「私、仕事が大好きなんだよね」本音だけど本音じゃないワーママの日常

中古マンションのリノベーションサービスを展開する「リノべる」の広報担当者でふたりの娘の母でもある田形さんは、周囲から「パワフルなワ―ママ」と見られることに違和感を感じていた。仕事の育児の両立に悩みながら出した彼女がたどり着いた結論とはーー。広報活動の最前線で活躍する100社100名の担当者が集まる「若担会」のメンバーが、仕事や生活の現場でふと考えた日々の思いをつづります。

よく、周りの女性たちからこんなことを聞かれる。
「どうやって、育児と仕事を両立しているんですか?」
パワフルなワ―ママに見えているのかな、といぶかしく思いながら、多少の罪悪感と共に、努めて爽やかにこう答えている。
「私、仕事が大好きなんだよね。夫が私より料理上手だし、娘たちも手伝ってくれるし、助かってるんだ」
これは本音であり、本音ではない。

2019年4月、大手企業向けに「働き方改革関連法」が施行され、この4月には中小企業が新たに対象となる。働き方改革に対する企業の取り組み状況に関する調査では、働き方改革に取り組む企業は6割を超えているそうだ(帝国データバンク調べ)。

法案の効果はこれから期待したいところだが、実際、長女が保育園に通っていた12年前と今では、男性の育児参加率(という表現自体どうかと思うが)は上昇した。その頃、保育園のお迎えで会うパパはだいたい2人ほど。20年現在は、4割ほどがパパになった。

私の両親は、自営業で共働きだ。だから、母親が働くことは自然なことだったし、お店の従業員さんから頼られる母を、本当にカッコいいと思っている。地方から上京した私は、自分が好きなものを沢山の人に知ってほしいという思いから、PRのプロフェッショナルを目指した。仕事は本当に楽しくて、達成感も感じていた。ちょうどその時、夫と出会い、幸せなことに27歳で長女を授かった。今でも、本当に幸せな出来事だったと思っている。

でも、いつだって、隣の芝生は青く見える。産休育休を経て、仕事に復帰したが、初めての子育てに戸惑うと同時に、保育園からお迎えコールが鳴るたびに職場に迷惑をかけることも多くなった。熱が出た長女を保育園にお迎えに行き、夫が帰ってきたら看病を交代して会社に戻ったこともあった。長女が小学生の時には、鍵を持たずに学校に行き、私たちが帰るまで玄関の前で待っていた、なんてことも。そんな日々を過ごすうちに、「沢山のご迷惑をおかけしながら、働かせていただいて、いいのだろうか…」という気持ちが日に日に大きくなった。

娘に憧れられる母になりたい

仕事と育児の両立に悩み、転職が重なった。そんな中でも、多様な人たちとの出会いを通じて、本当に少しずつ、自分が描きたいと思えるキャリアが見え始めた時、次女を妊娠したことがわかった。

結局迷惑をかける可能性があるんだから、働いている時間は目一杯パフォーマンスを出そう、と吹っ切れた。仕事は私にとって、なりたい自分に近づくための手段でもある。全力でやらないと、自分自身が納得できない。そして、いつか、娘に憧れられる母になりたい。そのためにもっと努力したいと思った。

今でも、自分がやっていることはワガママなのかもしれない、と感じることはある。子育てと仕事を両立するようになって12年。夫も私の仕事好きを理解してくれ、お迎えや作り置きの料理で応援してくれる。娘たちも、お手伝いで協力してくれる。

私たち家族なりの「時短術」もでき始めた。例えば、小学校の宿題で毎日出る音読は帰路に娘に電話口でさせたり、習い事は通う必要のないオンライン英会話を活用したり。さらにこれは私と娘のWIN-WINな取り組みとして紹介したいのだけど、娘が欲しいものがある時に私が購入し、その代金は娘が夕食の用意をすることで返済できる制度を作った。例えば、1600円の本を買いたい場合には、一旦私が購入して本を与える。娘が1回夕食を作ると200円返済でき、8回で完済できる仕組みだ。

実際には、娘たちに寂しい思いや大変な思いをさせていることもあるだろう。でも、今やっていることが、みんなにとってプラスの未来に繋がると、強く信じている。
最近、長女からは少し呆れられながらこんなことを言われている。
「ママってさ、ほんと仕事好きだよね」

1986年に立ち上がり、30年以上の歴史を持ち、広報活動の最前線で活躍する100社100名の担当者が集まる「広報担当者による、広報担当者のための会」です。広報パーソンとしてのスキルアップ、活きた情報の収集、会員相互間およびマスコミ関係者との人的ネットワークの形成を目的に、日々切磋琢磨しています。
若手広報担当者のつぶやき

Pick Up

ピックアップ