自分を変える、旅をしよう。

トラベルクリエイターSAORIさん「旅は刺激。自分自身の許容範囲を広げてくれる」

旅によって人生が変わった人や、旅を通した生き方をリーマントラベラーの東松寛文さんが紹介する「自分を変える、旅をしよう。」。後編もトラベルクリエイターSAORIさんにお話をうかがいました。旅を仕事にしたいと考えている方は必読です!

●自分を変える、旅をしよう。23・後編 SAORI(33)

リーマントラベラーの東松寛文です! 会社員を辞めて、トラベルクリエイターとして仕事を続けているSAORIさん。後編では、旅に出るようになってからのお話を聞きました。

東松寛文(以下、――): SNSを駆使して旅情報を発信しているSAORIさんですが、リーマントラベラーを知ったキッカケを教えてください。

SAORIさん(以下、SAORI): インスタグラムを通して知りました。当時、すでに会社員を辞めていましたが、東松さんを知って、会社員を辞めずにたくさん旅をして楽しむこともできたのか!と思いました。週末だけを使って海外旅行をするなんて、そういう発想自体がなくて、有給を使って年4回程度の旅行が限界でした。東松さんにもう少し早く出会っていたら、私もまだ会社員だったかもしれません(笑)。東松さんも旅のことをSNSなどでたくさん発信されているので、それを見て私もがんばろう!と刺激をもらっています。

――ありがとうございます。僕もSAORIさんの投稿に刺激をもらっています!リーマントラベラーを知って、旅のスタイルや普段の生活で変化したことはありますか?

SAORI: 私自身のスタイルに変化はないのですが、友人やフォロワーさんから、私と同じようにフリーランスになって旅を楽しみたいと相談をもらったときに、会社員をしながらでも旅をたくさん楽しめるという選択肢を知ってもらうために、東松さんの存在を教えています。

インド・タージマハールでの1枚

――それはうれしいな。SAORIさんが旅に出るようになって、変わったこととは?

SAORI: その土地のさまざまな文化や価値観に触れることで、自分自身の許容範囲も広がり、大らかになりました。パリに行ったときに買いものをしようと思って街に出たら、お店がほとんど閉まっていて、フランスでは日曜日がお休みだと知らなくて……。日本では日曜日にお店が休みという感覚がなかったので、買いものができなかったのは残念でしたが、休みを大事にする文化はとても素敵ですよね。私がまたパリに行けばいい!と思えました。インドでは寝台列車に乗って移動したのですが、私の指定席に他の人が座っていたり、4時間遅れで目的地に到着しました。そんな出来事も、インドらしくていい!と思えるようにもなりました。
会社員をしていたときの私は、周りの目を気にして“普通”に過ごしていたけれど、旅でさまざまな経験をして大らかになったら、自然と周りの目も気にならなくなっていました。今はみんな違っていいし、違う方がおもしろいし最高!と思っています。

SAORIさんの10日間分の荷物

――逆に、SAORIさんが旅に出るようになっても、変わらなかったことはありますか?

SAORI: 荷物の量ですね。旅の回数を重ねると荷物が少なくなる人が多いイメージなのですが、私は減るどころか増えています。旅先に合ったお洋服を着るのも楽しみのひとつなので、ついたくさん詰め込んでしまいます。

――SAORIさんの場合は、シーンに合った洋服も必要そうですよね。今はお仕事でもありますが、SAORIさんにとって、“旅”とは?

SAORI: 私にとっての旅は……刺激です(笑)。見たことのない景色、異なる価値観、ちょっとしたトラブルや人との出会いなどにワクワクドキドキして、旅をしている間はたくさんの感情が動きます。そういった刺激が病みつきになって、また旅に出ているのかもしれません。

――今はコロナ禍で自由に旅することができませんが、次に行ってみたい旅先はありますか?

SAORI: ドバイとトルコです。2020年に行く計画をしていたのが中止になってしまったので、次に行くのはここと決めています。ドバイでは砂漠の中にポツンとあるリゾートに泊まったり、テントで寝泊まりをして、砂漠からのサンライズを見たい。トルコではモスクや市場をまわったり、エーゲ海に面したリゾート地に行きたいです。中東の異国感漂う雰囲気が大好きなので、コロナが収まったら早く行きたいですね。

タイ・バンコクのタラートロットファイ・ラチャダー

――最後に、これからの夢や目標を教えてください。

SAORI: 私みたいな生き方は特殊かもしれないけれど、退屈と感じていた普通の会社員だった私でもこうやって旅をして楽しく過ごしているので……。自分の好きなことをして生きていいんだということを多くの人に知ってもらうキッカケになりたいと思っています。多くの人にポジティブな影響を与えられる人になりたいです。それ以外に大きな夢はなくて、楽しく過ごせていたら十分です。2022年には、ビジネスクラスで世界一周をしようと思っていて、マイルを貯めているところです(笑)。

平日は激務の広告代理店で働く傍ら、週末で世界中を旅する「リーマントラベラー」。2016年、毎週末海外へ行き3か月で5大陸18か国を制覇し「働きながら世界一周」を達成。地球の歩き方から旅のプロに選ばれる。以降、TVや新聞、雑誌等のメディアにも多数出演。著書『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)、『休み方改革』(徳間書店)。YouTube公式チャンネルも大好評更新中。
リーマントラベラー