フランス流 捨てない片づけ

Ziploc×BEAMS COUTURE 「動く収納」考えてみた

telling,では、人気のイラストレーター米澤よう子さんが著書『フランス流 捨てない片づけ』(小学館)をもとに、ユニークな片づけ術をご紹介しました。自宅では通勤バッグを「動く収納」として、何でもいれよう!の提案には、目から鱗がぽろぽろ。そんなところへ「動く収納」とは、これまさに! な、Ziploc×BEAMS COUTUREのコラボ商品がでたということ! この商品を使った「動く収納」を考えてみたいと思います。

●フランス流 捨てない片づけ

Ziploc×BEAMS COUTURE 「動く収納」考えてみた

  • 米澤さんが提案する「動く収納」とは
  • “外出時の必需品がつまっている通勤バッグ。
    通勤着から部屋着に着替えても、バッグは体のそばに置いてみてください。 帰宅時には、ポストから出した郵便物や夕刊、おうちのみで使うリモコンやティッシュも一時「収納」してみましょう。疲れて帰って、テーブルに無造作に置いていたそれらが視界から消えるだけで、お部屋もすっきり見えるはず。“

 Ziploc×BEAMS COUTUREがコラボして、バッグやリュックサック、エプロン、サンバイザーをつくりました。む? 衣料品に密封性って必要? 確かにそう思いますよね。
そこで、Webムービー「BEAMS テレビショッピング」では、朝ドラ「半分、青い」の永野芽郁さんと松尾諭さんがコミカルに、グッズの使い方を紹介しています。

 例えば、バッグについては「水を入れて運ぶことができる!」、エプロンについては「ポケットにおにぎりをいれると、料理しながらおにぎりを食べられます!」とご紹介。さらに、ポシェットについては「浅漬けをつくることもできるよ」と説明しています。

 全然共感できないけど!!! ということで、telling,では、「動く収納」としてもっと使いやすい方法を考えてみました。

 例えばスーパーに買い物に行ってきたら、そのまま冷蔵庫につっこむこともできるかも。これなら忙しいtelling,女子にもぴったり。さらに、収納が苦手なあなた。引き出しあけたら、じゃらじゃら小銭が出てくるあなた。リュックの中にリップクリーム3本あるあなた。小分けがたくさんついたバッグまたはエプロンなら、そのお悩みは解決できます。

 このコラボシリーズについて「動く収納」の本家(!)米澤よう子さんは、「バッグ内のモノ分類に使いたい!」とのこと。

「水玉プリントの『ファスナーポーチ』で色別にすれば一目瞭然。黄 = デイリーに必要なリップやハンドクリーム、サプリなど。ピンク = ウイークリーで使うポイントカードなど。サックス = マンスリーのサニタリーグッズ、ネイルケアグッズなど。『見える化』すればささっと出せて、ストレスなし。見た目もポップで楽しいですよね!」

 なるほど。バッグ自体が透明で丸見えだから、中身のお片づけもクリアにしないと!ですよね。 それを、日・週・月ごとの分類にするとは……またもや目ウロコです。
 みなさんも、Ziploc×BEAMS COUTUREの効果的な使い方を考えてみませんか。お値段は永野さんもびっくり沈黙のこちら!

傘 9,200円/トートバッグ 11,000円/リュックサック 13,000円/ウエストポーチ 8,800円/キャップ 9,000円/ファスナーポーチ 各1,200円/サコッシュ 各1,800円/エプロン 10,000円/サンバイザー 8,400円(すべて税別)

●これならできる!片づけたくなる!すてきなイラスト満載の、米澤さんの著書 

フランス流 捨てない片づけ: ちょっとした整えグセで部屋は見違える!

フランス流 捨てない片づけ: ちょっとした整えグセで部屋は見違える!
米澤 よう子 (著)
出版社: 小学館 (2018/2/28)

●米澤よう子さん

 東京都生まれ。グラフィックデザイナーとして広告制作会社に勤務後、イラストレーターとして独立。化粧品パッケージや広告キャンペーン、女性ファッション誌、CMなどで活躍。2004年から4年間はパリを拠点に移し、高級百貨店Le Bon Marché(ボン マルシェ)での個展開催など多彩な活動を行う。現在はパリ在住の経験を生かした著書、商品企画、フレンチブランドとのコラボレーションなど、さらに活動の幅を広げている。著書に『パリ流おしゃれアレンジ!』シリーズ(KADOKAWA)、『パリジェンヌ流シンプル食ライフ』『ねことパリジェンヌに学ぶリラックスシックな生き方』(文藝春秋)など多数。

http://www.paniette.com/

https://www.instagram.com/yoko_yonezawa/

20~30代の女性の多様な生き方、価値観を伝え、これからの生き方をともに考えるメディアを目指しています。

Pick Up

ピックアップ