新章突入「未満警察 ミッドナイトランナー」中島健人&平野紫耀。エロくておバカなふたりがとにかくカワイイ

ダブル主演のSexy Zone中島健人、King & Prince平野紫耀がかわいいと話題のドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』。警察官を目指す警察学校の生徒、警察未満の2人が難事件に挑みます。今回は新章開始を前に、1~5話を振り返ります!
  • 記事末尾でコメント欄オープン中です!

Sexy Zone・中島健人、King & Prince・平野紫耀のダブル主演で話題のドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』。第6話より新章となる「逆襲篇」がスタートする。
誰に対する“逆襲”なのかなど、まだまだ謎は多いが、ひとまずそれまでに第1~5話をざっくりと振り返っておこう。

 

おバカ男子の青春警察ドラマ!

大学新卒で会社に入社したものの「警察官になる夢をあきらめきれなかった」ということで1ヶ月で退職した本間快(中島健人)。警察官を目指していた兄が1年前、警察学校に入学する直前に事故死したことで、その夢を受け継いで警察官を目指すことにした一ノ瀬次郎(平野紫耀)。警察学校に入学したばかりの“警察未満”なふたりが様々な事件に巻き込まれていくというのが本作のストーリー。

本間は、生真面目で意識高い系の知性派。一ノ瀬はピュアでド天然な肉体派。好対照なふたりが反発し合いながらも、お互いの個性を発揮して事件を解決する……みたいな組み合わせはバディ物の定番だが、本作で特徴的なのは、ふたりとも中途半端だということ。

意識高い系を自認する本間だが「先月からビーガンをはじめた」と言っていたわりに、しばらくしたら唐揚げをガツガツ食べていたり。一ノ瀬もスポーツ万能の肉体派ではあるものの、考えなしに突っ走るせいで、実戦になるとそこまで強いわけでもない。

そんなふたりの共通点は、バカ&スケベだ。
寮の窓から見える民家の湯上がり人妻をのぞいていたら(警察学校生がのぞきをするのはどうかと思うが)事件を目撃してしまったり、カワイコちゃんをナンパしようとしたら、その子が誘拐されてしまったり。ふたりのエロバカな行動が事件への導入になっているケースが多い。

ふたりのおバカっぷりとは対照的に、起こる事件はやたら殺伐としている。
電流を使って人を洗脳するサイコパス。誘拐&人身売買組織。SNS経由で自殺志願者をおびき出すシリアルキラー。汚職警官を巻き込んでの麻薬密売組織……。
入口はバカでスケベな理由ではあるが、持ち前の正義漢からガッツリ事件に関わっていくふたり。
とはいえ、まだ学生なので捜査権はない。事件解決に貢献したとしても、褒められるどころか、退学の危機に陥ってしまうのだ。そんなジレンマを抱きつつも、結局、被害者のために突っ走ってしまうふたりの姿にグッとくる。

ふたりを取り巻く大人たちも魅力的だ。
警察学校の教官・片野坂譲(伊勢谷友介)は、かつて優秀なプロファイラーだったようだが、“あの事件”が原因で現場から離れ、本来2年程度で現場に戻るところ、9年も教官を続けているワケありな過去を持っていそうな人物。
片野坂の同僚だった柳田晋平(原田泰造)は正義漢の強い刑事で、片野坂を現場に連れ戻し、いつか“あの事件”を解決したいと考えているようだ。
その他、ゲスト陣も、サイコパス・真木よう子。誘拐される上白石萌音。麻薬密売組織のボス・蓮佛美沙子……などなどやたらと豪華!
しかし、どうしても気になってしまうのが脚本のゆるさ。というのも本作は、韓国映画『ミッドナイトランナー』を原作としているのだ。

 

もう少し日本向けにしてもよかったんじゃ……

韓国版でも、警察大学校に入学したふたり組が事件に巻き込まれていくのだが、韓国の警察大学校は軍隊式訓練を取り入れた幹部候補正を養成する学校。日本の警察学校とはニュアンスが違うのに、そのままドラマ化している。
ドラマ中、やたらと軍隊っぽいノリで訓練をしているのも原作の影響だ。
中でも、日本版2~3話の誘拐&人身売買事件は、韓国版そのまんまの展開となっていたため(韓国版では誘拐&卵子密売という、さらに物騒な犯罪だったが)、舞台をムリヤリ日本に置き換えていたため、ちょっとおかしなことになっていた。

敵に捕らわれた本間&一ノ瀬が半裸で吊されていた際、身体に線を引かれていたが、あれは内臓売買用の切り取り線(怖い!)。内蔵売買もしていた韓国版だと意味が通じるのだが、人身売買(売春)を目的としていた日本版だとちょっと唐突だ。
夜中に敵のアジトから逃げたふたりが交番に駆け込んだ時も、なぜか次のシーンがいきなり朝になっていたが、あれは交番の警察官がテーザー銃を撃ってふたりを気絶させたから。
当然、日本の警察官はテーザー銃なんて撃たないので、突然朝まで時間が飛んで混乱させられた。

さらに、原作は単発の映画なので、学生の身分でありながら事件の捜査に顔を突っ込んだせいで退学になりそうになったものの、上司たちの尽力でなんとか退学は回避された……というところで終わっている。
日本版ではそれを連続ドラマに変更しているため、毎回毎回、規則を破って事件を捜査してるのになぜか退学にはならないという、「日本の警察、甘すぎるだろ!」という展開に。
日本であまり起こりそうもない物騒な事件ばかりだし、もう少し日本向けにローカライズしてもよかったのでは……と思ってしまう。

おバカキャラは平野紫耀のハマリ役!

このように、脚本や演出には若干難があるものの、それでも楽しく見られてしまうのは、中島健人&平野紫耀の魅力によるところが大きいだろう。
特に平野紫耀は、これまでルックスを活かしたクールな王子様的キャラを演じることが多かった。最近、バラエティ番組などでじょじょにおバカキャラであることがバレてきた結果、今回は心優しいエロバカ&熱血キャラ! 素の平野紫耀に近いキャラクターといえそうな一ノ瀬次郎役は、ものすごくハマッている。

警察学校の入校にあたって髪を切られる際に、「そのハサミ、消毒しました!?」と意識高く衛生面を気にする本間に対して、一ノ瀬は「散髪代、トクした~!」と大喜び。
食堂で「ソーセージ2個じゃ、ご飯があまっちゃうなぁ~」と落ち込んだかと思えば、「ビーガンだから肉は食べない……先月から」と語る本間からソーセージを奪い「ウマッ! 超ウマッ!」とご飯をむさぼり食う。
麻薬密売組織のボスになっていた幼なじみを自らの手で逮捕した時には、本間に「グーちょうだい」とおねだりして甘えていた……いちいちカワイイ
韓国映画版のふたりはもっと男臭い感じだったので、この点はだいぶ印象が違う、日本版ならではの魅力といえるだろう。

さて、次回からは新章突入。原作である韓国版のエピソードは使い切っているので、ここからオリジナルエピソードがどんどん投入されてくるはず。

韓国版のノリにとらわれず、ふたりの魅力を活かした展開を期待したい。

1975年群馬生まれ。各種面白記事でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうライター&イラストレーター。藤子・F・不二雄先生に憧れすぎています。