ヒマでヒマでしかたがないあなたへ

「ファッション映画」はNG!? スタイリストが休みの日に観たい映画って

女性誌「ViVi」などで活躍中のスタイリスト知念美加子さん。今回は特別編。長~い10連休にやることがなくて困っているあなたのために、休みの日の過ごし方を伺いました。

●ヒマでヒマでしかたがないあなたへ

ゴールデンウィークに予定のないあなたへ。先日友人と観に行った劇団四季の「アラジン」を強くオススメしたかったのですが、すでに5月いっぱいまでチケットはほぼ完売状態でした(笑)。けど、色彩や装飾も素敵で、実写の「空飛ぶじゅうたん」も夢の壊れない素晴らしい演出だったので、ぜひぜひ、ゴールデンウィークと言わずお時間ある方は観に行ってみてください。

ベッドとトイレを往復する一日も嫌いじゃない

実は私「何の予定もない一日」というのは嫌いじゃなくて、朝から晩まで、ベッドとトイレの往復だけで、あとはずっと電子書籍でひたすら漫画を読んで過ごす日もあります。
今はNetflixやAmazon Primeなどでたくさんの映画やドラマが見放題ですが、観だすと本当にキリがなくなってしまうので映画は映画館で観るかレンタル派。

ファッションをテーマにした映画はたくさんありますが、休みの日には観ないですね。やっぱり仕事を思い出してしまうので。

中でも苦い思い出があるのが「プラダを着た悪魔」。映画が公開された当時はスタイリストアシスタントで彼氏と遠距離中だった私は、主人公に自分が重なった部分もあったんですよね。田舎から出て来て一流のファッション誌の編集部で仕事をする主人公のアンドレアが最後に出した結論に共感できなくて「これはもう観ちゃダメ!」と封印した記憶があります(笑)。仕事より恋愛をとるような作品は自分の心が揺らぐので観られませんでした。

仕事を忘れられるジャッキー・チェンの映画

そんなわけで、休日に観るのはもっぱらアクションかコメディ。ジャッキー・チェン(特にお気に入りは「ダブル・ミッション」)とか、エディ・マーフィ(私たち世代なら「ドクター・ドリトル」は鉄板!今観てもおもしろい!)の作品が好きです。

それから、仕事へのやる気スイッチが入る作品の一つが映画「バーレスク」。圧倒的な音楽のカッコ良さ、妖艶な世界観、物語の世界に入り込めて夢中になれます。大都会の中で食らいつきながら主人公が成り上がっていくあの感じも観てるとアガります。

仕事を忘れ、仕事を思い出すフルコース

ということで、私の大型連休は漫画とアクションとコメディでひたすら仕事を忘れ、連休明けの五月病対策で「バーレスク」を観て気合いを入れ直すというコースになりそうです。
スタイリストの休日としてはちょっと地味かもしれないけど、こんな日もあっていいよね。

1987年、那覇市生まれ。スタイリストのアシスタントを2年経験し、2011年に独立。雑誌「ViVi」を中心に活動する人気スタイリスト。
現在肩書き無し。30歳の夏、港区での彼氏との同棲を解消、同時に8年マネージャーとして勤務した芸能事務所を退社する。ライター業ではお笑いやサブカルチャーに関するコラムをwebサイトに寄稿など。
ヒマでヒマでしかたがないあなたへ