Sponsored by CONNECT / 大和証券グループ

応援したいから、投資する。市川紗椰さんが語る、趣味と資産運用の共通点

鉄道、アニメ、音楽、相撲、美術、ハンバーグ……。さまざまな趣味をとことん突き詰めて、その博識ぶりから活躍の幅を広げているモデル・市川紗椰さん。テレビ番組など各方面で独自の存在感を発揮している彼女は、忙しい毎日のなかで“好きなこと”に時間やお金をどのように投資しているのでしょうか? お話を聞きました。

“好き”を感じたら、ルーツや理由を考える

――さまざまな分野の趣味に精通している市川さんですが、ハマるものに共通の傾向はありますか?

市川紗椰さん(以下、市川): 趣味にハマるきっかけはそれぞれ違いますが、データを分析できて楽しめるものがほとんどですね。データがセットになっていたり、いろんな系譜があったりして、調べれば調べるほどわかるものが好きです。たとえば相撲だと、競技としての技術にも魅力を感じますが、歴史が長いスポーツですから。データが多いのはほかの趣味との共通点です。

――分析や深く考えることをしていないと、市川さんのように趣味の世界が広がっていかないのかなという気がしました。

市川: 広がらないほうがいいのかもしれませんよ(笑)。自分のなかですごくテンションが上がったり、興奮したりしたら、「なんで?」って考えるのを、いつも大事にしています。よく「考えるな、感じろ」と言いますけど、その逆で「感じたら、考える」という感じで。すごくシンプルに見えるようなものにこそ、奥深さや理由があって。そこが好きなんです。

鉄道も、一見すると似たような車両だけど、この路線は通勤の時間帯に混むからドアが多いとか、雪が多い地域だからボタン式のドアで暖房を節約しているとか。「あー! こういう理由なのね」という目立たない工夫を見つけるのが好きです。小さな違いのなかにこそ、本質があると思っていて。音楽やバンドでも、何の影響を受けたかというルーツが自然と気になります。

――いろいろ楽しめそうです! 1日が24時間と限られたなかで、趣味に費やす時間をどうやりくりしていますか?

市川: 同時にできることは何でも、空いた時間や好きな時間に同時進行でやるようにしていますね。運動しながら映画を見たり、料理をしながらラジオを聴いたり。趣味同士の相性がわりといいので、旅行に行った先でもいろんなことができるんです。

金額だけでは計り知れない、好きなモノの価値

――趣味への投資という意味では、フィギュアなどの収集物について「実物資産として考えれば、持っておいたほうがいい」と、以前にテレビ番組で話しておられました。

市川: グッズが本当に金(きん)と同じように「実物資産」だとは思っていなくて(笑)。もちろん、生産数が少ないとか、日本でしか手に入らないとかの理由で、希少価値があるものは値段が上がる傾向にあります。でも、そんなに値段が上がるものは少ないですし、元が安いものが10倍の価値になったとしても、6千円程度ですから。

モノの価値は、金額だけじゃないですよね。自分がずっと集めているキャラクターのものは買ってコンプリートするようにしてると、単体だけの価値ではなく全部そろっての価値になります。そういった価値もあれば、私だけの価値もあって、どれだけ気分が落ちていてもこれさえ見ればニヤニヤできるモノの価値というのは、本当に計り知れません。

――思い入れが深くなると、手放すのが難しい。将来は博物館のようなコレクションになりそうですね。

市川: いやいや、全然(笑)。(収集したものが)可哀想だなと思ったりもするんです。最近は全然愛(め)でてあげられていないなぁって。私よりもっと喜んでくれる人が誰かいるのなら、譲ったほうがいいのかなと考えることもあります。

――実際の投資で、株式などを買われた経験はありますか?

市川: 大学生のときに買って、基本的には同じものをずっと持っています。一時期は仕事で報道番組に出演していた関係で手放しましたが。株価を見るのは、その業界でニュースがあったり、市場全体に大きな動きがあったりしたときぐらいですね。ほったらかしにしているという感じです。

――投機目的というよりは、資産運用の一環で株を持たれていると思うのですが、株を始められたきっかけは?

市川: そのときはもう仕事もしていましたし、アメリカ育ちなので両親の影響が大きかったと思います。お金を眠らせておくという考え方はなくて、親からもやってみればと勧められました。安全そうな会社や面白そうな会社を自分で調べて、自分の持っている資金からはみ出さないようにしました。私は心配性なので、そんなに真剣に投資しようとまでは考えていなかったと思います。

誰でも気軽に投資を始められるアプリとは?

――株はほったらかしにしているという市川さんのような方や、投資初心者にも、資産形成に親しんでもらうために開発されたのが、資産運用アプリ「CONNECT」です。ご体験いただけますでしょうか。

市川: 画面がすごく見やすいですね。使いやすいので頻繁にさわって、サービスをより楽しめると思います。普段はパソコンを使っているのですが、それに比べて、すごくわかりやすくて……こんなに簡単にできるんだ。びっくりしました。

――実は「CONNECT」は、Pontaポイントや永久不滅ポイントといったポイントを元に、実際の株価と連動させて運用できるだけでなく、気に入れば本物の株式に交換することもできるんです。ポイント運用アプリ「StockPoint for CONNECT」を使って、今回はポイント交換をシミュレーションしていただきます。

市川: では、鉄道会社の株を選んでみます……ポイントを使えるのは、便利ですね。ポイントって何のためにためているのかわからなかったり、知らない間に失効してしまったりすることもあります。こうやってちゃんとした資産として運用できるのは、めちゃくちゃいいなと思います。株を始めるときに、ポイントで手に入れたものだったら、もし値下がりしたとしても損をしたという感覚は少ないですね。ポイントからできる、その手があったんだ! と思いました。

画像を一部加工しています

――「CONNECT」では今年から、毎日100円からの積み立てで自動的に投資信託を買い付ける「まいにち投信」がスタートしました。投資信託の値段である「基準価額」はどうしても高いときと安いときがあって、運が悪いと高いときに買ってしまうのですが、それを毎日に分割して買うことによって、平均値で安心して買えるようになります。

市川: こういうやり方も、とても面白いなと思います。自分がお金を投資したタイミングがいいのか悪いのかわからないと、買うのを決めるのも大変なので。それが毎日コツコツの投資になると、すごく安心して始められます。

コロナ禍で高まった「応援して支えよう」の意識

――始めやすさという点では、1株から買える「ひな株」を用意しているのも、「CONNECT」の大きな特徴です。通常の株は100株単位で売買されるのに対して、少ない予算で1株から手軽に投資を始められるメリットがあります。

市川: ちょっと気になった企業の株も、1株からだと買いやすくて、1株だけでも配当が出るわけですよね。やっぱり、応援したいと思う企業を、気軽に応援できるのはいいなと思います。

私が思う投資のイメージは、お金を眠らせるのではなく、お金に働いてもらうというのがひとつですが、もうひとつ社会に対してのイメージもあります。自分がもうけるとかは関係なく、好きな企業や応援したい企業を後押しして、自分がほんのちょっとでも企業の一員になったという気持ちになれる。それはすごく大事なことだと思っています。

――趣味の世界でもお金を使うときは、好きなものを応援しているという意識が強いですよね。

市川: はい、もちろんです。アニメだと、いまは配信の方法がいろいろありますが、数年前までは「DVDが売れたら続編ができる」という仕組みが明確にありました。続編のシリーズを見たいから、DVDをいくつも買うというのがファン心理。まさにファンは投資家です。好きなアイドルやキャラクターに消費する人がいるんだということを、口で言うだけじゃなくて、ちゃんと実際に買って示さないと、新しいグッズは出ないんですよね。

――新しいサービスを体験してみて、若い世代の投資は今後どう変わっていくと思いますか?

市川: 企業を応援するという感覚で、投資を始めたいという人がすごく増えそうな気がします。昨年からコロナ禍が続いていますけど、好きな飲食店や企業が苦しんでいるのを、株を買って応援するとか。いつも生活でお世話になっている好きなものを、一緒に応援して支えようという意識が高まっていますので、いまだったら、そういう形で投資を始めやすい時期なのかなと思いました。

●市川紗椰さんのプロフィル
1987年、名古屋市生まれ。米国デトロイトで育ち、16歳でスカウトされモデルとしてデビュー。ファッション誌や広告などで活躍するほか、テレビ・ラジオ・雑誌連載など幅広く活動中。

スタイリスト:西野メンコ
衣装:
・シャツワンピース ¥16,500/マザーズ インダストリー 東京ショールーム(ミディウミソリッド)
・ベスト ¥24,200/リバー
・右耳にしたイヤカフ ¥25,300(片耳価格) /ココシュニック
・左耳にしたイヤカフ ¥14,300(片耳価格) /ココシュニック
・クロス2連リング ¥15,400 /ココシュニック
・ウェーブリング ¥16,500 /ココシュニック

■CONNECT

市川さんに今回ご体験いただいた「CONNECT」は、大和証券グループの資産運用アプリです。通常の株式取引のほか、国内の有名企業300以上の銘柄を1株から購入することができます。口座開設も簡単で、月10回までは手数料が無料。また、ポイント運用アプリ「StockPoint for CONNECT」を使えば、手元に余っているポイントを株に交換して、気軽に投資体験を始められます。 CONNECTについて詳しくはこちら

■まいにち投信

2021年1月からサービスを開始した「まいにち投信」は、毎日100円からの積み立てが可能で、指定した投資信託の銘柄が自動的に買い付けされます。買うタイミングを気にせず気軽に投資を始められ、長く続けることができます。一般NISA、つみたてNISAに対応しており、利益を非課税で受け取ることも可能です。 まいにち投信について詳しくはこちら

■StockPoint for CONNECT

ポイント運用アプリ「StockPoint for CONNECT」では、手元に余っているポイントを運用することができます。銘柄の値動きに連動してポイントが増減し、1株相当以上のポイントは本物の「株」に交換することが可能です。人気銘柄ランキングなども紹介しているので、銘柄選びに困ることがなく気軽に投資体験を始めることができます。StockPoint for CONNECTについて詳しくはこちら