友達の人生は順調に見えて「私の人生こっちでよかったのかなって気持ちに」婚活女性の座談会(後編)

厚生労働省の調査によると、2020年の婚姻数は前年から7万組減の戦後最少の52万組。いま、婚活している女性たちの思いを知るためにtelling,編集部は、大手街コンポータルサイト「machicon JAPAN(街コンジャパン)」を運営している「リンクバル」とオンライン座談会を開催。街コンジャパンに登録している20代後半の女性3人に、婚活で感じる苦労や周囲から受けるプレッシャーなどについて語ってもらいました。 ※写真はイメージです。

アプリの出会い「人柄が分からず不安」

――皆さんは出会いの場に足を運んでおられます。婚活に難しさを感じたことはありますか?

営業バリ美(26歳): 婚活で出会う人って、どんな人か全く分からないし、価値観も全然違う自分のタイプの人にも、なかなか出会えない。私は半年~1年くらいの時間をかけて相手をよく知った後に付き合いたいので、出会いの場をきっかけに恋人をつくるのは本当に難しい。3回食事した人と付き合ったこともありますが、1カ月で別れました。相手の人間性をよく知らないから、興味が持てないんですよね。

名字フェチ奈(28歳): 職場恋愛がよさそうですね。

営業: 実は私、社内恋愛がしたくて今の会社に入ったんです。イケメン営業が多いと言われてるので、期待してました(笑)。でも昨年2月にいざ転職したら、とたんにリモートになっちゃって。今後もずっと出社しないので、社内恋愛ができる環境じゃないんです。

アニメ好き子(26歳): 人柄が分からないっていうのは共感します。自然な出会いなら“自分のセンサー”に引っかかる人がいるけど、アプリの場合は「この人、よさそう」と思っても、会ってみると全然違うことが多いんですよね。本当に独身なのか、信頼できる人なのか、といったことが分からないのも心配です。会社の先輩で、既婚者なのにアプリをやってる人もいる。認証をしっかりやってるアプリでなければ、何もかもが噓っていう可能性もありますし。

営業: アプリで出会って付き合ったことはありますか?

アニメ: ないですね。私は結構惚れっぽいタイプなんですが、「どうしてもまた会いたい」って人にはなかなか出会えないです。
「この人と結婚したら悪くない人生かも」って思える人もいるんですけど、「手をつなぎたくないな」とか。お会計もスマートだし、顔も悪くない、紳士だけど……なんかなぁ、みたいな(笑)。多分お互いに素を隠してるので「いい人どまり」になっちゃって、発展しないのかも。
それに不快な人もいますよね。友達はアプリで会った人に「最近いつ、そういうことしたの?」って性的なことを聞かれたらしくて……気持ち悪いですよね。

営業: マッチングアプリ、多いですよね。ヤリモク(体目当て)。

アニメ: あるアプリを使った時は、最初のメッセージで「(性的なことを)やろう」って言ってくる人もいました。「ふざけんな」って返したらブロックされましたが。

営業、名字: (うなずく)あるある。

名字: 会うまでのメッセージのやりとりでは優しくても、実際クズって多いですよね。ずっと昔、「泊まっても何もしないよ」って言葉を信じてしまうくらいピュアだった時に、出会いの場で知り合った男性と食事した後、家に行ったら体の関係を求められたことがあって。拒否したら、「奢ってやったのに!」ってキレられました(笑)。「だったら金払うわ」って、3000円置いて帰りましたね。
アニメ好き子さんも言っていたように、アプリは自然な出会いと違うとも感じます。職場や日常での出会いなら「ベースのポイント」があって、プラスされたり、マイナスされたりする。でも婚活の場だと、お互いに最初をよく見せようとするから、どうしても減点方式になってしまう
マッチングアプリで出会って付き合ったのに、相手がアプリから退会してなかったこともありました。それで揉めて……こういう出会いならではだと思います。

アニメ: 婚約破棄した元彼とは、アプリで知り合ったと言ってましたが、他の男性と何が違ったんですか?

名字: 彼の友達と仲良くなれたんですよね。友達を交えて遊びに行くこともありました。彼が他の人にどんなふうに接するのか知れて、よかったですね。「信用できる人なんだ」と思いました。

営業: やっぱり彼の周りの人に会えるのは、「この人に認めてもらえた」とか「遊びじゃないんだな」って感じがして、信頼度が上がりますよね。

「婚活もういいや」って気持ちになることも

――婚活の場で出会った人を信頼するのって難しいですよね。うまくいったり、いかなかったりで、気分が浮き沈みすることはありますか?

アニメ: いままさに、沈んでます。昨年末、合コンで出会って「いいな」って思える男性が2人いたんですけど、結局両方への気持ちが冷めてしまって。結構いい人だったのに、「この人でも私、好きになれないんだ」って思うと、気分が落ち込んでしまいました
アプリで彼氏ができた友達の話を聞いた時とか、合コンで色んな男性と話せる時なんかはモチベーションも上がるんですけどね。

営業: 出会った男性に対して「なかなか好きにならないな」とか「タイプじゃないな」と思って気分が下がること、私もあります。逆に「いいな」と思っていた人がマルチ商法の勧誘だったり、遊び目的だったりしたことも。そうなると「婚活もういいや」って気持ちになっちゃいますね。
でも、クリスマスとか花火大会、誕生日といったイベントが見えてくると、それに向けて彼氏つくろうかなって気持ちになって、モチベーションが上がる感じです。

名字: 私はモチベーションが上がってる時は、時間さえあれば昼と夜の街コンをハシゴして、アプリの男性に会って……みたいな感じ。でも男性と会い過ぎてると、ふと「あれ、私何してるんだろう」って思う瞬間があって
街コンでは、“その場にいる人の中で一番いい人を決めるゲーム”みたいな感覚になってしまうこともあります。連絡先を交換して後日ご飯に行くと、「あの時あの場で一番だっただけだな」って思っちゃったり……。出会いの場にたくさん行っていると、「もっといい人いるんじゃないか」って考えちゃいますね。よくないです。

「“若いうちに結婚したほうがいい”は、納得いかない」

――なかなかうまくいかない中、「彼氏いないの?」や「結婚しないの?」など、友達や両親などからプレッシャーをかけられていると感じることは?

営業: 興味本位で近況を聞いてくる友達はいるけど、プレッシャーを感じるようなことはないです。
ただ、マウントを取られることはありますね。同い年で、大学の時から付き合ってる彼氏がいる友達が、「そろそろ彼氏つくれば?」ってすごい言ってくるんですよ。ずっと彼氏いるから上に立っている気分なのか分かりませんが……。私からしたら、「そろそろ結婚すれば?」「なんでダラダラ付き合ってるの?」って感じ。「お前に言われる筋合いない」って心から思っているので、イライラせずには済んでます(笑)。

アニメ: 私も、親や友達から言われることはないですね。仲良い友達は私と似てる子が多くて、みんな彼氏がいないので「老後1人だったら一緒に住んじゃう?」って話してるくらい(笑)。嫌な気持ちになるから、お互いにプレッシャーになるようなことは言わないです。
ただ、会社の同期から「いい奴だから早く幸せになってほしいよ」って言われた時には、「幸せになってほしいなら、男3人連れてきてから言ってよ」って思いましたね(笑)。

名字: 私の場合は婚約破棄したばかりなので、親に言われるようなことはないですね。仲良い友達も結婚してる人が少ないので。ただ、そんなに仲良くないけど結婚式に呼んでくれるくらいの友達が最近、結婚ラッシュで。行くと自滅しますよね(笑)。
同い年の友達が2人目の子ども産んだり、年下のいとこが結婚したりとかを聞くと、焦ります。気をつかわれている感じもつらい。「お前も早く結婚しろよ」って直接言われたほうがいいのに。
自分の時間を謳歌していると考えれば、私も自分の人生をポジティブに捉えることもできるけど「結婚して子どもがいてもおかしくない年齢なのに、私の人生はこっちでよかったのかな」って気持ちになる。過去に戻れないからどうしようもないんですけどね……。

アニメ: 人と比べちゃうこと、私もあります。私はオタクなので、アニメや俳優さんのグッズが売ってるお店に通う「オタ活」をしていて。一方で同級生は結婚したり、子どもを産んでたりして人生が順調に進んでる気がする。それを見て「やべぇ~」って思うんですけど、「まあ楽しいからいっか」って思う自分もいる。あんまり悲観的にならないようにしてますね。彼氏いない友達が多くて居心地がいいから、っていうのが大きいかもしれません。

営業: 私は、周りと比べることはないですね。
19歳の時に8歳上の彼氏がいて、21歳の時には結婚の話も出てたんです。私は「これから仕事を頑張ろう」っていう時期で、彼はフリーター。「人生何とかなる」と思ってる人で、嫌だなと思って別れました。私は自分も相手もしっかりしてないと結婚したいと思えないんです。だから「若いうちに結婚したほうがいいよ」とか「早いほうが幸せだよ」って言葉は全然、納得できないです。

●取材協力:株式会社リンクバル
大手街コンポータルサイト「machicon JAPAN(街コンジャパン)」やマッチングアプリ「CoupLink(カップリンク)」、オンライン結婚相談所「マリッジスタイル」などを展開している。

1989年、東京生まれ。不登校・高校中退から高卒認定を取得し大学へ。新聞の記者・編集者を経て、2020年3月からtelling,編集部。好きなものは花、猫、美容、散歩、ランニング、料理。
婚活をナナメから