きらいだったピンクを好きになったのは、自分が強くなったから。