パントビスコさんが個展開催! ”本当にくだらない”中身って?

パントビスコの世界に浸れる個展。パルコミュージアムを覗いてみては?

「自信は自分映えのスパイス」「キラキラ自慢のSNSに疲れてる」など、サクッと刺さる言葉と味のあるイラストが人気のクリエイター・パントビスコさん。telling,での連載「21じのひとりごと」が更新される毎週土曜日を楽しみにしている人も多いのでは。

 そんなパントビスコさんが、個展「パントビスコの本当にくだらない個展」を東京・池袋PARCOで開催します。期間は2018年6月8日(金)~6月24日(日)の約2週間。

 個展では、過去6000点にものぼるイラストから厳選した作品展示をはじめ、オブジェ、ムービー、フォト、ミュージックが登場し、「パントビスコさん」の世界が存分に味わえる予感。話題のオンナバンド「CHAI」さんとコラボしたミュージックビデオ(MV)の上映やこれまで制作してきた未発表イラストの展示、ベールにつつまれたプライベートの一部も公開されるとあって、今から開催が待ち遠しい!

 第1エリアでは、パントビスコさんの頭の中を物体化させた「粗末な博物館」「インスタ映え映え映えフォトスポット」が。さらに、CHAIとのコラボMVを上映するブース「パントビスコ映画館」も登場。どんな作品に仕上がったのか気になるところ。

 第2エリアは、パントビスコさんがこれまでに手がけてきたたくさんの人気キャラクターとイラストを展示。代表作「カオス絵日記」の先生の謎が明かされる「先生の部屋(R-15)」や、「校長絶好調!ワチゴナ俳句」など、じわじわくる作品のおもしろさが存分に味わえそう

「言葉遊び」をコンセプトにおいたという「ヘチタケシリーズ」。かわいい顔してシュールなツッコミをする「ぺちろ」「にんにん」に、思わず「あるある!」とつぶやいてしまうことも
「え、ちょっと待って。今の一言聞き流せないんだけど……」と言いたくなってしまう「友達の彼氏」。誰かとおもしろさをシェアしたくなる作品がいっぱいです
パントビスコさんと「先生」とのやりとりが突き刺さる「カオス日記」。「先生」の返事も、このお守り並みに、毎回だいぶ攻めてます! 時々先生不在の時にコッソリ返事を書いちゃう「校長」の存在も見逃せません

 フォトを中心とした第3エリアでは、宝島社「VOW」との面白写真企画があったり、インスタグラムの機能を使ったて新しいアート「パントエモジ」の展示があります。フォロワー数320万人超の人気インスタグラマーでもある、パントビスコさんの魅力が存分に味わえそうです。

 会場内では、6月8日に出版予定の3冊目の新著書『ぺろちの本』(パルコ出版)を特典付きで購入できるチャンス。各種新作グッズや直筆画の販売も販売予定しているので、こちらも見逃せません。

 さらに、池袋PARCO本館6F「カフェ・アドレス」では、期間限定で「パントビスココラボカフェ!」がオープン。個展でパントビスコワールドにどっぷりつかった後は、カフェでも“一風変わった”メニューを味わってみては?

「パントビスコの本当にくだらない個展」
期間:2018年6月8日(金)~6月24日(日)
場所:パルコミュージアム 池袋PARCO 本館7F
住所:東京都豊島区南池袋1-28-2
TEL:03-5391-8000
時間:10時~21時(入場は閉場30分前まで)
入場料:一般¥500、学生400円、小学生以下無料
パントビスコさんの連載「21じのひとりごと」を読む

明治大学サービス創新研究所客員研究員。ミリオネアとの偶然の出会いをキッカケに、お金と時間、行動について真剣に考え直すことに。オンライン学習講座Schooにて『文章アレルギーのあなたに贈るライティングテクニック』講座を開講中。

Pick Up

ピックアップ