ミレニアル女子のための新しいお金との付き合い方 101のルール〈38〉

目前に迫る消費税10%への増税。今のうちに買って得するもの、損するもの

10月から消費税率が10%に引き上げられます。今回の増税は、ビールは10%でもノンアルコールビールは8%に据置きといったように、商品により税率が変わる複雑な内容……(汗)。 お金に疎(うと)いA子さんが、増税前にどんな準備をしておけば節約できるのか考えてみましょう~! 「ミレニアル女子」連載38回目となる今回は、「まもなく消費税10%へ。今買って得するもの、損するもの」についてお伝えします。

●ミレニアル女子のための新しいお金との付き合い方 101のルール〈38〉

高額な商品は増税前に購入したいけれど……

こんにちは。億万長者の生方(うぶかた)です。

A子さん、10月1日から消費税が8%から10%に増税されますが、事前にどんなモノを買っておくと節約になると思いますか? なになに、「10円の駄菓子が11円に値上げされるという噂を聞いたので、1年分を前もって……(汗)」ですって?

確かに、10円の駄菓子が11円になったら値上げ率は10%、良い所に目を付けますね!しかし、A子さんが1日1個食べても年間365個=365円しか影響が出ません。そもそも今回の税率変更では、食品や清涼飲料水は消費税8%のままなので、すぐに値上げされる可能性は限りなく低いと思いますよ~。

どうせ先払いしておくのであれば、税率が10%に変わるモノで比較的値が張る、部屋のリフォーム代や高級時計、アクセサリーなんかを優先して買うと節約になります。え?「結婚式やマイホームの支払いも済ませられたら大きな節約になる」ですって? A子さん、まず先に相手を見つけないと……」(汗)。

消費税増税前に買いそろえておきたいアイテムとは?

高級品以外にも、パソコンやタブレット、家具家電などの単価が高いもの、化粧品にコンタクトレンズなど単品ではたいした価格でなくてもまとまると結構な金額になるもの、アルコール類や洗剤など買い溜めておいても劣化しづらいものをお店に寄ったときに買い足しておくと、無駄な支出を抑えることができます。

ほかにも、電車の定期券や回数券、美術館やアミューズメントパークなどの入場券なども意外に値が張るので、有効期限内に行く予定があるなら、増税前に買うとお得です。もちろん、期限内に使い切らないとただの無駄遣いになってしまいますが……(汗)

実は増税後に買った方がお得なものとは?

消費税アップに備えて、あれこれ買い揃えたくなっちゃうところですが、実は増税後に買った方が得するものがあるって知っていましたか?

今回の消費税では、飲食料品に関しては「軽減税率」が適応されるため増税後も8%のままです。「消費税8%でかわらないならいつ買っても同じ」と思うかもしれませんが、増税対策の一環として、国の施策としてキャッシュレス決済時のポイント還元事業が導入されます。

どういうことかというと、キャッシュレス決済を使って中小店舗で買い物した際にはポイント還元率を5%に、コンビニエンスストアや外食などの大型小売・飲食店で買い物をした場合には還元率を2%にする予定なのです。予定としては2020年6月までの9カ月間だけですが、この間にキャッシュレス決済をした場合、増税後に買った方が得するモノもあるのです。

たとえば、軽減税率が適用されて消費税率8%のままの飲食料品を中小店舗でキャッシュレス決済を使って購入すれば、還元される5%分のポイント分、増税後に購入した方が得ということになります。軽減税率の対象外の商品でも、増税分の2%を上回る5%のポイント還元があるのですから、この期間に中小店舗でキャッシュレス決済を使って購入できるものなら、そちらの方が得になります。

消費税増税で現金の価値が下がるワケ

現金や貯金を十分に持っているから、「消費税が2%上がったくらい、たいした問題じゃない」という人もいるでしょうね~。いや、太っ腹!

ただ、ちょっと考えてみてください。消費税が2%上がることは、支払いをする時「2%多く支出する必要がある」と言うだけじゃないんですよ。実はそれよりも大きいインパクトが後ろに隠れているのです!

増税前1万円で100円のボールペンを100本買うことができましたが、消費税が2%上がったら1万円で購入できるボールペンは98本に減ります。つまり、現金で買える量が2%減ったことになります。

つまり、増税を境に所有している「現金や預金の価値が2%目減りした」のと同じことになるんですよ。これ、気づいていました?

1千万円で20万円、1億円なら200万円。「消費税が上がっても、それなりの額を銀行に貯金しているから大丈夫」なんて油断していると、知らないうちに自分の資産で買えるモノが減っちゃっているわけですから、恐ろしいですよね~(汗)。

消費税増税を機に、現金のみで資産形成する危うさについて、ちょっと考えてみるといいかもしれませんよ。

●今回のまとめ

・家電製品や日用品は消費税増税前にまとめ買い
・飲食料品は軽減税率8%が適応され、ポイント還元を受けられるため増税後の購入が得になる可能性がある
・消費税増税で保有している現金の価値が目減りする。現金や預金以外の資産を持っておくことを検討すべし!

A子さん、増税前の対策も大切ですが、一番大切なのは、お金の知識をつけておくことなんですよ~!そうすることで、これからさきの人生、お金に困ることなく生きていけることになりますから……ニヤリ。

(次回に続く)

明治大学サービス創新研究所客員研究員。就職当時から節約生活を送り投資で財を築く。早期退職した現在は海外の別荘と日本を行き来する日々。著書に「高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法」
明治大学サービス創新研究所客員研究員。ミリオネアとの偶然の出会いをキッカケに、お金と時間、行動について真剣に考え直すことに。オンライン学習講座Schooにて『文章アレルギーのあなたに贈るライティングテクニック』講座を開講中。