Presented by ワコール

コンプレックスは愛

作家・LiLyさん「外見的コンプレックスは、誰にも言わずに墓まで持っていけ」

世間の「こうあるべき」にとらわれず、前を向きつつ不完全なところも人間らしくてむしろ好き。「コンプレックスって、愛すべきもの」というメッセージを伝えたいという思いで始まった本特集「コンプレックスは愛」。 今回登場するのは、作家のLiLyさん(37)。恋する女性の強さや優しさ、切なくもリアルな本音を描いて絶大な支持を得るLiLyさんから届けられた、コンプレックスに悩む女性たちへのエールとは――。

●コンプレックスは愛

コンプレックス由来の逆転ホームランがある

たとえば、胸が小さいことが最大のコンプレックスだった女の子がいるとする。彼女は大人になり、誰にも言わずに豊胸手術をしてグラビアアイドルを志す。本人もビックリするほどの大ブレイクを果たした数年後、絶妙なタイミングで彼女はカミングアウトする。

「昔は、大きな胸がコンプレックスだったんです……」。
そ、そんな……。

伝わるだろうか?一人の女性が、豊かな胸と好感度のダブルゲットに大成功した瞬間の凄まじさ(笑)。
ウソは嫌いだが、このような女性を私は全く嫌いになれない。そのサバイバル能力の高さを逆にリスペクトするからだ。

最大の悩みだったからこそ、おっぱいについて人の百倍考えすぎたために、おっぱいで人の百倍成功した女の子。この物語は、コンプレックス由来の逆転ホームランの最たる例とすら言える。
美容整形については肯定も否定もしないが、自分自身を幸せへと導く人生のサバイバーは、いつだって尊敬に値する。

外見的コンプレックスとは、本来は誰にも言えないことであるはずなのだ。公言することで、その箇所がピンポイントで人々の注目を集めてしまうから。
「昔はここが嫌いだった」と過去形で外見のコンプレックスについて公言する著名人に関しては、自分のコンプレックスランキングの下から四番目くらいのものを言っていることに、一秒でも早く気づいて欲しい。
「人の視線を自分のどの部分に向けるか」の計算が自然とできなければ、著名と呼ばれる枠までそもそも自分を持っていくことなど不可能だから。
ショービジネスに身を置かない女の子たちにとっても、その手の賢さは、時にはとてもシビアな「女人生」を上手に歩くためにとても有効。
クロウトのやり方の「裏」を読み取ることなくそのまま真似して、自ら損をしにいくシロウトの女の子たちに私は伝えたい。

外見的コンプレックスは、誰にも言わずに墓まで持っていけ。
逆に、内面的コンプレックスは勇気を出して口にだしていこ。

多くの人は意外と、自分の内面的コンプレックスに対して無自覚である。最大のソレを自分自身で見極めていること。それを公言すること。その二つだけで、人の「印象美」はグンと上がる。
何故なら、内面的コンプレックスから導き出される他人に対する感情は「いいなぁ」なんて可愛いものではないからだ。

最大の内面的コンプレックスこそ公言すべき

あなたが最も「イラッ」とするポイント。そこに最大の内面的コンプレックスが隠されている。
たとえば私の場合、「食育」という言葉を聞くと死にそうになる。……。才色兼備ママが育児について語るインタビューなどで、「何を食べるか、がそのヒトを作ると思うんです」などという発言を読むだけで、キレそうになる。……。
したたかであざとい小娘の大ウソには寛容なのに、なぜ私は子供に栄養を与える素晴らしい女性に対して嫌悪感を抱くのだ。
他者への苛立ちを生むのは、いつだって自分の圧倒的な自信のなさ。内面的なコンプレックスをピンポイントで刺激されると、自分が今後生きていく希望を奪われるために反射的に死にそうになる。死ぬわけにはいかないので、本能的に逆ギレしている自分と出会う(笑)。

そう。人間的な魅力と対極にある、他者への逆恨みってやつだ。

———ここを自覚せずに、イライラしっぱなしの精神状態を放置するとどうなるか。まぁ、SNSはどんどん攻撃的になり次第に人相も変わってくるだろう。だから、私は心がけている。
「ごめんなさい。私は料理が本当に苦手なので、料理と育児を素晴らしいフュージョンで結びつけているお母さまがたを見ると、勝手に責められているように感じてしまいます。被害妄想です。気になさらないでください」。
素敵な女性に苛立った次の瞬間には、心の中で謝罪することに決めている(必死……)。そして、こうしてその心理そのままを公の場で書くのだ。

完璧から程遠い女の素の姿は、同性である女からの安心と好感を得る。同性の味方を作ることは、損か得か。はい、答えは明確。
したたか?そうかな?内面の素直さは、他者以上に自分自身を生きやすくしてくれる。コンプレックスすら逆手にとって、自分を生きやすい方向へと導くことができるか否か。そこに、人間としてのサバイバル能力が試される。

男性には体力ではどうしても負けてしまうからこそ、私たちはこの世をより賢く生きていこう。あなたの幸せは、他の誰でもなく、あなたの手にかかっている。
すべての女性に、幸あれ!

続きの記事<高橋メアリージュンさん「心の持ちようだけで、大きく変わる」>はこちら

●LiLyさんプロフィール
作家 37歳、横浜生まれ。NY.、フロリダでの海外生活を経て上智大学卒。25歳の時にエッセイ『おとこのつうしんぼ』(講談社)でデビュー後、著書多数。現在「VERY」「オトナミューズ」「número tokyo」などで連載。東京在住。小3男児、小1女児の母。
Instagram: @lilylilylilycom

フォトグラファー。北海道中標津出身。自身の作品を制作しながら映画スチール、雑誌、書籍、ブランドルックブック、オウンドメディア、広告など幅広く活動中。
コンプレックスは愛