Sponsored by あいおいニッセイ同和損害保険

安全・安心に運転を楽しむために――。岡田准一が語る最新テレビCMと車社会の未来

2018年より、あいおいニッセイ同和損害保険のイメージキャラクターに起用されている岡田准一さん。その新テレビCMが12月23日(水)から公開中。前作では岡田さんがスマートに街角を歩く演出だったが、本作では大掛かりな演劇の舞台セット上をスーツ姿で凛々(りり)しく歩き、語る岡田さんが見られる。

岡田准一さん出演の新CM、放映スタート

「あなたは覚えているだろうか。車の免許をとり、はじめて路上に出たときの緊張感を」――。
岡田准一さんがイメージキャラクターを務める、あいおいニッセイ同和損害保険の「タフ・見守るクルマの保険プラス」「タフ・つながるクルマの保険」の新テレビCMが12月23日(水)から全国で放映がスタートした。

テレビCMは「テレマティクス技術」篇(へん)、「事故対応」篇、「テレマティクス技術+事故対応」篇の3篇。またWEB動画ではロングバージョンの「タフ・見守るクルマの保険プラス」篇と「タフ・つながるクルマの保険」篇も公開されている。冒頭のセリフはWEB動画の一節で、ピンスポットライトを浴びているワンシーンだ。このシーンをはじめ本作の岡田さんは、説得力に満ちた演技を披露し、立ち振る舞いにも言葉にも、より力強さを感じる。

新CMの舞台は、演劇のセット

今回の新CMは全篇を通して演劇の舞台上でストーリーが進んでいく。かっちりとしたスーツ姿の岡田さんが月をバックに語ったり、ピンスポットライトを浴びたり……。様々な表情を見せてくれる。声のトーンも舞台向けの発声で、一つひとつの言葉を丁寧に伝える声が響いている。久しぶりにピンスポットライトを浴びて気分が高揚していたという岡田さんだが、舞台上で声を張り、力強く語る姿は新鮮だ。

本作で岡田さんが伝えるのは、あいおいニッセイ同和損害保険が提供する車の保険。最先端のテレマティクス技術を活用することで、安全運転をサポートするとともに、万が一のときは高度な事故対応サービスでドライバーを守る「タフ・見守るクルマの保険プラス」および「タフ・つながるクルマの保険」の特長をゆっくりと丁寧なセリフ回しで、わかりやすく説明している。

岡田准一は芸名!? 撮影の合間にはジョークも

WEBではメイキング動画も公開されている。監督の説明に、真剣な表情で耳を傾けていた岡田さん。時折、セットを眺めながら、俳優としての“仕事スイッチ”が入る瞬間の表情は貴重だ。今回、岡田さんが演じる役どころの裏設定は、「月がキレイなときにあらわれる謎の男」。この説明を受けると「ふふっ」と頬を緩め、素の表情ものぞかせている。

撮影の合間には、共演者と積極的にコミュニケーションをとる姿も。スタッフの仕事ぶりを褒めたり、共演者の趣味を聞いたり。岡田さんの趣味についても、なにやら進展があったよう。

また、撮影エピソードによれば、「実はボク、岡田准一は芸名で、本名が田中一郎なんです……」と、共演者に冗談を真顔で打ち明ける一幕もあったという。バラエティ番組でも、冗談を交えたエピソードを真剣な表情で語ることがある岡田さん。談笑して場を和ませたり、笑顔でさりげなく周囲に気を配ったり、そんな心のゆとりがカッコいい。

今回の新CM撮影と普段のCM撮影との違いを聞かれると、「全部違いますね(笑)。普段こんなに大きい声で話さないので」「舞台経験が多い役者さんと共演させていただいたり、舞台の面白さを感じさせていただきました」と語った。また、岡田さんが思う今年を表す漢字一文字もメイキング動画では発表しているのでこちらもチェックしたい。

岡田さんと企業の姿勢が重なってみえてくる

新CMでは、「交通事故の原因の8割以上がドライバーの不注意」「事故の6割が夜間や休日に発生している」という深刻な事実を説得力あふれる言い回しで伝えていくのだが、むやみに恐怖心をあおるでもなく、落ち着いた様子で伝えていたのが岡田さんらしい。

「最先端のテレマティクス技術で衛星から運転を見守り、アドバイスを送る」というセリフをはじめ、簡潔でわかりやすい説明なので、あまり耳慣れない「テレマティクス技術」という言葉もすんなりと入ってくる。岡田さんも「説得力のある演技をできているのか、そこも見てほしいです」と語っているので、ぜひ注目を。

そして、岡田さんの丁寧なセリフ回し、すっと体に軸が通ったような体幹を感じる姿勢が、交通事故ゼロを目指して本気で取り組む、あいおいニッセイ同和損害保険の姿勢と重なってみえる。

万一に備えて加入する車の保険。しかし加入したことに安心してしまうが、保障内容がいかに大切か。車の安全性能が向上すると共に、自動車保険も大きく進化を遂げている。事故の防止から、万一のときも安心のサポートと、改めて保険の内容を見直すことも必要だと気づかされた。

メイキングの最後では、視聴者に向けて岡田さんも「このCMを見て自動車保険の進化を感じてもらえたらうれしい」とメッセージを送っている。岡田さんが所属するアイドルグループ、V6も今年11月1日にデビュー25周年を迎えた。この間、グループ活動に加えて個人での活動も並行して行ってきた。メンバーが誰一人欠けることなく走り続けてきた彼ら。これも個々が成長と進化を止めなかったこと、V6という安心できる場所があったこと、そして、彼らをどんなときも応援してきたファンの存在も大きいことだろう。

車の運転も同様に、ドライバーの心がけ、車の技術的進化、そしてドライバーをサポートするべく進化し続ける保険を備えることで、より安全により長く走ることができるのではないだろうか。

コツコツと足音が響く舞台上で、ピンスポットライトを浴びる岡田さんの姿。まるで舞台を観劇しているかのような気分になれる今回の新テレビCM。WEB動画とメイキング動画も、見ごたえ満点だ。

【新テレビCMはこちら】
あいおいニッセイ同和損保 TVCM「事故対応」篇(15秒)
あいおいニッセイ同和損保 TVCM「テレマティクス技術」篇 (15秒)
あいおいニッセイ同和損保 TVCM「テレマティクス技術+事故対応」篇(30秒) 

CM『2020 タフ・見守るクルマの保険プラス』 メイキング

 

フリーランス編集・ライター。SMAPから始まったファン歴も25年超。 女性誌メディア編集の傍ら、ジャニーズアイドルの魅力を伝えるエンタメライターとして音楽メディア等で執筆中。