SNSで人気急上昇中の「花のドレス」。どんなふうにして作られているの?

Instagram, Twitterなどでイラストと花びら、花言葉を組み合わせたアート作品を発表し、多くの人を魅了している葉菜桜花子(ハナサクラ・ハナコ)さん。今年7月には、初の著書となる『季節を彩る「はな言葉」―花のドレスと花言葉109―』を出版。今回紹介するのは、同書でも掲載された中から人気の作品。制作の様子をtelling,のために特別に撮影してもらいました。秋にぴったりのドレスとともに、葉菜桜さんの世界をお楽しみください!

――なぜ、花びらとイラストを組み合わせた作品を作ろうと思ったのですか?

花がもともと好きで、自分で育てることもあります。元気な花は自然な姿のままで鑑賞するか、花器に生けて楽しむのが好きです。でも花は生き物。その美しさを保ち続けることはできません。でも、枯れたり散ったりした花たちをもう一度美しく輝かせたい。そんな思いで、この作品をつくり始めました。

オレンジ色の鮮やかなバラの花びら。今にも動き出しそうな生き生きとした表情。
紅葉の葉が赤くなっていくのと同時に、秋は深まりっていくもの。葉っぱたちが、まるで花びらのように可憐です。

――どうやって、それぞれのドレスのテーマやデザインを決めているのですか?

その花を見た時の印象、花言葉で決めています。どんな意味合いを持つのか、どんな衣装に仕立てられたら女性もドレスも生き生きと輝くのか、女性はどんな心境なのかを考えてつくっています。

今回、どのように制作するのか動画におさめていただきました。1つの作品をつくるのにかかる時間は1時間程度。ドレスの質感の出し方はもちろん、女性の髪飾りや、手にもつ花束などのディテールが仕上がっていく様は、見ていて思わずうなってしまいます……。

 

秋を象徴する菊。仏花のイメージをまったく覆すこの可憐さ!
鮮やかな紫色の花びら。高貴で大人な紫と、弾むような美しさのイラストのバランスが絶妙です。

 葉菜桜さんは、ほぼ毎日twitter Instagramに作品をアップしています。気になる方は、下記アカウントもチェックしてみてくださいね。

続きの記事<SNSで人気の「花のドレス」。どんなふうにして作られているの?【冬編】>はこちら

季節を彩る「はな言葉」‐花のドレスと花言葉109-

季節を彩る「はな言葉」‐花のドレスと花言葉109-
著者:葉菜桜花子
出版社:扶桑社

未婚、既婚、子どもの有無、転職や独立の経験者。恋好き、旅好き、おいしいもの好き(缶チューハイ含む)。さまざまなstoryを持つ「telling,」編集部メンバー。