男運が悪い私の前に、彼は突如現れた。‬

恋とは、突然「落ちる」もの。どこから落ちても、彼だったら、その大きな手でサッと抱えて救ってくれるはず……。“規格外”の包容力を持っていそうな彼に会いに、劇場に行く日が待ち遠しいのです。

男運が悪い私の前に、彼は突如現れた

 最近、男運が悪い。

 いや、最近に限らず、人生のほとんどは男運が悪い。

 付き合った彼氏はだいたいダメになる。最初は完璧なのだ。教養に裏打ちされた知性、そこはかとない憂いの表情、声の低さ、ごつごつした手、切れ長でちょっと冷たそうな目、笑い方・・・・・・。惚れっぽい私は、出会うと30分くらいで目の前の男性の素敵なところを見つけ、恋におちる。実際に付き合うかどうかは置いておいて、目がハートマークになってドキドキしている。

 でも、たいていの場合は、うまくいかない。

 「おまえのすべてを知りたい」(という名目でスマホを全部見られる)
 「不眠症の俺と一緒に眠剤(睡眠導入薬)飲んで隣で眠って」(会社に行けない)
 「パチンコ行きたいからお金貸して」(5000円札を渡してお別れ)
 「俺、仕事辞めて自分の道を探すために大学入り直すよ」(既に彼は33歳)

 これは恋の終わりのほんの一部。男を見る目――西原理恵子さんのいう「スカウター」がぶち切れているようだということはさすがに自覚している。それでも本人は毎回、真剣に恋をしているので終わりは傷つく。だから最近は、自分の身を守るためにも恋は一休みして、おとなしく仕事に邁進していた。

運命の男、現る――

 そんな私が、運命の男に出会った。

 611日、六本木ミッドタウンの「スター・ウォーズ」の記者会見イベントで。

 彼は身長が223センチもある。大きい。彼は長髪で謎のバッグを肩からかけている。寡黙だが、ユーモアに富んだ雰囲気で、頭を左右にちょっと動かし、集まった大勢の人を見回していた。

 包容力のある人はいろんな意味で「大きい」。そんな予感は、しばらく前からあったのだ。

 英語の家庭教師、アダムはアイルランド生まれ、205センチ。私の息子に、毎週家まで英語を教えに来てくれている。彼は、玄関のドアもリビングのドアも、身を屈めて入ってくる。たまに、頭をぶつけている。その様子がとてもかわいい。
 帰り際に私に親愛のハグをしてくれるときは、まるで生きたエアウィーブのような抱擁力がある。仕事の帰りが遅くて入れ違いのときも、私の体を気遣う置き手紙を残しておいてくれたり、息子が英語をたどたどしく読む様子をビデオに撮ってLINEで送ってくれたりする。これぞ包容力。でも、彼は妻子持ちなので、私は恋に落ちない。

 すべてを包み込む、圧倒的な大きさ…

 そんな私の前に現れた新しいヒーロー、チューバッカ。

 すべてを包み込む圧倒的な大きさ。

 ビデオは、会見中のチューバッカ。思わず、撮ってしまった。「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の来日記者会見に登場した彼は、圧倒的な存在感を放っていた。映画では会っていたけれど、スクリーンを介していたときは、「会っている」うちに入らなかった。こんなに大きくて圧倒的なのか。

ハンソロ__809x607_02.jpg
“若きハン・ソロ”の冒険と成長を描いた「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の来日会見。左からチューバッカ(190)、主演のオールデン・エアエンライク(28)、ロン・ハワード監督(63)

 ロン・ハワード監督が故・黒澤明監督とのエピソードを語ったり、主役のハン・ソロを演じたオールデンが初来日で食べたおいしいトマト(なぜトマト?)の話をしたり、サプライズゲストで市川海老蔵さんが登場して「映画を娘や息子と見に行きたい」と語ったりと、会見はつつがなく進んでいくが、私の目はずっとチューバッカに釘付けだった。

ハンソロ__809x607_05.jpg
ハンソロ__809x607_04.jpg

 私は必死に、会見で配られた資料とスマホでチューバッカを改めてリサーチする。シリーズ屈指の人気を誇る愛すべき悪党、ハン・ソロの生涯の相棒。愛称、チューイ。森林惑星キャッシーク出身のウーキー族で、身長は230センチ。年齢は190歳。演じているのは213センチのフィンランド人、ヨーナス・スオタモ。大きい。

 映画でもステージでも、「ウォォォォン」「ヴオオオオ」ばっかりで、私にはよくわからない。でも、言葉なんて関係ない。人間かどうかも、この際どうでもいい。

 余計なことは言わない。でも、いろんなことを乗り越えて絶対的な信頼関係を築いて、いつもそばにいてくれるんだろう。包容力のかたまりとして存在している。

ハンソロ__809x607_03.jpg
さりげない気遣い…
ハンソロ__809x607_01.jpg
優しいまなざし…

 そんなパートナー・チューイとともに生きるハン・ソロが心底うらやましい。2人の友情が描かれた映画、「ハン・ソロ」。正直、これまでスター・ウォーズファンではなかったけれど、そんなことはどうでもいい。私は恋に落ちたから。

 629日の公開初日に、私はきっと、劇場に会いに行く。

ハンソロ__809x607_07.jpg
  • ●『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
    6月29日(金)全国公開 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
    (C)2018 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved

telling,編集長。鹿児島県出身、2005年朝日新聞社入社。週刊朝日記者/編集者を経て、デジタル本部、新規事業部門「メディアラボ」など。外部Webメディアでの執筆多数。
未婚、既婚、子どもの有無、転職や独立の経験者。恋好き、旅好き、おいしいもの好き(缶チューハイ含む)。さまざまなstoryを持つ「telling,」編集部メンバー。