使い捨ての不織布マスクも洗える!布マスクの洗い方と注意点も解説します

新型コロナウイルスの影響で、必需品となったマスク。使い捨てだからといって、1回だけしか着用せずに捨ててしまうのはもったいないですよね。不織布の専門家によると、洗って繰り返し再利用しても問題ないそうです。 この記事では、前半で使い捨ての不織布マスクの、後半で政府も配布する布マスクの、正しい洗い方と注意点をそれぞれ紹介します。正しく洗って少しでも長持ちさせましょう。

使い捨ての不織布マスクは洗って使ってOK

使い捨てマスクは一般的に繊維を織らずに並べた「不織布」でできています。

この不織布は、性能は多少落ちるものの、洗って繰り返し使うことができるそうです。製紙会社で不織布の研究をしてきた繊維部門の技術士、奥恭行さんが教えてくれました。

奥さんによると、不織布マスクは表面、中央、最内層の三層構造になっているものが一般的。中央の繊維は、静電気と同じ帯電の原理で小さなホコリなどを集める仕組みになっていて、水や洗剤に浸けると効果が減り購入時の品質が保証できないという理由で、洗うことは推奨されていません。
ただ、奥さんの経験上、元の70%程度の効果は確保できるとのこと。ガーゼを重ねている布マスクは、もともと効率が不織布の40%程度のため、「効果を重視される方は、洗った不織布マスクの方が良いかもしれません」と話します。

使い捨てマスクでも繰り返し使うことができたらいいですよね。

それでは奥さんがおすすめする洗い方を実践してみたので、紹介します。

不織布マスクの洗い方

準備するもの

・ 大きめの桶
・ 衣料用洗剤
・ 清潔なタオル
・ 洗濯バサミ

不織布マスクを洗う手順

① 桶に水をいれ、衣料用洗剤を溶かす。分量は使っている洗剤に合わせる
標準的な洗剤で、水2リットルあたり0.7グラム、ティースプーン半分くらいと覚えておくと楽です
② ここにマスクを入れて、1時間ひたす

③水道水で優しくすすぐ
④清潔なタオルに挟んで、たたいて、水分を吸い取る
⑤かたちを整えて干す。乾燥機を使わず、洗濯バサミを使って陰干しする

注意すべきポイント

・作業するときは清潔な手で
・不織布は耐久性が弱いので、強い力で揉み洗いしない
・熱に弱い合成繊維を含む可能性があるため、アイロンは使わない

奥さんによると、不織布はどうしても繰り返し洗うことで毛羽立ちが起きてしまうとのこと。それでも、「マスクが適正価格で販売されるようになるまでの〝つなぎ〟として活用してもらえれば」と話してくれました。

不織布マスクについたファンデーションは?

女性の場合は、マスクに付着したファンデーションや口紅などの汚れも気になりますよね。
化粧品の汚れは油分を含んでいるものが多いので、食器用洗剤を使うときれいに落とせます。押し洗いだけで落ちない場合は、指の腹でやさしくこすり洗いしましょう。

布マスク・ナイロン製マスクの洗い方

後半では、綿やナイロンでできているマスクの洗い方をみていきます。
厚生労働省・経済産業省の「布製マスクの洗い方」と取材からまとめた洗い方をご紹介。正しく洗って、傷めず長く使いましょう。

準備するもの

基本

・大きめの桶
・衣料用洗剤
・清潔なタオル
・洗濯バサミ

汚れが気になる場合

・塩素系漂白剤
・台所用手袋(ゴム手袋、ビニール手袋でも可)

布マスクを洗う手順

基本の洗い方

① 桶に水をいれ、衣料用洗剤を溶かす。分量は使っている洗剤に合わせる
標準的な洗剤で、水2リットルあたり0.7グラム、ティースプーン半分くらいと覚えておくと楽です
② ここにマスクを入れて、10分間ひたす
③ 手のひらで軽く押し洗いする
このとき揉み洗いするとマスクの繊維を傷つけてしまうので注意
④ 水を捨て、桶に水道水をためる。ここにマスクを入れて、手のひらで押し洗いしてすすぐ
⑤ マスクの水気を切る(汚れが気にならなければ、手順⑧へ進む)

汚れが気になる場合

⑥ 桶に水をためる。水1リットルあたり15ミリリットルの割合で塩素系漂白剤を溶かして、マスクを10分ひたす。このとき、手袋をして作業する
⑦ 水を捨て、水道水を桶にためる。マスクを水の中で押し洗い→水を入れ替えてもう一度押し洗いする

乾かす方法

⑧ 清潔なタオルに挟んで、たたいて、水分を吸い取る
⑨ かたちを整えて干す。乾燥機を使わず、洗濯バサミを使って陰干しする

注意すべきポイント

・作業するときは清潔な手で
・他人のマスクと一緒に洗わない
・柔軟剤は使わない
・「基本の洗い方」で使った洗剤液とすすぎ液にはウイルスが含まれている可能性があるため、すすぐときには注意する
・色物・柄物は変色する可能性がある
・漂白剤につけ込みすぎるとゴムが伸びるので長時間放置しないように
・洗濯機を使う場合には耳掛けゴムが傷むため、小さめのネットを使う

女性の場合、マスクにファンデーションや口紅がついてしまいますよね。
厚労省が現在推奨している洗い方はないようですが、不織布マスクと同様、油分が多い化粧汚れについては衣料用洗剤よりも食器用洗剤を使った方がしっかりと落とせます。
ナイロン製で強い素材のマスクなどは、洋服の染み抜きをする感覚で洗っても毛羽立ちません。化粧をする際には強い素材のマスクを着用し、食器用洗剤でしっかりと落とすとよいでしょう。

●経産省・厚労省の動画はこちらから

1989年、東京生まれ。不登校・高校中退から高卒認定を取得し大学へ。新聞の記者・編集者を経て、2020年3月からtelling,編集部。好きなものは花、猫、美容、散歩、ランニング、料理。
おうちで楽しく