お金へのネガティブな考え方を捨てよう。

46歳でアーリーリタイアして、日本にある自宅と海外の別荘を行き来しながら暮らす元公務員の億万長者・生方(うぶかた)正さんが、お金ともっと仲良くなるコツや知恵を伝授。お金についてのイメージや日々の小さなアクションをちょっと見直して、お金との新しいお付き合いを始めましょう!

 はじめまして。生方(うぶかた)と申します。46歳で早期退職して、日本にある自宅と海外の別荘を行き来しています。初回は、僕の別荘があるタイからお送りします。ちょっと日本、寒かったので。でも桜は日本で見ようかな、なんて気ままに行ったり来たり、です。

 もうちょっとだけ自己紹介を。総資産は2億円。いわゆる億万長者です。日々、節約と投資に向き合いコツコツ貯め続けた結果ですかね。

 これから、そんな僕の生き方や、皆さんがモヤッとしそうな「こんなときどうする?」のケーススタディを通して、お金が自然と貯まるルールをお伝えしていきます。

親からの援助は定期預金に 給与は6割貯金

 ちなみに、資産家の家に生まれたわけではありません。高校を卒業した後、海上自衛隊に入隊しました。自衛隊なら衣食住が無料(天引き)でおトクです。進学しない代わりに、親からもらった150万円はそっくりそのまま定期預金(当時の金利7%)に入れました。

 それからは、毎月手取りの6割を貯金してきました。入隊後はカメラマンとして、南北アメリカ、ロシア、中近東、南極などで、多くのミッションに参加しました。それが楽しくて、おかげで「プライベートでもいろんな国にいってみたいな」と早期退職を意識するようになりました。そのためには給与の手取りを貯金するだけじゃなく、株や不動産投資、特典航空券をゲットするためのポイント集めも始めたんです。

 今は、好きなことをする毎日で、幸せです。お金を貯める目的が、しっかりしていれば何でもできるんです。ただ貯めよう」っていうのはやっぱり続きませんよー。

 お金は夢を叶えるために必要なもの

 じゃあ、何から始めるか?

 「お金と仲良くなろう」という気持ちを持つことです。友だちや、恋人のように。日本は、いまだに「お金は汚いもの」といったイメージがある気がします。皆さんも何となく、そう思っていませんか? でも昔から、アメリカでは「アメリカンドリーム」という言葉があるように、お金を手に入れた人は成功者だと称賛されます。

 気持ちの持ちようだけれど、これはすごく大切。日本人が正しい「お金の教育」をされてこなかった結果ではないかと思います。お金に対してネガティブなイメージを持っていたら、お金は貯まりにくい。断言できます!

 逆に、お金に対してプラスのイメージを持っていれば、どんどん引き寄せることができます。

 繰り返しますが、今日のルールは一つだけ。まずは、「お金と仲良くなる気持ちを持とう」ということです。

 1カ月1万円あれば生活できる

 まじめな話はさておき、最近、「食費1カ月1万円生活」をしてみたんです。僕は芸人ではありません。尊敬するアメリカの経営コンサルタント、ジェームス・スキナーが若かりし頃はそうせざるをえなかったと聞いて、僕もやってみようと。やってよかったです。なんらかの理由で手元に12万円しか食費がなくなったとしても、1年は食べていくことができるということがわかりましたから。

もちろん、苦しかったです。1カ月1万円=1日の食材333円。僕、コーラが大好物なんですが、ペットボトル買ったら1食抜くことになりますからね。毎日、納豆と白飯でしたよ。日本人でよかった。調味料ひと振りにも意識が向くようになりました。終わったあとにはラーメン、ポテチ、菓子パンを食べる頻度が激減しました。外食のありがたさを知り、つい食べてしまうお菓子やコーラの抑制にもちょうど良く、結果として健康的な生活を送れるようになりました。

 ちょっと極端な例でしたが…、貯めるばかりでなく、僕なりの、お金との楽しい付き合い方でした(笑)。

 次は、もう少し気軽にできる、「お金と仲良くなるルール」をお伝えします。次回のテーマは「散財する人が多い職場で手取り6割を貯金できたわけ」です。

 

構成:間野由利子

明治大学サービス創新研究所客員研究員。自衛官として28年間勤務。節約、貯金、投資により2017年アーリーリタイアを遂げる。6月に「高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法」発売予定。
明治大学サービス創新研究所客員研究員。ミリオネアとの偶然の出会いをキッカケに、お金と時間、行動について真剣に考え直すことに。【築地マデイラ】夜のクレオパトラ 「億万長者になるためのためになるお話」公開中。
About this feature
ミレニアル女子のための新しいお金との付き合い方 101のルール
お金とのつきあい方を考えてみよう。なにかが変わるかも......!?

Related Story

関連ストーリー