Sponsored by ポカリスエット イオンウォーター

サウナ女子・美咲が教える!知っておきたいサウナのキホン

とにかく熱くて苦しい——、おじさまが通う場所——。そんなイメージが先行しがちだったサウナが、心身のリラクゼーション効果で、ミレニアル世代の女性の間で人気上昇中。そこで、「サウナーって何?」「ととのうって何?」というあなたのために、フィンランドサウナアンバサダーのサウナー(サウナ愛好家)であるモデルの美咲さんに、サウナの入り方の基本から魅力まで教えてもらいました。美咲さんの 「サウナに持っていきたいマストアイテム」 もご紹介します!

私がサウナにはまったワケ

サウナの本場フィンランドの観光局が選ぶサウナアンバサダーで、モデルの美咲さん。サウナ初体験はおよそ2年前。友人とともに訪れた、日本のサウナの聖地ともいわれる「サウナしきじ」で体験した。すると、体から驚くほどの汗が出てきて——。
「もともと汗をかきにくい体質なんですが、『こんなにも汗って出るものなの⁉』というくらい。特に、普段かくことのない顔からも汗が出てきて。体の内側から輝いているような感じがすごく嬉しくて、そこからサウナ巡りの日々がはじまりました」

人気のサウナ施設「スカイスパYOKOHAMA」で美咲さんに話を聞きました

以来、日本各地のサウナ施設を調べては休日や仕事終わりにも頻繁に訪れるようになり、今ではライフスタイルの一部になっている。

「色々なサウナがあって、好みが分かれると思うので、初めて行かれる方はまずホームページなどで清潔感や施設の雰囲気をチェックしてから行くのがおすすめです。サウナのなかには、食事を楽しめたり、最近ではコワーキングスペースでパソコン作業とか仕事もできる施設もあります。サウナ前後の時間も充実して過ごせるところもいいですね」

ウワサの“ととのう”、その快感とは?

美咲さんをはじめとしたサウナーが、サウナの大きな魅力として語るのが「“ととのう”という感覚です」
“ととのう”とは、サウナ→水風呂→休憩を数セット繰り返すと訪れる、「心身が深く満たされた状態」のことだそう。人によって表現は違い、美咲さんいわく、その気持ちよさは「ほろ酔い状態」に近い感覚だとか。

「言葉で説明するのは本当に難しいんですけど、“ととのう”を一度体験すれば、すぐ『この状態だ』とわかってもらえるはず。体も心もふわふわして『ずっとこの状態がつづいてほしい!』と思うんです。でも、長くても5分くらいしか続かないから、また味わいたくて、サウナに通っているんです。普段では思いつかないようなアイデアが浮かんだり、その時は何でもできるような、無敵感もありますね」

“ととのう”ための「サウナ」の基本的な入り方

サウナには各々の入り方があるが、今回は“ととのう”にフォーカスし、美咲さんなりの方法を伝授。

まずは、サウナに入る前には更衣室などでたっぷりと水分を補給。次に温泉や銭湯と同様にシャワーで髪と体を洗う。そしていざサウナへ。サウナ(10分)→水風呂(1~2分)→休憩(5~15分)を1セットとして、3~4セット繰り返す。時間はあくまで目安で、体調に応じて無理のない範囲で。美咲さんの場合は、サウナの温度に慣れない1セット目は短めにしているそう。また座る場所が上下段にわかれていることが多いサウナ室で、美咲さんがビギナーにおすすめするのは、下段の奥。
「熱い空気は高いところに滞留するので、上段だと熱い場合があります。初めて行かれる方は、まずは下段で様子を見るといいですね。出入口の近くはドアの開閉で温度が安定しないので、奥を選ぶといいと思います。のぼせやすい人は、水で濡らしたタオルを頭からかぶって口元にもっていき、冷たい空気を吸えるようにするのもポイントです」

サウナ室に入っている間は、意外と時間がたつのが長く感じられてビギナーにはつらそうだけど——。
「スマホやパソコンも持ち込めない場だからこそ、デジタルデトックスにもなる大切な時間になります。無心で自分と向き合う方もいるようですが、無理に無心になることもないと思います。私は、『家に帰ったら何をしよう』とか、悩み事の解決策を見つけたり、あれこれ考えながら過ごしています。そうこうしているとあっという間に10分くらい経ちますよ」

「水風呂」こそが、サウナの本番!

サウナ後の水風呂は、“ととのう”ための欠かせないプロセス。冷たい水に浸かるのが苦手な人も是非、試したいところ。
「私も初めて水風呂に入ったときは恐る恐るでした。まず腰まで浸かり、腕を入れて、だんだん肩が浸かるまで下げて……、だいぶ怪しい体勢だったと思います(笑)。首まで浸かれるようになったのは何度か繰り返した後でした」

初めての人は、気合いだけで全身じゃぶんと入るのではなく、そろそろとゆっくり全身を慣らすように。
「1回でも水風呂に入ってじっとできたら、その後からはもう恐がることなく水風呂に入れるはずです!あと、水風呂もサウナでかいた汗を流してから浸かるのがマナーです。でも、温まったカラダにいきなり冷たい水をかけるのはハードルが高いかもしれないので、まず熱めのシャワーでさっと汗を流してから水風呂へ入るといいですよ」

水風呂の冷たさにすっかり慣れると、熱いサウナに入っているのは、水風呂のためとさえ思えてくるのだとか!
「『水風呂が本番』と言っても過言ではありません。というのも、水にじっと浸かってると、徐々に体に沿って“膜”が張ってくるような感覚になるんですよね。そうなると冷たさがまったく気にならなくなるんです。これが、“ととのう”サインですね」
ちなみに、この“膜”はサウナ界では“天使の羽衣”と呼ばれているそう。

「休憩」で、“ととのう”の完成!

“ととのう”ための最終段階が、休憩。
浴室内にある椅子やベンチなどに腰をかけてリラックスしている内に、 “ととのう”が完成!

露天スペースがある施設ならば屋外のデッキチェアなどのリラックススペースで、新鮮な空気と太陽の温かな光が心地よい「外気浴」がおすすめ。
「外気浴は5分から15分くらい自分のペースにあわせて。露天スペースのない施設なら休憩室でゆったりすごすことで、“ととのう”の最終形を実感できます。その後は水分補給をしっかりして2セット目に突入します」

サウナの重要なポイントは水分補給

大量の汗をかき体がスッキリ軽く感じられたり、精神的なリラクゼーションにも繋がるのがサウナ。
サウナ→水風呂→休憩の1セットで汗を300~400ml(*1)もかくと言われています。
(*1/出典:サウナスパ健康アドバイザー公式テキストより)

「たっぷり汗をかく分、しっかり水分補給することも、サウナを楽しむ大切なポイント」と美咲さん。

「汗の中には水分だけでなくイオン(電解質)も含まれているので、休憩の間に必ず汗の成分に近いイオン飲料で補給してあげてください。そして、休憩中以上に大事なのは入る前にたっぷり水分を摂ること。体内の水分が少ない状態でいきなりサウナに入ると、十分に汗が出ないだけでなく、肌や髪も乾燥しやすいですし、何より脱水の危険があります!また途中で喉が渇くとすぐにサウナから出たくなり体が温まりません。“ととのう”ためには、入浴前と休憩時のこまめな水分補給が不可欠ですよ」

最近、美咲さんがサウナ施設で飲んでいる女性をよく見かけるというのが、「ポカリスエット イオンウォーター」。汗で失った水分と電解質をスムーズに体に吸収できる上に、さっぱりした後味がぬるくなってもおいしく飲めると、サウナーからの支持が高い。

サウナに持っていきたいマストアイテム

アメニティーが充実している施設も増えてきているが、美咲さんは普段から使っているお気に入りのアイテムを持参。
「シャンプー&コンディショナーは使い慣れたものがいいと思います。私が使っているのはオーガニックブランド。全身に使えるオイルも同じブランドです。オイルは湿った肌にも浸透してくれるので、サウナ上がりにぴったり。洗顔とクレンジングは、1本で済むものにして、荷物を減らしています。ヘアゴムは、意外と用意しているところが少ないので、持っておくと便利です」

下の写真の黒いアイテムはマットで、アウトドア用をサウナ用として使っている。ネットで1000円以内で購入できるそう。「サウナでお尻に敷いたタオルで、洗った体や髪を拭くのはためらわれますが、これ1枚あればレンタルしたタオルを清潔なままキープできるので重宝します」

美咲さんのサウナ入浴のマストアイテム。商品の詳細はCherie BEAUTY LIFE STYLE SHOPにて(以下にリンク)

サウナ上がりは心身がととのい、最高の状態に。美咲さんは寝つきもよくなって冷え性もやわらいだそう。さらには、人にもっと優しくなれる自分に気づいたという。

「当たり前かもしれませんが、サウナにハマってから次の人が気持ちよく使えるようにマットのズレを直したり、備品を元ある場所にちゃんと片付けるといった行動が、自然に身についた気がします。多くのサウナーが『お互いを思いやる場所』として認識しているからこそ、サウナが気持ちいいのかもしれませんね」

●美咲(みさき)さんのプロフィール 
モデル/フィンランドサウナアンバサダー/サウナスパプロフェッショナル。2014年のミスユニバース日本大会で3位に輝き、同時にモデルコレクショングランプリ受賞。静岡市の「しきじ」でサウナに出会い、フィンランドで本場のサウナに触れた日々が忘れられずサウナ愛好家に。モデル活動をしながらサウナと水風呂をこよなく愛するサウナライフを楽しんでいる。美咲さん instagram→ misaki_saunner / misaki.love.happy

〈スカイスパYOKOHAMA〉
今回撮影にご協力いただいた「スカイスパYOKOHAMA」は、美咲さんも頻繁に通う、人気のスパ施設。横浜駅から徒歩5分のスカイビル14階にあり、浴場から横浜の景色を眺めることもできる。フィンランド式ドライサウナと古代ローマ式スチームサウナがあり、炭酸泉やジャグジー、寝湯、水風呂なども完備。ダイニングスペースやPC作業のできるコワーキングスペースもあるので、一日中楽しむことができる。公式サイトはこちら

写真/村上未知 文・取材/小泉咲子 イラスト/ery スタイリスト/服部裕子 ヘアメイク/後藤真弓、岩井祐季奈(ともにgodphoenix) 衣装協力/Estella.K 撮影協力/スカイスパYOKOHAMA *美咲さんのサウナ入浴のマストアイテム「Cherie BEAUTY LIFE STYLE SHOP」にて

3月7日(サウナの日)関連特集はこちら

Sponsored link by ポカリスエット イオンウォーター

ととのえる