神宮エミ 撮り下ろし「私がバルーンアートにのめり込んだワケ」

バルーンアートアーティスト(32歳)

青山学院大学在学中は、ファッションイベントを主催。卒業後は役者の道に進み、13年からバルーンアート(風船でつくる芸術)の仕事を本格化させた神宮エミさん。2017年にニューヨークでの海外個展を開催。18年にバルーンアートの全米大会ドレス部門で優勝を果たしました。ドレス制作の模様やバルーンアートにかける思いをフォトギャラリー&動画でご覧ください。

 

未婚、既婚、子どもの有無、転職や独立の経験者。恋好き、旅好き、おいしいもの好き(缶チューハイ含む)。さまざまなstoryを持つ「telling,」編集部メンバー。
neru lab(ネル・ラボ)として、広告映像・音楽制作を手がける。2017年に新江ノ島水族館で開催された「ナイトワンダーアクアリウム2017~満天の星降る水族館~」では、総合演出としてイベント全体のクリエイティブを担当。休止していた音楽ユニットkrackpotの活動を再開。表現研究ゼミTRANSWEETS(トランスウィーツ)を主宰するなど幅広く活動している。

Related Story

関連ストーリー