綾野剛×藤井道人『アバランチ』7話。大山(渡部篤郎)の罠に絶体絶命!アバランチを救ってくれそうな4人を考察

綾野剛主演『アバランチ』。公安時代の上司・戸倉(手塚とおる)と対面した羽生(綾野剛)。だが何者かの銃弾が戸倉の胸を撃ち抜いた。官房副長官・大山(渡部篤郎)は、この事件をアバランチの犯罪とし、さらなる凶行を匂わせるようなフェイク動画を配信する。動画の最後には1129の文字。11月29日、大山の策略がアバランチを破滅させようとしている! 山守(木村佳乃)たちは、その裏をかくべく行動を開始するが、大山の策略には悪辣な裏があり、アバランチは絶体絶命のピンチに追いやられてしまう。

ヒーローから犯罪者に

公安時代の上司・戸倉(手塚とおる)と対面した羽生(綾野剛)。
「偽の組織によって偽のテロが起こり仲間が殺された。その目的は大山による日本版CIAの創立のために危機感を煽るためですよね?」
戸倉は質問に答えず、ニヤァと笑い、羽生に銃口を向けた。
その時だ。戸倉がどこからか狙撃される。

「おい、しっかりしろ」と羽生は咄嗟に戸倉を助けようとする。前回も憎んでいたガルシアを必死に助けようとしていた羽生。そういうところ人間として本当に美しい。
「大山(渡部篤郎)のやつ俺まで見切りやがった。11月29日それで全部終わる……」
狙撃は続く。もう助からないであろう戸倉を残し、羽生はなんとか逃げ切った。

戸倉は死亡。遺留品からアバランチの犯行ということにされてしまった。
さらに極東リサーチはアバランチのチャンネルを乗っ取り、仮面を被って生配信を行う。

「これからはもう国民に判断を委ねず我々の手で雪崩を起こす。直接天誅を下すのだ」、動画の最後に1129の文字。

11月29日、総理が登壇するイベントがある。そこで総理を暗殺し、アバランチをテロリスト集団に仕立て上げようというのが大山の狙いのようだ。
なんとしてでも総理を守らなければいけない。

桐島も知らなかった大山の作戦

イベント当日。郷原総理(利重剛)はいつものホテルでランチしたい!と急遽予定を変更。
このワガママな行動に大山は舌打ち。アバランチにとって好都合だった。

アバランチは郷原総理を誘拐することに見事成功する。
二手に分かれ、羽生と打本(田中要次)は総理自宅へ、リナ(高橋メアリージュン)と牧原(千葉雄大)は狙撃手のいるビルへ。
リスクの高い作戦だがイベント前に誘拐してしまえば全部止まる。そう羽生は考えていた。

しかし大山は次の一手を用意していた。「予定通り次の作戦に移れ」と極東リサーチに指示。
「聞いてませんよ」と内調の桐島(山中崇)が驚く。
「これから起こることは全てアバランチの仕業だ。これをきっかけに二度とこんな事が起こらない国に作り替えれば良い。君も見届けるか?」

アバランチの計画が狂いだす。
リナは狙撃手を寸前で取り逃し、待機していた牧原は極東リサーチに連れ去られてしまう。
「やばい……!」
リナの焦る表情、見ているこちらも心臓バクバク。
報告を受けて「どういうこと?」と戸惑う山守。そこへ現れる大山!
「良かったらお茶でもどうですか?」
いやー、こんなお茶のお誘い、怖すぎ!!

「何が起こっている、何が起こっているんだ」
予想外の出来事に羽生も焦りを隠せない。
そこへ極東リサーチによる偽アバランチの配信。
「大きな花火を打ち上げる」という新たな予告。

大山は会場周辺に爆弾を仕掛けている……?
まさか偽のテロで一般人を狙うなんて!!
羽生らは総理を車から降ろし、爆弾を止めるため会場へと向かう。

こんなお茶のお誘いはイヤだ

アバランチを救ってくれそうな4人

アバランチ絶体絶命。
しかしアバランチを助けてくれそうな人物もすでに登場している。

1.西城くんパパ(飯田基祐)
前回、西城(福士蒼汰)から「それが父さんの正義なの?」と聞かれ「立場が違えば正義は変わる」と答えていた西城パパ。
しかし自分が協力をしていた戸倉が殺されてしまった。
「どんなに些細なことでもいい、本庁がらみで新しい情報が入れば俺に教えてくれ」と仲間に話している。
昔は靴を汚し真面目に働いていた刑事だ。正義感を取り戻してくれるのでは。

2.桐山雄司
「これから起こることは全てアバランチの仕業だ」という大山の言葉。この時明らかに疑念を持った表情を浮かべていた。
極東リサーチの存在や偽装テロ、全てを知りすぎているがゆえに派手な行動は難しいかもしれない。
しかし元・山守の同僚。山守を救うために動いてほしい。

3.週刊誌の記者(田島亮)
アバランチのテロ予告は偽装、政府側の人間が絡んでる可能性もあると考えていた遠山。
「簡単に情報に踊らされる民衆が気に食わないんすよ。昨日までヒーローだったのに今日は犯罪者だなんてネット社会の歪みですよ」
情報に踊らされず、自分の目で見て、自分の頭で考えたいタイプ。えらい。
真相を確かめるために総理を追いかけていた。
11月29日、アバランチが総理を誘拐するところから解放するまでをしっかり目撃している。

4.郷原総理
誘拐された後の車内。取り乱す総理に羽生が話しかける。
「俺たちは総理を守りに来たんです。アバランチの名前を騙った奴らに総理、あなた暗殺されそうになったんですよ。しかもそれは官邸の中にいる」
「ちょっとは自分の頭で考えてくださいね」
さらに偽のアバランチ配信に焦る羽生の様子や「全部大山の計算だ」という言葉も聞いていたはず。
これから起きるテロを見て『ちょっとは自分の頭で考えて』くれれば、大山を崩すキーマンになりそう。
第3話で大山と悠源館でディナーしていたことを考えると清廉潔白な政治家でもなさそうだが。

綾野剛×藤井道人『アバランチ』6話。圧巻のアクション!車にはねられて「痛ってぇ~」で済んじゃう羽生の筋肉どうなってんの?

『アバランチ』

カンテレ・フジテレビ系 毎週月曜よる10時~
出演:綾野剛、木村佳乃、福士蒼汰、高橋メアリージュン、田中要次、千葉雄大、渡部篤郎、利重剛、堀田茜、板尾創路、安井順平、磯村勇斗 ほか
監督:藤井道人(映画「ヤクザと家族 The Family」映画「新聞記者」)、三宅喜重(カンテレ)、山口健人
脚本:丸茂周(第一話)
音楽:堤 裕介
主題歌:UVERworld
プロデュース:安藤和久(カンテレ)、岡光寛子(カンテレ)、笠置高弘(トライストーン・ピクチャーズ)演弘大 (トライストーン・ピクチャーズ)
制作:カンテレ、トライストーン・ピクチャーズ
フリーイラストレーター。ドラマ・バラエティなどテレビ番組のイラストレビューの他、和文化に関する記事制作・編集も行う。趣味はお笑いライブに行くこと(年間100本ほど)。金沢市出身、東京在住。
ドラマレビュー