特別養子縁組制度とは

さまざまな事情により生みの親のもとでは暮らせない子どもを、自分の子どもとして迎え入れる制度です。
法的な親子関係を結ぶため、子どもが生涯にわたり安定した家庭を得ることができます。

法改正でより身近に

これまで養子となる子の年齢は「原則6歳未満」でしたが、2019年の法改正で「原則15歳未満」に引き上げられました。また、成立までの手続きが見直され、養親を希望する人の負担が減りました。

INTERVIEW
【前編】血はつながらなくても、切り離せない「家族」に。特別養子縁組で母になる
タレント・女優武内由紀子さん
INTERVIEW
【後編】一日一日の積み重ねで、家族になっていく。特別養子縁組で母になる
タレント・女優武内由紀子さん
INTERVIEW
多様な子どもがいて、多様な家族がある。社会全体で子育てを
日本女子大学人間社会学部社会福祉学科教授林浩康教授
特別養子縁組制度について
「普通養子縁組」や「里親」とは
何が違うの?
養子縁組制度には、「特別養子縁組」と「普通養子縁組」があります。
「特別養子縁組」は、実親(生みの親)との法的な親子関係が解消され、戸籍の表記は実の親子とほとんど変わりません。
「普通養子縁組」は、実親(生みの親)との法的な親子関係は残り、戸籍上に生みの親の名前も併記され、実親と養子との間で法律上の関係が残ります。

「里親」は、生みの親に代わり、一定期間子どもを育てる制度です。子どもとの間に法的な親子関係はありません。

「特別養子縁組」は、子どもが生涯にわたり安定した家庭生活を送るための制度です。
養子縁組制度 里親制度
特別養子縁組 普通養子縁組
戸籍の表記 長男(長女) 養子(養女) ──
子ども
の年齢
原則として
15歳未満
制限なし
(ただし、育ての
親より年下で
あること)
原則として18歳まで
(必要な場合は
20歳まで)
迎え入れる親の
年齢
原則として
25歳以上の夫婦
(ただし、一方が
25歳以上であれば、
一方は20歳以上でも良い)
20歳以上 制限なし
縁組の
成立
家庭裁判所が決定 育ての親と
子どもの親権者の同意
(15歳以上は自分の意思で
縁組ができる)
児童相談所
からの委託
関係の解消
(離縁)
原則として
認められない
認められる 自立するか
生みの親の元に
戻る
“自分だけを見てくれる”
その安心感が子どもを支えます


特定の大人の愛情に
包まれて育つことで
自己肯定感が生まれる

守ってくれる人や
帰る場所があることで
安定した生活が送れる
特別養子縁組をしたい
特別養子縁組が成立するまでには、さまざまな審査や研修を受ける必要があります。相談窓口によって条件や内容が異なるので、信頼できる相談先を見つけることが大切です。
また、養子縁組里親を経て特別養子縁組をご希望される場合は、縁組が成立するまでの間、子どもを育てるために必要な生活費、教育費、医療費などが支給され、民間あっせん機関にご相談される場合は、民間あっせん機関に支払う手数料の補助を受けられることがあるので、お住まいの都道府県の児童福祉関係部署までお問い合わせください。
相談窓口
公的機関である
[児童相談所]
民間の
[あっせん機関]
行政や民間の
あっせん機関と連携した
[医療機関]
本事業は里親制度等及び特別養子縁組制度等広報啓発事業として実施しています
(実施主体:朝日新聞社・厚生労働省補助事業)