生理の"壁"~学校では教えてくれない性のトリセツ~

真船佳奈#13 もしも、女性特有の病気(卵巣嚢腫、多嚢胞性卵巣症候群)だったら~術後から復帰まで~

「ぼっち旅」シリーズや結婚式までの道のりを本人によるリアルタイムドキュメンタリー形式で追う「最高にマイペースな結婚をしよう!」でお馴染みのテレビ局員・真船佳奈さんの連載漫画コラムです。神格化や美化される一方、忌避されることも多い生理、そして性の“リアル”を描きます。昨年、卵巣嚢腫と多嚢胞性卵巣症候群を手術するために入院した真船さん。経験者ならではの視点で、女性特有の病気についてのルポをお届けします。今回は、術後から退院まで。術後のつらさは想像以上だったようで……。

●生理の"壁"~学校では教えてくれない性のトリセツ~#13

もしも、女性特有の病気(卵巣嚢腫、多嚢胞性卵巣症候群)だったら~術後から復帰まで~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年10月に私が体験した手術ルポをお届けしました。
手術後、生理はほぼ月に1回ペースで起こるようになりました。排卵も確認でき、基礎体温も割と安定してきています。

私は手術前は5日間しか休みを申請しなかったのですが、結果、手術からちょうど7日間休みをもらい、その後1週間は在宅勤務をしました、出社できたのは2週間後。

手術から2週間くらいは要注意期間です。
なるべく安静に過ごした方がいいと思います。
できれば、在宅勤務の人は1週間くらい、出社する人は2週間くらいはお休みをとった方がいいかも……というのがリアルな感想です。

というのも、手術後は熱が出たり、座っていると引きつった痛みがあったりしました。
個人差もあると思うので、復帰の日付はお医者さんと相談しながら決めることをお勧めします。

手術から1カ月で、通常通り筋トレをしたり、銭湯に行ったり……などができるようになります。
今では、手術してよかった!という気持ちが大きいです。
オンもオフも忙しいからこそ、これからも自分の体としっかり向き合いたいですね。

~後日談のオマケ~

※本コラムは著者の体験に基づき書かれています。病状や治療には個人差があります。

テレビ東京社員(現在BSテレ東 編成部出向中)。AD時代の経験談を『オンエアできない! 女ADまふねこ(23)、テレビ番組作ってます』(朝日新聞出版)にまとめ、2017年に漫画家デビュー。ツイッターアカウントは@mafune_kana
生理の“壁”