およね
家老芳美撮影

およねの美味しいさじ加減 #7

「見る専」のSNS素人がバズったワケ 私が総フォロワー数30万人のインフルエンサーになるまで

35歳のとき、夫の無職をきっかけに「自分軸で生きる」と決め、料理動画の投稿を始めたおよねさん。インスタグラムに投稿した「肉巻きおにぎり」の動画が再生回数2500万越え、レシピ本「禁断の爆速ごはん」を出せば即重版と、現在は「爆速レシピクリエイター」として活躍しています。この連載では、紆余曲折あったおよねさんだからこそ見つけられた、人生が美味しくなるヒントをお届けします。今回は、SNSとの付き合い方について。
マウント、気疲れ、大人の友情って難しい。でも、一周回って今イイ感じ! 【レシピ】これぞ代表作!爆速シューマイ定食

バズったのは、運がよかっただけ?

働きづめだった夫が、ある日突然無職になり、私達夫婦は「社会的にどう見られるかじゃない。これからは自分のことを大事にしよう」と決めました。そこで私は料理が好きだった自分を思い出し、レシピ動画を投稿してみることに。すると始めて1カ月でTikTokのフォロワーが1万人越え、「肉巻きおにぎり」の動画がバズって2500万回再生に。以来、インフルエンサーとしてお仕事するようになりました。

時々、皆さんから「バズるコツは?」「そういうセミナーとかサロンで勉強したんですか?」と聞かれます。ところが動画編集自体まったくの素人。SNSは見る専門で、しかも当時は産後太りが最大の関心事だったので、見ていたのもダイエット系ばかり(笑)。「こうすればインスタグラマーになれる!」みたいな投稿にはまったく興味がなかったんですよね。

「じゃあバズったのは、たまたま運がよかっただけ?」というと、それも違う気がします。あの時、夫は無職になるわ、長女は学校に行きたがらないわ、私は休職中だわで心身ともにボッロボロだったのですが、夜な夜な料理を撮影し、それをああでもない、こうでもないと編集するのが、むちゃくちゃ楽しかったんです! 自分でもコントロールが効かないほどのエネルギーで寝る間も惜しんで動画づくりに没頭していました。今でも動画づくりは最高に楽しい! こういうと不遜かもしれませんが、バズったのは「必然」だったと思います。

およね
自宅のキッチンで、動画の撮影はこんな感じでしています=家老芳美撮影

「およねさん」と本当の自分とのギャップ

初めの頃、餃子のタネが余ったときの活用法を動画で配信した時、コメント欄に「うちではこうしてます!」とフォロワーのみなさんがアイデアを書き込んでくれたのがとても嬉しくて。「忙しいママをレシピで救いたい」という今の〈およねさん〉のコンセプトも、みなさんの反応から自然と生まれたものでした。

が、フォロワーが増えるにつれ、辛辣なコメントがくるようにもなりました。「こんな手抜き料理、子どもに食べさせたらかわいそう」「おいしくなさそう」などなど。たくさんの好意的なコメントのなかの、ほんのひとつやふたつなのですが、どうしてもそんな意見ばかり気になって。「どうしよう、この動画削除しようかな」と悩むほどでした。そんなとき、頼りになったのがうちの夫。「いいねが 2万も付いてる動画をたったひとつのコメントで消そうと思うなら、SNS向いてないよ!」と数字を出してツッコミを入れられて、「ほんとだな」と冷静になれました。

そうこうするうち、最初のレシピ本「禁断の爆速ごはん」が発売され、ヒット。テレビや雑誌などのメディア露出も増え、「トリッキーで」「時短で」という〈およねさん〉像が固まっていきました。でも実際の私は、大根の面取りも好きだし、時間をかけてていねいに料理することも好き。でもそれをやっちゃうと〈およねさん〉じゃない……でもでも「手抜きすぎ!」なんてアンチコメントは気になってしまう……。求められているものと自分とのギャップに苦しくなって、動画づくりができなくなってしまいました。その頃、二冊目のレシピ本のお話もいただいていましたが、怖くなってしまって……。あの頃はメンタルがぶれぶれでした(笑)。

そんなとき、気分転換に北海道へひとり旅に行きました。SNS上で知り合った他のインフルエンサーの方々とお会いしたり、北海道に住む姪っ子の顔を見に行ったり。すると、気持ちがすごくクリアになって、帰りの飛行機で、撮りためたままになっていたあるレシピの動画編集がさくさくと進んだんです。それは、炊飯器でシューマイと炒飯を同時に作るレシピ。これまで求められてきた、驚きと時短テクの詰まったメニューです。編集しながらこれは絶対ウケる!と確信。フォロワーさんの喜ぶ姿が見えるようでした。

炊飯器で作るレシピ
炊飯器でシューマイと炒飯を一気に仕上げるレシピ。インスタにあげると大きな反響をいただきました

そこで気づきました。今まで私は、〈およねさん〉と本当の私を分けられていなかった。だから〈およねさん〉が批判されると、自分が批判されたように思って傷ついていたんです。でもこれは、トリッキーで時短できて楽しい料理を発信する〈およねさん〉という仕事。もっと割り切って、私は〈およねさん〉を極めればいいんだ!

そこからはまた、泉のように〈およねさん〉的アイデアが湧いてきて、スランプから脱することができました。

フォロワー数減はむしろいいこと!

ふだん、みなさんがSNSで発信しているときも、批判的な反応が来たり、フォロワー数が減って落ち込むこともあると思います。私の場合、まずイヤな気持ちになるコメントは、文章の初めの気配でもうわかるので、「あ、ヤバそう」と思ったらあまり読まずに削除しています(笑)。そして、少数のイヤなコメントよりも温かいコメントや無言の〈いいね〉の数を信じるようにしています。

それから、SNSで周りの友だちのキラキラした様子を見て落ち込むこと、ありますよね。私も高級おすしやブランドバッグをアップする友だちをこっそりミュートしたことがあります。じゃあ自分もそのバッグが欲しいかというと、そうでもないのに不思議ですよね。そういうときは、たいてい自分の中に不安や不満があるとき。「今、私は心が疲れているんだ」と思って、そういったキラキラ投稿はミュートし、自分の好きなことに没頭すると、そのうちミュートしたことすら忘れますよ(笑)。

フォロワー数については、以前は減るたびにいちいち気にしていたのですが、今はむしろいいことだと思うようになりました。動画がバズったときに急激に増える〈一見さん〉の中には、私のことを「肝っ玉母ちゃん」だと思う人が多くいるみたいで。それは間違ってなくて私は「肝っ玉母ちゃん」でもあるんですが、その一面だけでもなく。ストーリーズなどのいろんな投稿を見るうちに、「思ってたんと違う」と去っていく人が一定数いるようなのです。でもそれは、ただのミス・マッチングなだけ。そうやって徐々に〈 私を理解してくれるフォロワーさん〉だけが残っていくのはいいことだと思うんです。

ちょっとビジネス寄りの話になりますが、今までインフルエンサーのお仕事というと、フォロワー数がなんぼの世界でした。でも、何十万のフォロワー数を持つ人が ビジネスを展開しても全然効果がなく、数千人の熱心なファンのいる人の方がモノが売れたり、ビジネスが成り立ったりする。これからは、数じゃなくていかに「発信者とフォロワーが本当の意味で繋がっているかどうか」がカギとなるんだと思います。

今、批判的なコメントがくると、ありがたいことに他のフォロワーさんがたしなめてくれたり、かばうコメントをくれたりするようになりました。そんなフォロワーさんたちのおかげで発信をやめずにいられるし、これから先もそんな「繋がり」を楽しみながら発信力を高めたいと思っています。

くすぶっていた私を引き上げ、〈およねさん〉として育ててくれたSNS。これからもフォロワーさんに誠実に、役立ってしかも楽しい情報をお届けすることで、恩返ししたいと思います。

今回ご紹介するレシピは、そんな北海道帰りの飛行機で生まれた「爆速シューマイ定食」。炊飯器で一気に仕上げます。

▼画像をクリック!

爆速シューマイ定食
爆速シューマイ定食(主婦の友社提供)
マウント、気疲れ、大人の友情って難しい。でも、一周回って今イイ感じ! 【レシピ】これぞ代表作!爆速シューマイ定食

『やったもの勝ち!およね式手間どろぼうレシピ』

著者:およね
出版社:主婦の友社
定価:1,595円(税込)
およねさん2冊目のレシピ本。炊飯器に材料を入れてスイッチピッで一気に3品完成。爆速で味が決まるおよねだれも初公開! 包丁&まな板を使わずキッチンばさみで切って洗い物を最小限にするのはもはや常識。食べる人も作る人も幸せになる、それがおよね式です。

2児を育てるワ―ママ。「巻かない棒餃子」「フライパンで完結するとんてき」など、ささっとラクに作れてちゃんとおいしいレシピを発信。2021年から始めたInstagramやTikTokで一気に注目が集まり、現在SNSの総フォロワー数は約30万人。Voicyにて「およねの人生を味わうラジオ」を毎朝7時に放送中。著書に「禁断の爆速ごはん ここまでやっちゃう100レシピ」(主婦の友社)。
ライター/エディター。出版社で雑誌・まんが・絵本の編集に携わったのち、39歳で一念発起。小説家を目指してフリーランスに。Web媒体「好書好日」にて「小説家になりたい人が、なった人に聞いてみた。」を連載。特技は「これ、あなただけに言うね」という話を聞くこと。note「小説家になりたい人(自笑)日記」更新中。

Pick Up

ピックアップ
不妊治療を始める前に知っておきたい「特別養子縁組制度」 産むとは、育てるとは
産婦人科医・高尾美穂さん×アクロスジャパン・小川多鶴さん
不妊治療を始める前に知っておきたい「特別養子縁組制度」 産むとは、育てる
家族のかたち 妊活 子育て
【パントビスコ】私35歳、8歳年下との結婚ってどう思いますか?
テリやきテリ世の甘辛LINE相談室
【パントビスコ】私35歳、8歳年下との結婚ってどう思いますか?
ヒント 恋愛