。つまり、23日夜~25日の予定が空いていれば、本命がいないということ。20日にデートに誘うのはお互いが「彼氏・彼女はいるか否か」を確かめることもできるのです。

私が実際にアドバイスした2人の事例を紹介しましょう。その年は、クリスマスイブが土曜、当日が日曜ではなかったので、2~3日前に、電話やSNSでそれぞれに連絡してもらいました。すると、1人が3年前に友達の紹介で2回だけ会った男性、もう1人が異業種交流会で同席して数人で食事に行った男性から返事をもらえ、デートを取り付け、めでたく交際がスタートしました。

誘う際の手順

誘う際の手順。

「久しぶり、最近どう? 仕事は変わらず?」
「同じ会社で仕事は変わらず、まぁまぁ上手くいってるよ」
こんなふうに仕事や共通の話題で、近況を確認し、クリスマスの予定を聞いてみてください。
「そうそう、明日クリスマスだけど、予定あいてる?」といったように!

ここで予定が空いていると相手が明かせば、
「私も! 久しぶりに仕事の話もしたいし、食事に行かない? 今からお店に電話してみるね」

あるいは、

「ほんと? クリスマス一緒に過ごす相手が、いなくて寂しいの~! 最近、親にせっつかれて、お見合い3つも持って来られたから!」

などと畳みかけてください。

相手との距離感にもよりますが、恋愛を意識したことがある相手の場合は後者のようにオープンマインドで。ぶっちゃけて、彼氏募集中であることを強調してもいいと思います。

ほかにも、合コンで1回会っただけの人や大勢でのレジャーなどで数回会った人、前職や現職の同僚、学生時代のゼミメンバーなどから探すのがおすすめです。「クリスマス、一緒に過ごす人いなくて寂しくて(笑)。そしたら、急に○○君の顔が浮かんできたの!」と明るく、冗談っぽく言ってみましょう。

いざデートとなった場合のお店選びは、1軒目は廉価なイタリアンなどでカジュアルながらクリスマス気分は味わいつつ、ですね。盛り上がったら街を散策して、2軒目はバーへ行くのもいいでしょう。街の雰囲気を一緒に感じて、「みんな幸せそうだね~。私たちもカップルに見えてるかも?」と言って、年末年始の予定を聞き出すなどして次のデートの約束を取り付けてしまいましょう。

共通の友達がいたり、職場がわかっていたり、信頼できる相手だったりすれば、お家デートもOK。「いいお店はみんな予約でいっぱいだから、デリバリーするか一緒に料理をしない?」というのも手。ただし、マッチングアプリで出会った相手とは、いきなり家や個室で会うのではなく、オープンな場所でのランチデートからスタートしましょう。

クリスマス前の偶然に備えて、感度を高く

偶然の出会いがあった知人女性も。自分が住むタワーマンション1Fのコンビニで大きな荷物を宅配便で送ろうとした男性と出会いました。しかし、その男性は必要な梱包材を持っておらず、困っていたそう。そこで後ろに並んでいた知人は、「近くに住んでいて、梱包材を持っているので、お貸ししましょうか?」と声をかけ、2人で荷造りすることに。無事発送を終えると、「実は僕も同じマンションに住んでいるんです。お礼にラウンジでお茶しませんか?」という話になり、デートに繋がったのだとか。

出会いは実はどこにでも転がっています。クリスマス前は特に感度高く、気を配っていただきたいですね。

予定がなければクリぼっちで過ごす?

最後にクリスマスに予定が入らなかった方にお伝えしたい注意点があります。

もし、30歳を過ぎていて「彼氏が欲しい、結婚をしたい」と思っているなら、クリスマスに予定が入らなかった場合に、独身の友達と過ごして寂しさを紛らわすのはやめましょう。

クリぼっちになり、クリスマスツリーを眺め、ケーキやシャンパンは控え、まずは寂しさをかみしめ、自分の将来について考える。クリスマスを1人で過ごすことになった理由を考える“反省会”の、いい機会です。

反省だけでなく前も向きましょう。例えば来年の婚活計画表を作り、1月には○人に会う、2月は1月に会った●人と□回デートして、そのうちの1人には「次に付き合う人とは、結婚前提にするつもり」と伝える――といったように具体的に決めましょう。前々回の記事では11月からするべきことをお伝えしましたが、それを今日から改めて行う決意をしましょう。

そして好きなタイプではなく、理想の結婚生活や結婚後の働き方、暮らし方などの“結婚観”を紙に書いて、どんなお相手が合致するかを考えてみましょう。

譲れない理想像や希望条件がある場合は、その要素を持つ相手が選ぶのは、どんな女性かを想像する。そして、“自分がなれるのか”“足りないものは何か”を考えます。それに合わせて、婚活の手段や、自身のプロフィールも見直す必要があるでしょう。

来年のクリスマスに結婚前提の彼氏、あるいは夫と過ごすイメージを持つことも大事。
なるべく詳細を想像し、年が明けてからは「理想の未来」へ最短距離で到着できるように動きましょう。応援しています。

「デートが1回で終わり、次に進めない!」一体どうすれば? 婚活アドバイザーが伝授

『結婚の技術』

著:植草美幸
発行:中央公論新社
価格:1760円(税込)
結婚相談所で1000組以上の成婚の実績を持つ著者が、現場やメディアで反響を呼んだ効果的な言葉を届ける、1冊です。

結婚相談所マリーミー代表取締役、恋愛・婚活アドバイザー。 1995年にアパレル業界に特化した人材派遣会社エムエスピー設立。2009年、結婚相談所マリーミー設立。自ら婚活している男女にアドバイスし、成婚に導いている。セミナーの開催、テレビやラジオも多数出演。著書に『なぜか9割の女性が知らない婚活のオキテ』『男の婚活は会話が8割「また会いたい」にはワケがある!』『モテ理論』など。
植草美幸流 婚活理論