鈴木亮平さん、映画「エゴイスト」でゲイ役 「偏見を助長させてしまうかも」と迷ったオファー

14歳で母を失った編集者と、シングルマザーの母を支えるパーソナルトレーナーが惹かれ合う姿を描く映画「エゴイスト」が2月10日から公開されています。主人公の浩輔を演じたのは俳優の鈴木亮平さん。ゲイ役を演じるにあたっての役作りなどについて、お話を聞きました。
【画像】鈴木亮平さんの撮り下ろし写真 鈴木亮平さん、大人の色気で話題も「僕にはコントロールできません」

きちんとした座組みでなければ…

――映画『エゴイスト』のオファーを受けたときのお気持ちをお聞かせください。

鈴木亮平さん(以下、鈴木): 2019年の東京国際映画祭で、松永大司監督からお声がけいただいたのが最初でした。そこからエッセイストの高山真さんの原作小説を読んで、テーマがすごく素晴らしいな、と。自伝的小説ですが、高山さんがご自身をすごく客観的に見られていた。その文章の書き方みたいなところにすごく惹かれましたね。

――すぐに引き受けようと決めた?

鈴木: いえ。自分がこの浩輔という役を演じることが果たして適正なんだろうか、と悩みました。彼のゲイというセクシュアリティに関して、自分が演じると、想像で補うことになる。そうすると、ステレオタイプなものになったり、あるいは逆に異性愛に寄せすぎて考えて、社会の偏見を助長させてしまう危険性もあると思ったんです。「よほどきちんとした座組みでなければ演じられない」と慎重になりました。

それを製作側にお伝えしたところ、監修にLGBTQ+inclusive directorとしてミヤタ廉さんが入ってくださり、台本から役の感情や口調、仕種までチェックしていただいた。浩輔の友人役にも当事者の方を揃えてくださり、アドバイスをしてくださるということで、「自分にもやれるかもしれない」と思って、お引き受けすることにしました。

セクシュアリティ自体がグラデーション

――役作りはどのようにされたのでしょうか。

鈴木: お亡くなりになった高山さんとは、僕は生前お会いしたことがなく、お写真もあまり残っていなかった。その中でも、自分の中の高山さんのイメージと自分自身とをミックスさせながら作り上げていきました。ミヤタさんをはじめ、当事者の方にも逐一確認しながら、今の時代に日本という国でこのような作品を作るときに、どういう人物像で伝えれば適切なのかを考えながら演じました。

――外見より内面から作り上げていかれた?

鈴木: そうですね。どの役を演じるときも、まず内面があってそれが外に出てくる。ゲイの方といっても千差万別です。もちろん共通する部分もあるけれども、ほとんどが違う。そもそもセクシュアリティ自体がグラデーションであり、人によって違いますからね。

求め合う、という意味では違いはないが…

――恋人のパーソナルトレーナー・龍太を演じる宮沢氷魚さんとの濃厚なラブシーンがありました。

鈴木: 愛し合う、求め合う、という意味では男女のラブシーンと大きな違いはないと考えました。ただ、リアリティという面では、男女のセックスと男同士のセックスでは確実に違うものはある。そのリアリティをインティマシー・コレオグラファーの方やミヤタさんに細かくチェックしていただき、具体的な動きや流れを決めました。例えば、最初に2人がセックスするシーンでは、そのままベッドに行くのではなく、どちらがどちらのポジションなのかを確認する一瞬の間がある。浩輔の方が龍太よりも年上だし、体も大きいから、浩輔がリードするかと思いきや、実際には龍太がリードする。そこで、浩輔は一瞬、驚いたほうがいいかもしれない……などなど。事前に細かく決めて演じられたのはありがたかったですね。

演じた浩輔の繊細さに惹かれた

――恋人間や家族間における「愛」と「エゴ」がテーマの作品です。演じるにあたって考えたことは?

鈴木: 愛とエゴの境目については、考えました。僕はエゴの中に愛が含まれていると思っているタイプなんですが。原作の浩輔は、自分がこの人を愛しているのは、こういうエゴイスティックな理由からだ、というように常に分析しているんです。普通はそこまで自分の感情を分析しないと思いますが、そんな彼の繊細さに僕は惹かれました。

ただ、愛とエゴの境目についての正解はなくて、人それぞれの受け取り方があっていい。この作品を見て、考える人もいるだろうし、何も考えない人がいてもいいと思っています。映画を観てくださった方には、それぞれなりの受け取り方をしていただきたいです。

【画像】鈴木亮平さんの撮り下ろし写真 鈴木亮平さん、大人の色気で話題も「僕にはコントロールできません」

●鈴木亮平(すずき・りょうへい)さんのプロフィール

1983年、兵庫県西宮市生まれ。2006年俳優デビュー。映画やドラマで活躍し、18年のNHK大河ドラマ「西郷どん」では主人公の西郷隆盛を演じた。4月28日に映画「TOKYO MER~走る緊急救命室~」が公開予定。

■エゴイスト

出演:鈴木亮平、宮沢氷魚、中村優子、和田庵、ドリアン・ロロブリジーダ/柄本明、阿川佐和子
監督・脚本:松永大司
脚本:狗飼恭子
原作:高山真『エゴイスト』(小学館刊)
LGBTQ+inclusive director:ミヤタ廉
© 2023 高山真・小学館/「エゴイスト」製作委員会

ライター/株式会社ライフメディア代表。福岡県北九州市生まれ。雑誌、WEB、書籍でインタビュー記事を中心に取材・執筆。女性のハッピーを模索し、30代はライフワークとしてひたすらシングルマザーに密着していました。人生の決断を応援するメディア「わたしの決断物語」を運営中。
カメラマン。1981年新潟生まれ。大学で社会学を学んだのち、写真の道へ。出版社の写真部勤務を経て2009年からフリーランス活動開始。

Pick Up

ピックアップ
不妊治療を始める前に知っておきたい「特別養子縁組制度」 産むとは、育てるとは
産婦人科医・高尾美穂さん×アクロスジャパン・小川多鶴さん
不妊治療を始める前に知っておきたい「特別養子縁組制度」 産むとは、育てる
家族のかたち 妊活 子育て
【パントビスコ】私35歳、8歳年下との結婚ってどう思いますか?
テリやきテリ世の甘辛LINE相談室
【パントビスコ】私35歳、8歳年下との結婚ってどう思いますか?
ヒント 恋愛