AKBグループからライターへ転身「自分と違うキャラを演じた瞬間もあった」

元AKB48グループ卒業生の今をドキュメンタリー形式でまとめた『アイドル、やめました。』(宝島社)。執筆したのは自身もAKB48の姉妹グループであるSDN48の元メンバーで現在はフリーライターというセカンドキャリアを歩みだした大木亜希子さん(29歳)。芸能事務所でマネージャーを経験、AKBグループの仕事にも携わっていたライター田中がお話を伺いました。前編は、アイドルのセカンドキャリアをまとめた書籍を執筆するに至った経緯と、大木さんの過去の葛藤についてです。
  • 記事末尾でコメント欄オープン中です!

必ずしもポジティブなことばかりでないアイドルの裏側

田中: はじめに簡単な自己紹介で恐縮なのですが、私、以前芸能事務所でマネージャーをしており、SDN48の現場にも出入りしていたことがあるんです。そういう身からすると、大木さんの作品を読んで率直に……「この才能、SDN48のどこに隠れてたの⁉︎」という衝撃がありました。これはもはや、活動当時に見つけてあげられなかった裏方の責任だな、とさえ思ったくらいです。

大木亜希子さん(以下、大木): そう言っていただけるととても嬉しいです。実際に携わっていた方が読むと、必ずしもポジティブなだけじゃない内部も描いていることにびっくりされるのではないかと思います。

田中: 世間が思い浮かべるAKBグループのイメージって、例えば大きなコンサート会場でメンバーが拡声器を持って後輩たちを怒鳴りつけてる姿とか、ステージ裏で過呼吸になっている場面とか。そういう純粋でひたむきな姿に心を動かされていた人たちも多いと思います。

でも、ある意味で美しく描かれすぎていないか、美しく描かれすぎちゃってることで渦中にいる当人たちは苦しい思いをすることはなかったのか?って、思い返すこともあったんですよね。そういった「実はしんどかった部分」を、嫌味なく丁寧に取材されていて、インタビューを受けた方々をはじめ、多くの元メンバー、そして彼女たちのファンは救われたのではないかと感じました。

大木: ファンの方からは、激動だった当時の様子や、裏側を知れてグッときた、という感想をたくさん頂いています。一方で、「アイドルは偶像的なものであり、こうした本音の部分を見せられてショックだった」という意見も少なからずありました。

元SKE48で現在は保育士をされている藤本美月さんのページでは、妊婦姿のお写真を使わせていただきました。ファンの方からするとかなりインパクトが強いかもしれませんが、インタビューを読んでいただくと、彼女がどうして保育士という道を選んだのかとか、素敵な男性と出会い結婚という道に進んだのかなど、アイドルを引退した今、当時の活動がどう生きているのかといった、心境に触れることができるはずです。

自分のことを「年寄り」だと思っていた19歳

田中: 大木さんご自身のセカンドキャリアについても聞かせてください。

大木: 私は高校生の時に女優としてデビューしました。大手の事務所にいたので一通り華々しいドラマ作品などに出させてもらうんですけど、ある程度したら「学園ドラマの主演を張る」という自分の夢にまず最初に挫折します。20歳になる時にも「私、もう年寄りだ」と焦っていたのを覚えています。年齢に縛られて、ずっと「本当にこのままでいいのか」という気持ちがぐるぐるしていました。

さらに、同じように女優でうまくいかなかった子たちがさらっと、モデルやタレントなどに転身し、別の道で花開いたりしていって。自己プロデュース能力に長けた子たちをみて、私はどうすればいいんだろうってもんもんとしていましたね。

そこから一念発起してSDN48のオーディションを受けて加入することになるのですが、結局そういう表舞台の活動の中で、焦りや不安な気持ちが晴れることはありませんでした。

田中: そんな中、いまの大木さんは自分を理解し、ライターとして自分の言葉で発信をして活躍されています。まさに自己プロデュース能力が高いと言えると思うのですが。

正直、SDN48として活動する当時の大木さんを遠目で見ている限りでは、この表現力の豊かさとか個性を感じることができなかったんです。
私が現場についていたころに印象的だったのは、大木さんが握手会で必死に「また来てくださいねー!!」ってファンの方の背中に声をかけている姿。まさに「(ちょっと崖っぷちの)お姉さんグループ」の一員という感じでした。
「グループアイドルのうちのひとり」という立ち位置は窮屈ではなかったんですか?

大木: そういう部分もあったと思います。「大人」とか「セクシー」を売りにするというグループの性質上、本来の自分とは違うキャラクターを演じている瞬間もありました。

仲の良いメンバーがCDの選抜に選ばれて、私は選ばれなくて。そういうことが自尊心を何度も崩壊させる中、なんとか上にあがっていきたいともがいているうちに無理が積み重なっていく。
小さいことで言えばファッション一つとってもそうですし、しゃべり方や、自己紹介、ステージでの曲と曲の間のトーク部分での振る舞いまで、どんどん「アイドル」というフィルターを通した自分というものを作り込んでいくようになってしまいました。

それからさらに地下アイドルとして活動して、吉祥寺のクラブでお客さんが3人、みたいなことも経験して。ただ、そういう激しい起伏が今、ライターとして起爆剤になっているんじゃないかと思います。

(後編へ続く)

『アイドル、やめました。』(宝島社)

大木亜希子

現在肩書き無し。30歳の夏、港区での彼氏との同棲を解消、同時に8年マネージャーとして勤務した芸能事務所を退社する。ライター業ではお笑いやサブカルチャーに関するコラムをwebサイトに寄稿など。
写真家。1982年東京生まれ。東京造形大学卒業後、新聞社などでのアシスタントを経て2009年よりフリーランス。 コマーシャルフォトグラファーとしての仕事のかたわら、都市を主題とした写真作品の制作を続けている。