渋谷パルコオープン。ファッショニスタにオススメしたい“サステナブルゾーン”とは?

本日11月22日、3年間の建て替え期間を経て、「渋谷パルコ(PARCO)」がグランドオープンします。新生「渋谷パルコ」の特徴は、唯一無二の”次世代型”商業施設として生まれ変わったこと。さまざまな試みのなかから、telling,編集部では、ファッションフロアに併設されたサステナブル ゾーンに注目してみました。

渋谷パルコが誕生したのは、46年前の1973年のこと。当時から渋谷の最先端ファッションビルとして、次々と新しいことに挑んでいました。

オープニング記念企画では、原宿・表参道から渋谷パルコまで、クラシックな馬車にお客様を乗せて走ったことも。
オープン時のポスターも当時としては鮮烈なもの。
「ドーベルマンを抱えた強い女性」と「ヤギを抱えた優しげな男性」という男女のイメージを逆転させたビジュアルを採用しました。

そして今回、渋谷パルコは、「世界へ発信する唯一無二の次世代型商業施設」に生まれ変わります。
これまでの枠を超えて、「ノンエイジ」「ジェンダーレス」「コスモポリタン」というターゲットを設定し、新たなニーズを創出することを目指しています。

サステナブルがこれからのファッションに求められる

渋谷パルコが新たに取り入れたテーマは、「サステナブル」。
「サステナブル(Sustainable)」とは、「持続可能な」を意味します。社会が持続可能であるためには、自然環境を守るビジネスモデルが求められることから、さまざまな産業で使われるようになっています。

渋谷パルコ4階のファッションフロアの一角には、「サステナブルゾーン」として、3つのショップが集められました。消費するだけでなく、持っているファッションアイテムをきれいに洗ったり、修理して長く大切に使うこと、古着として売ることで新たな持ち主に引き継ぐことなど、ファッションにおける「サステナブル」を提案しています。

Licue & Sneakers(リクエ&スニーカーズ)

洗濯代行サービスでも知られる「WASH&FOLD」の新業態、水洗いクリーニング「Licue(リクエ)」と日本初のスニーカーウォッシュ専門店「& Sneakers(アンド・スニーカーズ)」がコラボレーション。ファッショニスタ、スニーカーヘッズ大注目のお店です。Licueではニットからレザーまで、どんなものでも熟練の職人が水洗いし、まるで新品のように仕上げてくれます。衣類もスニーカーも、石油系、有機溶剤を使わず、自然の微生物が分解できる生分解性の高い特殊洗剤を使い水洗いするので、エコでサステナブル。
高級な衣類やスニーカーだけでなく、ドライクリーニングを避けたいと思っていた方や肌が弱い方、エコ・サステナブルなクリーニングに興味のある方は使ってみては?

料金:スニーカーウォッシュ700円から
水洗いクリーニング レディースシャツ1,200円など
https://licue-sneakers.com/

Re STOCK(リストック)

時計専門店「TiCTAC」やメンズ雑貨専門店を運営する会社の新業態「Re STOCK(リストック)」メンテナンス総合ショップ。シューズを修理するスペースと、ミシンやさまざまな色の糸が並ぶ衣類メンテナンススペースがあり、衣料品・シューズ・バッグ類・時計と言ったファッションアイテムから、「iPhone」の液晶交換や、バッテリー交換まで、それぞれのプロが対応しています。
「修理」の枠を超えて、新たな機能やデザインを付加する「カスタム」サービスも。着飽きてしまった衣類や何となく気に入らなくて着ていない衣類を自分らしくカスタムすることで、新たな価値を生み出し、長く着ることができます。
お気に入りのセーターに穴があいてしまった…など、ちょっとした修理も可能。修理かカスタムか悩んだら、相談してみては?

料金:衣類 ボタン付け200円から、シャツ袖丈つめ3,000円から
シューズ レディース ラバーヒール1,400円から
https://www.restock-web.com/

RINKAN(リンカン)

目利き力のあるブランド買取で知られる「RINKAN」の店頭買取店。シルバーとブラックで統一した店内は従来の買取店のイメージはなく、クールでおしゃれ。シュプリームやヴェトモン、オフホワイト、ナイキなど、旬のブランドアイテムを高価で買取ってくれます。ガラス張りの買取窓口には、熟練のバイヤーが常駐し、その場で査定。お買い物のついでに立ち寄ることができるので、着なくなったブランド品を売って、また新しいものを買うのもあり。

https://www.gsc-rinkan.com/

ファッションの新たな選択肢のひとつとして、サステナブルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

telling, 編集長。女性誌編集、WEBディレクター、PR、フリーランス編集・ライターを経て、2020年3月より現職。年間70回以上コンサートに通うクラオタ。国内外のコレクションをチェックするのも好き。美容に命とお金をかけている。