梅雨時のおしゃれはやっぱり足元から。気分が上がるレインブーツ

ちょっと気分が下がり気味になってしまう雨の日。そんな日にも楽しめるレインシューズをご紹介。

●PeLuLu×telling,

 梅雨の時期って、とにかく憂鬱。天気予報もとりあえず傘持っていきましょう! な日々が続いて、なんだかおしゃれも楽しくない。でも、それはもったいない! おしゃれ上級者を目指すのであれば、雨の日だからこそのおしゃれを楽しむ余裕がほしいところ。今回は急に晴れても大丈夫な優秀レイングッズをご紹介。

梅雨時のおしゃれも足元から。 定番「AIGLE」のレインブーツ

180613梅雨時のおしゃれ_01

 こちらのブーツは雨の日だけでなく晴れの日も楽しめるようにとデザインされた一足。レザーブーツのように細かいディテールが施され、特徴的なダブルストラップでエッジの効いたスタイルが完成。ブーツの雰囲気に合わせたロックテイストな服や、あえてロマンチックなワーンピースに合わせるのも◎。

 防水性・耐久性はもちろんのこと、長時間歩いても疲れにくい「AIGLE」のレインブーツ。それもそのはず、上質な天然ゴムでフランスの職人さんがハンドメイドしているのです。職人さんの手によって作られたと思うだけで、履いているときに特別感もアップします。

「AIGLE」のレインブーツの記事はこちらから

北欧デザインの「イルセヤコブセン」のレインブーツ

180613梅雨時のおしゃれ_02

 履き心地の良さを追求して作られた「ILSE JACOBSEN」(イルセヤコブセン)のレインブーツ。北欧ブランドというだけあって、スタイリッシュなデザイン性とプロダクト機能を兼ね備えている。

 ナチュラルラバー製なので柔らかく、また疲れにくい履き心地。独自開発された靴底は軽くて、すり減りにくくて、断熱性あり。また、ブーツの内側にはフェルト状のコットンビスコースが施され、夏は蒸れにくく冬は暖かい。

 おしゃれで、機能的で、雨の日だけじゃなく、夏も冬も使えるブーツ。そんなのあるの?! と言いたくなりますが、あるんですよ。

「イルセヤコブセン」のレインブーツの記事はこちら

雨の日でも履ける「Repetto」のバレエシューズ

180613梅雨時のおしゃれ_03

 可憐で、あわせやすく、履きやすい「Repetto」のバレエシューズ。1足買えば、また別のカラーも……とおしゃれな女性を虜にするアイテムです。お気に入りで大切だからこそ雨の日は履かずに、となってしまうのですが、やっぱり雨の日も履きたいというリクエストにこたえたのがこちらのシューズ。

 「Repetto」の“サンドリオン”シリーズのデザインそのままに、雨の日にも履けるビニル素材で仕上げられた実用的な一足、「サンドリオン ベイビー」です!

 取り外し可能なインソールや、滑りにくく加工されたアウトソールなど機能性も嬉しいですね。

「Repetto」のレインシューズの記事はこちら

 いかがでしたか?1足もっていると雨が降っても「今日はレインシューズ履けるぞ!」なんて前向きな気分になり、おしゃれの幅もグッと広がりますよ。

ペルルは、お洒落に敏感な大人の女性に向けて、こだわりのある「モノとコト」を軸に「ナチュラル系ライフスタイル」と「ハイカジュアルファッション」情報をピックアップして紹介するメディアです。
未婚、既婚、子どもの有無、転職や独立の経験者。恋好き、旅好き、おいしいもの好き(缶チューハイ含む)。さまざまなstoryを持つ「telling,」編集部メンバー。

Related Story

関連ストーリー